2009年 09月 27日
眠りヒメ
21日のヒメハマシギからもう2点。この時は一旦見失っていたのだが、スコープに入ったこの寝姿だけで見つけることができた。嘴が見えなくとも顔つきやプロポーション的なところにそれらしさがよく出ていて、意外と一見して「あっこれだ」と確信めいたものがあった。肩羽の模様や初列風切の三列風切からの突出量なども発見時に一つの要素として作用したのかもしれないが、実際には特にそういう部分部分に注目して見つけたわけではなく、もっと全体的な印象として目に付いた。ネット上では嘴の長めのトウネンを誤認している例がちらほら見られるが、ヒメハマシギは単に「トウネンそっくりで嘴が長いだけ」の鳥ではないので、その辺り改めて画像を確認してみるといいかも。

a0044783_16375732.jpg
ヒメハマシギ(左) トウネン(右)

a0044783_1637356.jpg
ヒメハマシギ(左) トウネン(右)
[PR]
by ujimichi | 2009-09-27 16:48 | シギチ


<< トウネン ヒメハマシギ >>