「ほっ」と。キャンペーン


カテゴリ:ロサンゼルス( 8 )

2015年 02月 19日
アメリカオオセグロカモメ
アメリカ西海岸では日本のハシブトガラス並みの普通種で、今回も至る所で見られた。人が与えるパンに集まったりゴミ箱を漁ったりするので、水辺でなくてもただの町中の街灯や看板に止まっていたりする。あちでカラスといえばアメリカガラスやワタリガラスがいるが、むしろカモメより遥かに影が薄く、今回もごく少数しか見かけなかった。なおこのアメリカオオセグロカモメとオオセグロカモメの違いはいろいろあるが、2枚目の画像に決定的な違いが写っている。

a0044783_21244908.jpg
アメリカオオセグロカモメ Larus occidentalis

a0044783_21245550.jpg
アメリカオオセグロカモメ Larus occidentalis


[PR]
by Ujimichi | 2015-02-19 18:12 | ロサンゼルス

2015年 02月 15日
オビハシカイツブリ
一応以前の北米旅行でもちらっと見てはいるが、今回はずっと良い条件で見ることができた。日本のカイツブリよりかなり大きめでミミカイツブリくらいのサイズ。なんとなく雰囲気がもっさりしていて、色合いと質感からなんだかマスクラットを連想してしまった。

a0044783_19224298.jpg
オビハシカイツブリ

[PR]
by Ujimichi | 2015-02-15 19:39 | ロサンゼルス

2015年 02月 07日
チュウシャクシギ
今回の旅で1羽だけ見かけたチュウシャクシギ。場所からして亜種はhudsonicus (より細分化する場合はアラスカで繁殖するものはrufiventris)と思われるので、ここはぜひとも腰を撮りたかったのだが、黙々と歩き回るばかりで一向に埒が明かず、ここで第一目標にしていた他の鳥もまだ見れていない状況であえなく時間切れ…。そういえば以前オマーンで見かけたオオソリハシシギでも同じ目に遭っているが、この辺は滞在時間の限られた旅行者の悩みといったところか。それでも見られただけよかったけれど。

a0044783_18383042.jpg
チュウシャクシギ

[PR]
by Ujimichi | 2015-02-07 18:46 | ロサンゼルス

2015年 02月 05日
メリケンアジサシ
アメリカオオアジサシの群の傍らにパラパラと降りていたメリケンアジサシ。99年のサンフランシスコでは遠くを飛んでいるだけだったが、今回は近くで見ることができた。冬羽の顔のパターンはキョクアジサシにも似ているしハシブトアジサシにも似ているが、淡い背中の色と尾の長さからベニアジサシを思わせるところもあって、結局どれでもないという感じが面白い。普通に考えればそう簡単に日本に出る分布ではないが、とはいえあのワライカモメに比べればむしろかなりいい位置?に繁殖地がある。アジサシ好きで日本初を出してみたいバーダーには案外狙い目の種かも?

a0044783_19430967.jpg
メリケンアジサシ

a0044783_19433375.jpg
メリケンアジサシ (左奥はアメリカオオアジサシ)

a0044783_19435185.jpg
メリケンアジサシ

[PR]
by Ujimichi | 2015-02-05 20:31 | ロサンゼルス

2015年 02月 04日
アメリカオオアジサシ
ビーチに群れていたアメリカオオアジサシ。人にも慣れているようで、かなり近づいても逃げなかった。大よそウミネコくらいのサイズがあるので、オレンジ色のがっしりした嘴と相まって、これが目の前にずらりと並んだ光景はなかなかの重量感と迫力があった。

a0044783_20132752.jpg
アメリカオオアジサシ

a0044783_20133823.jpg

アメリカオオアジサシ

a0044783_20134755.jpg
アメリカオオアジサシ

[PR]
by Ujimichi | 2015-02-04 20:23 | ロサンゼルス

2015年 02月 01日
アメリカヤマセミ
このアメリカヤマセミを初めて見たのは1999年のサンフランシスコだが、日本で言えば横浜の山下公園みたいな港の観光地で頭上を通過するのを目撃した時の衝撃はなかなかのものだった。日本でヤマセミといえば山地渓流やダム湖のイメージが強いが、このアメリカヤマセミに関しては海沿いのラグーンなどにも広く棲息しているようで、今回のロサンゼルスでもカモやシギチの観察中に何度も見かける機会があった。羽色に関しては、日本のヤマセミは川砂を思わせるが、アメリカヤマセミは緑深いラグーンの景色に上手く馴染んでいるような気がしてその辺もちょっと興味深い。

a0044783_20052411.jpg
アメリカヤマセミ

a0044783_20283445.jpg
アメリカヤマセミ

a0044783_20140399.jpg
アメリカヤマセミ


[PR]
by Ujimichi | 2015-02-01 20:51 | ロサンゼルス

2015年 01月 29日
ヒメレンジャク
引き続きロサンゼルスの画像からヒメレンジャク。これは今回見られると思っていなかった―というよりも水鳥で頭がいっぱいで全くチェックしていなかっただけなのだが、公園の池畔でオオホシハジロを見ていたら、チリチリとどこかで聞いたことがあるようなないような声がしたので振り返ると、赤い実のなった木立に次々と飛び込んでいくのが見えて存在に気付いた。その数は100羽を超えていたかもしれないが、ほとんどが茂みの中で採餌していて、まともに見えるのは常に数羽だけで意外と観察効率は悪い。他にも見たい鳥撮りたい鳥はいくらでもいるので全く時間が足りず、結局少ししか撮影することができなかった。ヒレンジャクやキレンジャクに比べて模様が少なく地味なイメージも持っていたが、実際に見ると脇の黄色の柔らかなトーンが意外と綺麗だった。

a0044783_18070873.jpg
ヒメレンジャ

a0044783_18071817.jpg
ヒメレンジャク

[PR]
by Ujimichi | 2015-01-29 18:42 | ロサンゼルス

2015年 01月 26日
アレンハチドリ
ロサンゼルス鳥見旅行の画像からアレンハチドリ。水鳥観察が主目的とはいえ、アメリカに行くとやっぱりぜひ見ておきたいのがハチドリ類。といってもこれまでには1999年にサンフランシスコでアンナハチドリを見ただけなので、これでやっと2種目の対面。花が少ない時期ということもあってかなかなか落ち着いて見られなかったが、最終日にようやく陽の当たる枯れ枝で喉元を輝かせている姿をしっかり拝むことができた。もちろん地元の人は見慣れているのだろうが、ハチドリ類のいない旧世界の住人としては、こんな鳥が住宅地の庭木や空き地を飛び回っている光景が何とも不思議に思えて仕方がない。なおデジスコで大きく写しているのでわかりにくいと思うが、サイズは嘴込みで10㎝に満たないくらいなので、やはり飛んでいる姿はまるで昆虫のようだった。

a0044783_17555724.jpg
アレンハチドリ

a0044783_17560892.jpg
アレンハチドリ

a0044783_17562196.jpg
アレンハチドリ


[PR]
by Ujimichi | 2015-01-26 19:01 | ロサンゼルス