2007年 07月 08日
シギチ開幕?
今日は近場の川辺をうろうろ。以前から時々覗いている池はガマがよく茂り、コフキトンボとアオモンイトトンボの数が多い。コシアキトンボやギンヤンマがよく飛んでいて、木陰にはハグロトンボが群れていた。種類こそ少ないもののそれなりにいい雰囲気の場所になっている。

a0044783_19563238.jpg
コフキトンボ
地面や石面に張り付くような止まり方をよくするシオカラトンボと異なり、コフキトンボはあくまで草に止まりたがる。こうしてガマの葉に並んでいるのはいかにも平地の沼らしい光景だ。しかしそれにしても・・・

a0044783_19552492.jpg
コフキトンボ
そんな止まり方鬱陶しくないか?(笑)。ちなみにここではオビ型の♀はそれほど多くないようで、今日は一頭だけ見かけた。

a0044783_19554536.jpg
コシアキトンボ
ホバリングはするものの、撮れそうで撮れない微妙~な長さのことが多く、普通種ながら結構撮り難い。普段は炎天下ではなかなかやる気が起きないが、今日は曇りがちだったので少しは真面目に撮ってみた。

a0044783_19561254.jpg
ヒバリシギ
双眼鏡で何の気なしに遠くを眺めていたら、コサギやカルガモ、コチドリに混じって小型のシギが歩いているのが見えたのでびっくり。あまりにも遠くてほとんど点にしか見えないので、たまたま来ていた鳥屋さんのスコープで確認させてもらった。ここでは以前も見たことはあるのだが、さすがに7月8日にいるとは思っておらず、トンボ用機材しか持っていなかったのが失敗だった・・・。
[PR]
by ujimichi | 2007-07-08 20:47 | シギチ


<< またも移入種の話・・・ 今年も藪池 >>