「ほっ」と。キャンペーン


カテゴリ:沖縄のオオジシギ?( 16 )

2014年 09月 06日
ついに沖縄のオオジシギ?
「沖縄で撮影されたもので、確実にオオジシギと判断できる画像を見たことがない」という疑問にこのブログで初めて触れたのが2010年9月12日。それから早4年が経つが、ここに来てようやく、沖縄で撮影された有力なオオジシギ候補と思える画像が出てきた。といっても私はこの半年ほど他のことで忙しく、このテーマに関わりだすと大きく時間をとられかねないため、あえてそうしたサイトを一切見ないことにしていたので、実際には4か月ほど前から画像が公開されていたようだ。というわけで、色々思うところあってこれまで散々書いてきたこのテーマを、ここにきて放ったらかしではさすがに無責任と思うので、以下に私なりの感想を書いておきたい。対象にしたのはこちらのページ最下部の6枚の画像。

a0044783_16383979.jpg今回の個体がこれまで沖縄でしばしばオオジシギとされてきた例と大きく異なるのは、頭の割に胴(胸~尾端)が長大で、また顔の面積/長さの割には目が小さい、というオオジシギらしいプロポーションがよく現れていること。これはつまり目のサイズを基準に嘴から尾端までの全体像を見た時に、全てが長く間延びしたような印象を受けるということ。これと顔の暗色模様が細く弱いことと重なって、目の周辺スペースが広く空いているような印象を強く受けるのもオオジ的なところ。翼端からの尾羽の突出はオオジシギとしては短めに感じるが、本州や北海道のオオジシギでも個体や姿勢により同程度に見えるケースはあるので、その範囲内のように思う。
<<参考: 2006年4月6日に神奈川県で撮影のオオジシギ
顔つきやプロポーションなど、全体的なjizzが今回の沖縄の個体とよく似ている。

開いた尾羽の印象は、確かにオオジシギ成鳥のものに最も近く見え、枚数もチュウジシギにしては少ないように見える。ただし、撮影角度が前からでそれなりに距離もあり、条件はそれほど良好ではない。このため、例えば最外側で数枚が重なっているとか、T5周辺に脱落があるといった場合に、チュウジシギの尾羽がこのように写る可能性が全くないか?については、私は画像から100%の確信を持つことはできなかった。

次に、今回のような沖縄における春季のオオジシギvsチュウジシギの識別で特に注意が必要と思う点をいくつか挙げてみる。

  1. チュウジシギの大きな個体はプロポーションや顔つきがオオジシギに近似もしくは重複する傾向がある。
  2. 沖縄や大陸を通過するチュウジシギには、本州のものと比べて顕著な淡色傾向が見られ、雨覆・三列風切の横斑もオオジシギに似て細い個体がよく見られる。
  3. 春季のジシギ類の羽衣は全体に幅広いバフ色の羽縁が目立ち、淡色に見える傾向がある。
  4. 尾羽枚数は、近年本州で18枚のチュウジシギと考えられる個体が従来思われていたより高い割合で見つかっている。(Birder 2014年9月号 p.49参照)
  5. 沖縄のオオジシギの渡来状況がまだ十分把握されておらず、少なくとも主要な渡りのコースからは外れている可能性が高い。私の把握している範囲では、これまでネット上でオオジシギとされたもののほとんどはチュウジシギかハリオシギの誤認、もしくは撮影条件が悪い、画像が少なすぎるなどの理由で客観的な判断が困難なものである。

以上の点を踏まえると、やはり元々オオジシギが普通に渡来していることがはっきりしている本州や北海道での識別に比べ、今のところかなり慎重な判断が必要といえるし、今回についても欲を言えばもう少し良好な条件で尾羽の特徴を確認できれば―という印象は受ける。しかし一方で、私のこれまでの経験の範囲では、チュウジシギのプロポーションがオオジシギに近似する傾向は本州で顕著であり、色彩が近似する傾向は逆に沖縄で顕著であるといったことも考えると、一羽のチュウジシギにこれほどオオジシギ的な特徴が偶然揃う可能性よりも、単純に沖縄にオオジシギが渡来する可能性を考える方が無理がないようにも思える。

こうした野外での観察・撮影については、必ずしも常に全ての特徴が100%理想的な条件で捉えられるわけではないため、それがどこまで達成された時点でいわゆる“断定”してよいか?という点は、なかなか一概には言えない難しいテーマだが、しかし現時点では私は今回の沖縄個体をオオジシギと考えることに少なくとも十分な妥当性はあるように感じている。またもちろん、今後同様の個体のより良好な条件の画像が撮影される可能性もあるので、そうした観察例のさらなる蓄積にも期待したいと思う。

a0044783_16425654.jpg
<<参考: 2008. 9. 15 神奈川県 顔つきがオオジシギに似る大柄なチュウジシギの例。しかし三列風切や雨覆の横斑は非常に太く、尾羽のパターン・形状・枚数(20枚)はチュウジシギの特徴が表れていた。

[PR]
by Ujimichi | 2014-09-06 17:46 | 沖縄のオオジシギ?

2013年 10月 13日
沖縄のオオジシギ?2013
久しぶりにRBWCの掲示板を見たら、沖縄で撮影されたオオジシギ?という画像が2個体分投稿されていたのでとりあえずこちらに感想を書いておきたい。

まず最初の幼鳥個体( No.3316とNo.3317)はチュウジで問題ないと思う。尾羽の白色部の量は、香港やオーストラリアで撮られたチュウジのバンディング画像の個体差の範囲内に問題なく収まっているし、尾羽全体の形状、最外側羽の形状・パターンもオオジよりチュウジにより相応しい。さらに9月10日前後という撮影日にしては体上面の換羽が進んでおらず、この点もかなりチュウジ的。真横の画像がなくそもそも条件が不十分だが、少なくともあえてオオジを推すような要素は見当たらない。

2個体目(No.3318)については確かに画像からオオジを明確に否定する要素は特に見られないが、しかし同時にチュウジを明確に否定する要素も読み取れない。確かにハリオかチュウジかで悩むような体型の個体ではないのでオオジかチュウジかを考えるのが常道と思うが、画像からは体型・色彩ともどちらとも言えるように見える。体後部(尾+尾筒)の長さが比較的オオジを思わせる要因だが、とはいえチュウジの個体差の範囲を逸脱しているとまでは言えず、胴の量感もさほどでもない印象。特に沖縄や海外のチュウジは淡色傾向で雨覆などの模様も細い個体が多く、また少なくとも関東の7-8月のオオジのように、その地域・時期における明らかな優先種を識別するようなケースとは状況が全く異なるので、このわずか一点の画像からオオジとの結論を出すのはさすがにかなり無理がある印象を受ける。

いずれにしてもこれまでネット上で沖縄のオオジシギ?とされた観察例については、なぜかほとんど各個体につきわずか1~2点の画像しか出てこないのが私には何とも不可解なところ。もちろん野外では諸条件により数カットしか撮影できないこともよくあるので、一度や二度なら無理もないと思うし、また現像代のかかるフィルムカメラの時代ならなおさらだが、デジタル全盛のこの時代に毎回のようにわずかな画像しか出てこない現状にはさすがにちょっと首を傾げてしまうところ。しかしこうしたフィールドでの時間のかけ方や画像の提示方法といった基本的な問題がもう少し改善された上でさらに観察例を蓄積していけば、いつかは客観性の高いオオジシギの画像が出てくる可能性はもちろんあるので、沖縄のオオジシギ?については今後も関心を持って注視していきたいと思う。

▼下の画像は左右とも関東で撮影した尾羽確認済みのチュウジシギ幼鳥。は印象がオオジシギに近い個体。はハリオシギに近い個体。同じ関東のチュウジ内ですらこれだけの幅がある(尾の突出量の差に注目!)。現場での長時間の観察や多数の画像からはどちらも問題なくチュウジシギと判断できたが、1~2点の限られた画像での判断はかなり注意を要するという好例。

a0044783_154059.jpg
チュウジシギ 幼鳥 Gallinago megala
[PR]
by Ujimichi | 2013-10-13 17:16 | 沖縄のオオジシギ?

2012年 07月 21日
新たな尾羽画像

前にちょっと紹介したオーストラリアのサイトを久しぶりに見たら、新たにチュウジシギの尾羽画像が4点追加されていたので是非ご覧いただきたい。その中でも注目すべきは下のリンクの2画像。どちらも外側尾羽の白色部はかなり多く、かつ枚数は20枚数えられる。“沖縄のオオジシギ”とされた画像についてこれまで私が書いてきたことを裏付けるには十分だろう。ちなみに撮影地のブルームというのはオーストラリア西部の都市で、オオジシギではなくチュウジシギの越冬分布域内。経度で言うと与那国島のほぼ真南といっていいので、沖縄を通過する個体が越冬していても何ら不思議はない位置にある。

http://www.pbase.com/wildlifeimages/image/144427724
http://www.pbase.com/wildlifeimages/image/144427711
(ページ上の"Swinhoe's Snipe"をクリックするとサムネイルページから他の画像も見られる。)

a0044783_16175023.jpg
チュウジシギ Gallinago megala

[PR]
by Ujimichi | 2012-07-21 19:09 | 沖縄のオオジシギ?

2012年 07月 19日
再び“沖縄のオオジシギ?”について
ジシギシーズンということで、“沖縄のオオジシギ?”の件について、昨冬カモメシーズンで忙しくて書ききれなかった点を少し追記。

a0044783_19475246.jpg“沖縄のオオジシギ”とされる画像を掲載しているサイト等でよく言われる、「朝鮮半島や大陸のオオジシギは北海道や本州のものと異なり小さくてチュウジシギに似ている」というような説?だが、これを明確に裏付ける根拠と思えるものは私は今のところ見たことがない。一つ挙げられている、「日韓共同鳥類標識調査2007」の報告ページには、韓国でのバンディング調査時の話として、「特筆すべき事項として、尾羽の枚数からオオジシギと同定された個体の測定値が日本産のものよりかなり小さいこと」という一文が確かにあるが、しかしながらこれではその個体が本当に「小さいオオジシギ」だったのか、逆に「尾羽枚数の少ないチュウジシギ」だったのかは全く判断のしようがない。

もちろんジシギ類の識別において尾羽枚数はそれなりに重要だが、しかし実際には種間のオーバーラップなどの問題があるため過信は禁物。特に「20枚だからチュウジシギ」という判断はまだ比較的問題は少ないと思うが、「18枚(または16枚)だからオオジシギ」という判断に関しては、脱落や重なりの問題も絡んでくるので相当な慎重さを要する。まして写真もその他の特徴の情報もなく、しかも測定値が小さかったというこの一文から、端からその個体が間違いなくオオジシギだという前提で推論を展開すること自体にだいぶ無理があるし、むしろこの報告ページの一文自体も、落ち着いてよく読めば同定にいくらか含みを残した、或いは言外に若干の疑問を匂わすニュアンスがあるようにも受け取れる。何よりもあまりにも情報としては断片的すぎるし、この一例から朝鮮半島のジシギ類全体の傾向をも推し量り、ましてや沖縄での識別にまで援用しようとするのはさすがに拙速で飛躍が大き過ぎると感じざるを得ない。

とりあえず今のところ言えるのは、大陸・朝鮮半島・沖縄において、「チュウジシギが(淡色傾向のため)オオジシギに似ている」ことを示す画像等は多々見受けられるが、それに対して逆に「オオジシギが(サイズが小さくて)チュウジシギに似ている」ことを明確に示すものは私の知る限り出てきていない―ということ。もちろんジシギに限らず、「よく知られていない地域変異がある可能性」というのは一応念頭に置く必要はあるが、しかしそれを実際に解明するのはある程度まとまった数の確実性の高いサンプルを基に比較検討しなければ成し得ないこと。あまり断片的な情報や想像に基づいて拙速に全体を判断することは無用な混乱を招きかねないので、この辺はくれぐれも注意したいところだ。

※上の画像はオオジシギ幼羽→第一回冬羽 2011. 8. 23 埼玉県
[PR]
by Ujimichi | 2012-07-19 20:51 | 沖縄のオオジシギ?

2012年 01月 13日
露出
しつこいようだが、ヤマシギの羽を使った実験をもう少し続ける。
まず基本的な確認事項として―

1.鳥の体そのものは光を通さない
2. しかし一枚一枚の羽毛は光を通す


まずこれを押さえて頂きたい。その上で、鳥の体に見立てた練りゴム(光を通さないもの)に、ヤマシギの羽毛(光を通すもの)を差してそれを撮影する。

a0044783_20272643.jpg<まずこちらは普通に順光で撮影したもの。練りゴムは白に近い灰色、羽毛は褐色の地に黒褐色の縞が入っている。

a0044783_20273797.jpg<次にそれを逆光で撮影してみる。羽毛は光を通すので、逆光状態では光を通さない練りゴムとの明度差が激しくなる。この画像では露出は羽毛に合わせているので、そうすると練りゴムは極端に露出アンダーとなり、最初の順光の画像とはまるで違う暗い色に見えることに注意。

a0044783_20274426.jpg<そこでさらに、同じ逆光状態で今度は練りゴムに露出を合わせる。そうすると見ての通り、練りゴムは本来の色に近づく反面、光を通す羽毛は当然露出オーバーとなり白っぽく輝く。黒褐色の縞は不鮮明になり、所々細くなったり消えかかった状態に見える。褐色の羽毛ですらこれほど白く見えるという点に注意。


「沖縄のオオジシギ」とされた2008年の画像の画面右側の尾羽が白っぽく見えるのは、前回取り上げた重なりの問題に加え、こうした単純な露出の問題との相乗効果と見て差し支えないだろう。逆光状態の撮影ではジシギの体(=光を通さない)の色模様が普通に見えるように+方向に露出を合わせるのが普通なので、その状態で急に尾羽を広げたところを撮影すると、尾羽が光を通して露出オーバーとなりやすいのは至極当然のことといえる。
[PR]
by Ujimichi | 2012-01-13 21:32 | 沖縄のオオジシギ?

2012年 01月 08日
透過光マジック
2012.1.9 追加画像あり
年末から取り上げている沖縄のオオジシギとされる画像のうち、2008年9月3日の個体について再び。公開されている尾羽画像の、画面向かって左側の外側尾羽がかなり黒っぽく見えるのに対し、右側がなぜあれほど模様が少なく、白っぽく見えるのか?実はこれについては尾羽の重なりと逆光による透過光の影響という観点からいとも簡単に説明することができる。

a0044783_2212079.jpg

▲まずこちらは自宅に保管してあったヤマシギの羽2枚。暗色と淡色の縞模様なのでこの検証には十分な素材といえる。


a0044783_22121773.jpg

▲これを重ねた状態がこちら。縞同士は部分により重なったりズレたりしている。
さて、これを逆光で見ると何が起こるか?▼

■検証結果はこちら■
[PR]
by Ujimichi | 2012-01-08 23:09 | 沖縄のオオジシギ?

2012年 01月 06日
チュウジシギ
一昨年の神奈川県内の画像から、同一個体のチュウジシギ(尾羽は片側10枚確認済み)を4点。

a0044783_17173767.jpg
チュウジシギ Gallinago megala

a0044783_17172754.jpg
チュウジシギ Gallinago megala

a0044783_17171212.jpg
チュウジシギ Gallinago megala

a0044783_17174823.jpg
チュウジシギ Gallinago megala
[PR]
by Ujimichi | 2012-01-06 17:27 | 沖縄のオオジシギ?

2011年 12月 28日
北の国から
オオジシギの本場、北海道のバーダーが感想をこちらのブログに書いておられるので是非。多数のオオジシギを野外と手元の両面から観察してきた方ならではの貴重なご意見です。

a0044783_0225457.jpg
オオジシギ幼羽→第1回冬羽

[PR]
by Ujimichi | 2011-12-28 00:27 | 沖縄のオオジシギ?

2011年 12月 26日
一区切り
a0044783_171199.jpgそれにしてもなぜ私が指摘したカットそのものではなく、T9・T10が重なってよく見えない別カットを出してきて拡大しているのか全く解せないが、いずれにしろオオジとされた個体とのパターンの差異は実に軽微。ましてその僅かな差がオオジとチュウジの境界線だとする根拠はどこにもない。それどころか件のオオジとされた個体と同等かそれ以上に白色部の多いチュウジがいることは再三書いているとおり。

そもそもここでこの話を取り上げているのは、撮影者ご本人に納得してもらいたいわけではなく、あのような画像が「沖縄のオオジシギ」として一般に鵜呑みにされ一人歩きしてしまうことを避けることが第一の目的。無論件のサイトについては指摘しようと思えばできる点はまだまだ際限なくあるのだが、それを一々やっていてはこちらの日常生活に支障が出かねないので、この件については一旦ここで一区切りつけ、後の判断は閲覧者一人一人にお任せしたいと思う。
チュウジシギgallinago megala
[PR]
by Ujimichi | 2011-12-26 17:03 | 沖縄のオオジシギ?

2011年 12月 25日
追記
さすがにそろそろ説明するのもしんどくなってきたが(^^;、案の定誤解があるようなので少し。22日に紹介したこちらのバンディング画像はチュウジシギの中で特に淡色な個体の例として挙げたわけでない。私が把握している尾羽が淡色のチュウジシギというのは、オオジシギによく見られるように外側尾羽各羽の先端近くの黒帯が内弁・外弁の2つに割れてしまっているものであり、こちらの文献に香港で撮られたバンディング写真が載っているが、これをもし野外で撮影したら日本の観察者のかなりの部分が迷わずオオジと言ってしまいそうなほどの白色部の多さだ。しかも香港ということは沖縄と共通もしくはそれに近い個体群が通過している可能性も大いに考えられるので、この点は非常に興味深い。

またそもそも件の沖縄のオオジシギとされる画像の撮影者ご自身が、例えばこちらのようなかなり白色部の多いチュウジシギの画像を公開しているが、これとオオジとした個体の尾羽パターンに取り立てて明確な違いがあるとは思えない。上に挙げた文献は紙媒体で勝手に載せるわけにもいかないので、参考までに下に海外のもので比較的淡色傾向の強いものを2件紹介しておく。ただしこれらも最も淡色の例という意味ではないのでくれぐれも誤解のないように。

http://www.pbase.com/image/124128396
オーストラリア・ブルーム (チュウジシギの越冬分布域内) 4月

http://birdsmongolia.blogspot.com/2011/11/birdingtour-to-khovsgol-nuur-and.html
モンゴル  Tuul gol near Lun sum (ウランバートルの西・チュウジシギの繁殖分布域内

また前にも書いたように、枚数に関しては公開されている画像から特定するのは無理。(頻度については知らないが、チュウジシギの尾羽枚数自体が18枚のものもいるとされていることも一応は念頭に置く必要はあるだろう。) 外側尾羽の形状(細さ)についてはオオジ・チュウジどちらとも言えるとしか言いようがない。一般に尾羽を上面から見た順光の写真では尾羽一枚一枚の内弁が隠れていることから細く感じ、件の画像のように逆光の場合は1枚の尾羽の全体像が透けて見えるので太く感じるという現象も注意点の一つといえる。
[PR]
by Ujimichi | 2011-12-25 22:14 | 沖縄のオオジシギ?