「ほっ」と。キャンペーン


カテゴリ:いろいろ( 60 )

2013年 05月 31日
シマヘビ
1. ある森の、人通りのある小道のすぐ脇に、ある小鳥が営巣。
2. それに気付いたカメラマンが集まり始める。
3. 繁殖への影響を考慮し、小道が通行止めに。
4. そのバリケードの前に連日数十人のカメラマンが放列を作る。
5. ある日その雛がヘビに襲われる。


さて、このうち3と5に因果関係があると考える人が果たしてどれくらいるものだろうか。ヘビに食われるというのは確かに我々鳥好きには残念な結果だが、自然界では太古から当たり前に繰り広げられてきた、食う食われるという関係がここでも再現された、それ以上でもそれ以下でもないように私の目には映る。

しかしこれも、通行止めが気に食わない一部のカメラマンに言わせると、「親鳥は人間を天敵除けに利用しようとしていたのに、通行止めになどするからヘビに襲われたのだ」となってしまうのはなかなか興味深い。人目を強く意識するカラスなどならまだしも、ヘビにこの論理を持ち込むのはさすがに無理があるというもの。仮にヘビも近寄れないほど近くで人間が監視したのでは、それ自体が繁殖妨害になりかねないのはちょっと考えればわかること。またいざという時に人間がヘビ退治に手を出すのは、心情的にはわからないではないが、果たしてそれが正しい選択なのかどうかは議論の分かれるところだろう。近年のカメラマンの人口爆発や、適切な距離の保ち方を知らない人の存在も考えれば、この場合通行止めはやむを得ない妥当な判断だったといえる。

画像はこの件とは直接関係はないが、先日撮影したシマヘビ。1m以内の至近距離で撮影してもすぐには逃げなかった。無論こんな距離で小鳥の巣を監視したら、それ自体が単なる繁殖妨害になってしまうことは火を見るより明らか。

a0044783_21323314.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2013-05-31 21:47 | いろいろ

2013年 05月 26日
営巣撮影
画像は昨日撮影のクロスジギンヤンマ。

a0044783_20414025.jpgここで季節柄、たまには鳥の営巣撮影について、以前から思うところを少し書いてみようと思う。

一般に鳥の巣というと、人目を避けて目立たない場所に造られるイメージもあるが、実際にはわざわざ人通りの多い道沿いの木を選んだかのように造られるケースも意外に多い。近年はこれが多くのカメラマンを呼び寄せる結果になることが多いが、しかしこういった場合の親鳥は、確かに人間をカラス等の外敵除けとして利用している可能性は大いにある。一番わかりやすい例でいうと、ツバメがわざわざ人の多い駅舎や商店街を選んで巣を作るのも、ちょっと他に理由が思い当たらない。

ただ、ここで我々観察者や撮影者が重々注意すべきだと思うのは、こうしてあえて人間を利用していると思われる親鳥たちでさえ、当初は「無関心に通り過ぎていく人々」を見て営巣場所を決定した可能性が高いということ。何十人ものカメラマンに一日中張り付かれるとか、その中には無思慮に距離を縮める者も出てくるという事態まではさすがに想定していないだろう。したがって「彼らは人間を利用しているのだから好き勝手に撮影させろ」というのはさすがに都合がよすぎる解釈。最悪営巣放棄とか、エサが十分に運べず雛が衰弱死するといった危険性をやはり考えなければならない。また、「カラスがカメラマンの動向を見ていて巣の存在に気付く」という可能性については、果たしてどこまで実証されているのかは私はよく知らないが、少なくとも「あり得る話」として留意する価値くらいは十分あるのではないかと今のところは思っている。

まあもちろんだからといって、繁殖活動を見ることや撮ることを感情的かつ一律にタブー視するような稀に聞かれる言い方も確かに少し違うと思うし、よもやそれによって、どんな巣をつくり、どんな子育てをするのかすら誰も知ることができない時代になってしまうことが決していいとも思ってはいない。「あなたが他人に四六時中覗かれていたらどう思うか」みたいな例えもよく聞くが、その例えはむしろ人間同士だからこそのストレスという面が大きいのであって、鳥が人間という全く異種の生物に見られる・撮られるということにそのまんま置き換えるにはだいぶ無理があるし、人間の視線や挙動をどの程度意識するかは、種や個体や状況によって全く千差万別なのが実際のところなので、そうそう一概には言えないのも確かだろう。

しかしとはいうものの、昨今のカメラマンの爆発的増加や質の低下(-情報頼みで自分で鳥を観察していない・警戒していることがわからないなど)を思えば、一旦カメラマンが集まってしまえば、ロープが張られるなどしてある程度立ち入り範囲が制限されるくらいのことは、なるべくしてなる当前の結果。「立ち入り規制がかえって天敵の侵入を許すではないか」などと言う前に、そうした規制を招いているのは他ならぬカメラマン自身なのだという認識をせめて持つ必要があるように思う。

[PR]
by Ujimichi | 2013-05-26 20:36 | いろいろ

2011年 11月 01日
鳥糞テロリズム!?
a0044783_16594192.jpg


それならむしろ餌をやりますけど・・・。(汗)

うわぁ~こりゃ傑作だ!と最初は小躍りして喜んだものの、あまりのひどさにちょっと笑えない気分になってきた。
特に日本語を勉強中の外国人留学生等が見て混乱しないかと心配だ。
[PR]
by Ujimichi | 2011-11-01 17:02 | いろいろ

2011年 06月 06日
日本語って難しいⅡ
a0044783_20544753.jpg

「不要の者」て(^^; 
[PR]
by ujimichi | 2011-06-06 21:24 | いろいろ

2011年 06月 04日
日本語って難しい
先日立看板は嫌いだなどと書いたが、モノによっては少し違う視点から見るとそれはそれで面白い。

a0044783_175734.jpg

天然三段オチですな^^;
[PR]
by ujimichi | 2011-06-04 18:02 | いろいろ

2009年 12月 04日
今更雲台
近年鳥見を始めた人にはとっくに当たり前になっているのだろうが、今更ながらデジスコ用にビデオ雲台を購入したので川でちょっと試用してきた。なにせ「パーン棒をエイッとねじるとちょっとズレて止まる」(笑)昔ながらのカメラ用雲台を当たり前のように何十年も使ってきたので、「スーッと動いて手を離せば止まる」ビデオ雲台はなんだか良く出来すぎていて肩透かしを食らった気分。ついつい癖で回らないパーン棒を時々回そうとしてしまうのが困るが、まあこれもそのうち慣れるだろう。あとそういえば動きが滑らかなので、撮影時だけでなくスコープでカモをカウントするにもストレスがなく便利だった。

a0044783_2294175.jpg
カイツブリ

a0044783_2293010.jpg
カンムリカイツブリ

a0044783_2295285.jpg
チョウゲンボウ
[PR]
by ujimichi | 2009-12-04 22:19 | いろいろ

2009年 05月 16日
レンズ留守
a0044783_21394830.jpgシグマ170-500mmをピント調整に出していることもあってこのところあまり写真を撮っていない。どうやら後ピン傾向があることは前から薄々気づいていたのだが、ちょっと手前の何かに合わせてみるとか、フォーカスロックをかけて微妙に体を引いてみるとか、ヘンな技をいつの間にか習得していた。(^^; いい塩梅になって戻ってくるといいのだが。(左の画像は特に関係なく先週17-70mmで撮影したもの)

ところでネット上に鳥の画像を公開するにしろ、他人の画像を閲覧するにしろ、その動機や目的は十人十色。たとえば私は識別に関心が強い方なので、他人の画像も識別の参考資料という視点から見てしまう癖があるのだが、これはもちろんその画像を公開している側が私と同じ意識であるとは限らないわけだ。これは考えれば当たり前のことなのだが、どうも自分の個人的な関心事や価値観に拘っているうちについつい忘れてしまうことがある。なんでもうちょっと真横で写っていないのだろうとか、なんで日付が書いていないのだろうとか、気づけば頭の中でぶつくさ言いながら見ていることがある。しかしちょっと昔を振り返れば、これだけ大量の画像を容易に閲覧できる現在はそれだけでも夢のように恵まれた時代なのだということに気づかされる。

親知らず抜歯後の経過(―どうでもいい?)は至って順調。痛くもならないのでもらった痛み止めも丸残り。ついでになんと肩こりも解消して体調がよくなった気がする。斜めに生えて手前の歯を思い切り圧迫していたので実は相当体調にも影響していたようだ。こんなことならもっと早く抜くんだったな・・・。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-16 21:51 | いろいろ

2009年 03月 11日
ブーム
a0044783_23293638.jpg

古い話だが、東京大手町のカルガモ親子がマスコミにもてはやされて変なブームになった時、わざわざ群馬だとかから見に来たという一般の人がテレビのインタービューに答えていて、「何も群馬からカルガモ見に来なくても・・・^^;」と我々バードウォッチャーは笑っていたのだが、今やひょっとしてバードウォッチャー自身がちょくちょくそれに近いことをやっているような気がする。以前は人が集まると言えば「珍鳥」というイメージが強かったが、最近は特に珍鳥でなくとも人気のある種でたまたま情報が流れた場所にわっと人が殺到することがあるようだ。もちろん色んな要因はあるのだろうが、ある場所のレンジャクに百何十人などというのは私の感覚ではやっぱりどう考えても尋常ではないと思う。

例えば昨日今日に機材を買い揃えたビギナーが、いきなり情報を元に有名ポイントを飛びまわる・・・ということも簡単にできてしまう便利な時代なのである程度仕方ないのかもしれないが、その前にせめて自宅から半径数キロの範囲の鳥を数年かけて徹底的に観察するといったことは、できることなら一度は経験してみてほしいと思う。そういう中でフィールドへの愛着も生まれるし、また他所へ行った時もそこをフィールドにしている人の気持ちにも想像力が働くようになるのではないかと思う。

ちなみに私が子供の頃初めてレンジャクを見たのは、当時住んでいた東京都目黒区の、林でも公園ですらもない単なる住宅密集地のど真ん中だった。最初に見た年はヒレンジャク2羽だけだったが、別の年には人家のピラカンサに数十羽がざっと降ってきてびっくりしたこともあった。それを見て喜んでいたのは家族の他には地元の友人数人のみ。当時は情報も機材も今からはまるで想像もつかないほど乏しく不便だったが、そのことでかえって自力で身近な場所を地道に観察する環境が、期せずして今より整っていたのかもしれない。
[PR]
by ujimichi | 2009-03-11 00:01 | いろいろ

2008年 08月 26日
雨天中止
a0044783_15144439.jpg今朝は田んぼに出るつもりで完全に準備していたのだが、外に出たら雨が真面目に降っていたのでやめた・・・。しかし涼しいのはいいけどなんだこの天気は・・・。

ところで、他人の掲示板等で誤認を指摘したりするのは近年そんなにやっていないが、やはりやめておこうと思っている。理由は簡単で、多すぎてきりがないから。一つ指摘してしまうと、他のはOKだと思われかねないのもちょっと困る。

「間違っていたら教えてください」という言い方もよく聞くのだが、識別というのは実は、人に教わるよりむしろ「自分で気づく力」というのが非常に大事だと思っている。予備知識なしに観察していて気づいていた、まさにその通りのことがやっぱり図鑑にも書いてあった、ということは経験するが、それこそが本当の観察力というものだと思う。

画像は全然関係ないがこの前のコシボソヤンマ。
[PR]
by ujimichi | 2008-08-26 15:29 | いろいろ

2008年 07月 24日
鷺だらけ
昨日のダイサギでちょっと思い出したので、2005年10月28日神奈川県某所の過去画像から。この日はたまたまカモメを見に行ったらクロトキを見つけて腰を抜かした日なのだが、それと共になんだか知らないがびっくりするほどサギ類の多い日で、オオダイサギがやたらとゾロゾロいるのには驚いた。何しろアオサギよりでかくて脛も黄色いのでよくわかるのはわかるのだが、ただし脛の色も広範囲に黄色かったり一部黄色かったり灰色っぽかったりほとんど黒かったりと結構個体によりバラバラだし、大きさも姿勢や角度でかなり違って見えるので、どこまでが確実にオオダイサギなのか?となると結構難しい印象も受けた。サギ類は特に普段熱心に追いかけているわけではないのだが、こういう数の多い時にじっくり見るとそれはそれで面白いかも。この時はクロトキの撮影も忙しくてあまり時間をとれなかったのは残念だが、ひょっとしてこの時はクロトキ共々大挙して大陸からどっと渡ってきたのだろうか?などと色々想像すると面白い。

a0044783_4572732.jpg

a0044783_4575114.jpg

[PR]
by ujimichi | 2008-07-24 05:23 | いろいろ