カテゴリ:アイスランドカモメ( 4 )

2015年 04月 08日
アイスランドカモメと不明カモメ
まずは今年の都内のアイスランドカモメ亜種kumlieniの画像を一点。ところでよく考えるとこの個体、今のところ日本国内では最も南で観察されたアイスランドカモメということになるはずだ。

a0044783_13540500.jpg
アイスランドカモメ 亜種kumlieni Larus glaucoides kumlieni

一方で、2009年に山階鳥類学雑誌に論文発表され、日本産鳥類目録第7版にも出典として採用されてしまっている2007年長崎県雲仙市の記録は、多くのカモメ観察者が一目でわかるほどの明らかな誤認例。ネット上の同個体の画像を見てもまず背の色が濃すぎるし、足は黄色いし、初列風切のパターンもいかにも不自然。タイミルセグロカモメまたはセグロカモメの初列風切を単に白くしたような奇妙な外観のこうしたカモメは、かなり稀ながら日本各地でこれまで度々観察されている。アイスランドカモメとは言い切れない―のではなく、アイスランドカモメではないと明確に言い切れるタイプだ。件の論文は確かにカモメをよく知らない人が見れば専門用語や細かい数字を並べた一見いかにももっともらしい体裁なので、一般に権威あると思われている研究誌や目録にもあっさり載ってしまったのだろうが、せめて影響力の強い機関の中にはもう少しカモメ類を適切に見極められる人が増えることを願うばかりだ。

a0044783_14465748.jpg

長崎のものと同タイプの不明カモメ  2002年3月23日 神奈川県
13年も前の画像だが、この個体は発見した時点でアイスランドカモメという選択肢自体思いつかない全くの別物という印象。背の色はセグロカモメと同等。小さめの個体ではあるが、特にタイミルセグロカモメの小さめの個体では普通に見かける範囲のサイズと体型と感じた。畳んだ初列風切は各羽先端の白色部が非常に大きくてほぼ切れ目なく繋がっているが、と同時に内弁側の縁(この画像では上辺部)が不自然に黒ずんでいるのもこのタイプによく見られる特徴で、アイスランドカモメには普通見られない配色。長崎個体も特にネット上の画像で同様の特徴がはっきり現れている(これに対して本エントリ冒頭のアイスランドカモメではこの内弁側の縁が逆に白っぽいぼかしになっていることに注意)。既知の種の中で消去法的に識別すると、人によってはこのような不明個体をアイスランドカモメと見てしまうのも無理はないが、こうしたタイプの存在を予め知っていればそれほど迷うことはないだろう。

[PR]
by Ujimichi | 2015-04-08 17:31 | アイスランドカモメ

2014年 03月 24日
アイスランドカモメ亜種kumlieni
画像は前に出した気もするが、2005年12月にナイアガラで撮影したアイスランドカモメ亜種kumlieni。寒冷地でのアイスランドカモメといえば、大体こんな風に丸くモコッとした体型に短い嘴と足、というのが定番のイメージ。ところがそんな固定観念を根底から覆す動画が紹介されているのでこちらをぜひ。また拙著「カモメ識別ハンドブック改訂版」p.52にもこうした印象の変化を図解してあるのでぜひこちらも参考にしていただきたい。

a0044783_23145060.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2014-03-24 23:28 | アイスランドカモメ

2014年 02月 23日
”2号” 第4回冬羽→第6回冬羽の変化
昨日UPした”2号”個体の初列風切のパターンを一昨年と比較してみた。こう比べると確かに白色部は拡大していて、こうなるともはやkumlieniの最暗色個体(例えばHowell&dunn図鑑p.257の35A.33)と暗色部の「総量」自体はほとんど変わらないように見える。ただP9のミラーが依然ほぼ内弁に限られているのと、P10に不完全ながらサブターミナルバンドがある点を考えると、やはり通常言われているkumieniの範囲を僅かに逸脱しているのかなというところ。6年目ともなるとこれ以上の大きな変化はない可能性が高いので、カナダとkumlieniの連続性を示す個体の一例といえると思う。

右翼

a0044783_17341639.jpg

左翼
a0044783_17314403.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2014-02-23 18:16 | アイスランドカモメ

2014年 02月 22日
帰ってきた”2号”-第6回冬羽
昨日の画像。思いがけずあの”2号”個体に再会することができたのでとりあえず速報。この個体、昨冬は結局一度も観察できず、またネット上で見かけることもなかった。そのため今回はあまりに久しぶりの出会いだったし、複数のカナダカモメが入り乱れる中、比較的短時間の登場だったので現場では慎重に見極めていたが、まあこの顔は忘れるはずもなく、帰宅後比べてみると明らかに同じ個体。 

  a0044783_16062496.jpg
カナダ/アイスランドカモメ Thayer's/Kumlien's Gull  通称“2号”  第6回冬羽

で、気になっていた初列風切のパターンだが、第4回だった一昨年の画像とよく見比べると確かに少し白色部が増えている。ただ全体としてはやはりkumlieniの範囲からは僅かに外にはみ出したようななんとも微妙なパターンなのは相変わらず。斑紋の枚数が5枚なのと、5枚目(P6)の斑が白い軸によって割れているあたりはなかなかいいのだが、P9のミラーが成長してもどうも外弁にしっかり突き抜けてくれないようだ。ともかく近々一昨年のものと並べた細部の比較画像などUPできればと思う。

なお私は最近カモ観察に時間を割いているので、なんとこれが今期初めての出陣。常連さんの話ではここのカモメ類はこのところ滅茶苦茶に少ない日が多いそうで、久々のいい日にたまたま運よく当たったようだ。

[PR]
by Ujimichi | 2014-02-22 17:18 | アイスランドカモメ