「ほっ」と。キャンペーン


<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 31日
工事中毒
前にも少し書いたが、日本の里山環境というのは、「公園」と名がついて宅地化を免れた途端に空々しい人工庭園に造り替えられてしまう例が極めて多い。1990年頃から私はトンボや蝶に興味を持って首都圏のあちこちの里山や公園を訪ね歩いたが、どこもかしこも似たような有様で、本来の環境が良い形で残されていると感じた公園は極めて少ない。無論私有地は私有地でいつどうなるか知れたものではない。

この冬、某公園に隣接する谷が公園に併合され、それに伴う工事のためにしばらく通行止めになっていた。ここは本来鬱蒼たる杉林で、工事直前までクロジやミソサザイ、トラツグミが見られたし、以前はよく柿の木にアオゲラがやってきた。谷の入り口にはこのあたりで唯一ゴイシシジミを確認している笹藪があった。

a0044783_18534715.jpg今日、この場所の工事が終わって道が開通していたのだが、呆れたことに杉林も柿も笹も下草もことごとく伐採され、土が剥き出しとなった地面に梅が植えられていた。要するに、わざわざそこにいた様々な生物を一掃し、「梅を観賞するためだけの場所」にしてしまったようだ。必ずしも梅が悪いとは言わないが、そこに本来あった一切のものを全て犠牲にする必要が一体どこにあるのか理解に苦しむ。環境が単調になったというだけでなく、太い園路がやたらと増設されているので、人の立ち入らない場所が減ったという意味でも鳥には極めて住みづらくなったことだろう。しかもこの公園ではこうしたことを以前から繰り返していながら、来園者に対しては柵の中に入るな、生物は一切採るなという看板が立っているのだから、どう考えても根本的に矛盾している。また、園内にはこれまで環境共生型云々と謳った施設が色々作られてきたようだが、こうしたものも私には空虚なものにしか見えない。

まあ、この場所も時間が経てば少しは草が生えたりして、一部の生物は戻ってくるだろう。梅にはメジロやヒヨドリくらいは来るかもしれない。風景自体も工事直後の今ほど殺風景な印象ではなくなるだろう。或いは、見た目を取り繕うために他から持ち込んだ植物をまた植えるのだろうか。そして、ほとんど自然のかけらもない街中からたまにやってくる人々の目には、緑豊かな公園として映るのかもしれない。

それにしても、日本というのは「今あるものをそのまま残す」という一番簡単なことがなかなかできない珍妙な国だと思う。一体いつまでこんなことを続けるのだろうか。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-31 17:04 | いろいろ

2007年 03月 28日
300mmでびろつり
やっぱり春ということで、70-300mmでちょっとびろつりに挑戦。AF、MF両方やってみたが、どっちがいいかはその時の背景次第という感じ。下の画像はMFで撮ったもの。

a0044783_5435693.jpg
ビロードツリアブ
[PR]
by ujimichi | 2007-03-28 23:42 | 近所

2007年 03月 28日
ウミネコ×カモメとクロワカモメ
せっかくなので、この冬撮ったウミネコ×カモメの雑種とクロワカモメを並べてみる。この二つはそこそこカモメ類を見慣れた人以外にはそっくりに見えるのかなあ?とは思うのだが、実際に両者を見ると全然違う鳥で、それなりに普通の条件で観察できれば迷うようなことはないはずだ。

a0044783_2105363.jpg
 ウミネコ×カモメ Larus crassirostris ×L.canus kamtschatschensis
とにかく異様な鳥で驚いたが、やはり見るからにウミネコの雰囲気が強く感じられた。背中がカモメやセグロカモメより濃く、頭の斑が鋭い縦斑ではなく一様なシミのようなつき方。尾羽には黒い斑列があり、ウミネコとカモメの中間の特徴が出ている。北米では過去にニューヨーク、サンフランシスコ、ナイアガラでクロワカモメの群れの観察経験があるが、当然ながらあちらではこんな個体は一度も見たことがない。世界的に見ればクロワカモメよりはるかにレアということになる。

a0044783_210752.jpg
クロワカモメ L. delawarensis
背中はカモメやセグロカモメより少し淡い。比べる個体によっては同程度のように見えることもあるが濃くは見えない。頭の斑の質は基本的にウミネコとは正反対で、むしろ傾向としてはカモメより細くシャープな縦斑。これはカモメの群中で寝ているのを見つける際の目安にもなる。尾羽は白く無斑。

ちなみに実は2002年にクロワカモメが発見された少し後だと思うが、波崎でクロワカモメに似た変な個体がいたというので写真を見せてもらったことがあり、確かどこかの掲示板にもその個体の画像が出ていたような記憶がある。その時はその個体はクロワカモメではないことは感じられたものの、前向きで天候も悪い写真で判断に必要な特徴が十分写っておらず、しかもウミネコXカモメというのも前例がなかったので、単にカモメの2or3年目のちょっと変な個体では?という判断になったのだが、今思うとあれこそウミネコXカモメだったのではないかという気がする。確かに妙な雰囲気の個体だとは思ったのだが、ウミネコXカモメだとすれば何の不思議もない。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-28 02:11 | カモメ

2007年 03月 23日
2007.3.22 銚子漁港の油汚染・負傷カモメ類
a0044783_12273153.jpg
オオセグロカモメ 成鳥 油汚染
2月16日の個体と画像を見比べたが、汚染範囲の違いその他から別個体のようだ。

a0044783_12263886.jpg
大型カモメ類 種不明 油汚染
観察条件が悪すぎたことと、汚染があまりにもひどいので種の識別ができなかった。画像では見えないが、腹部もどす黒い油で一面覆われていた。この冬見た中でも最も重度の油曝例。

a0044783_1227067.jpg
ウミネコ 成鳥 油汚染

夕方、かなりカモメ類が減った段階での‘礁前’のカウントで、大型カモメ類は998羽を数えた。これから大まかに類推すると日中の第2・第3漁港のカモメ類は、おおよそ大型カモメ類4000羽、ウミネコ2000羽、ユリカモメ300羽、カモメ200羽程度か。このうち確認した油汚染個体はオオセグロカモメ1、セグロカモメ2、種不明大型カモメ1、ウミネコ1。 


a0044783_1227545.jpg
a0044783_1381488.jpg負傷したウミネコ成鳥 
体の右側面を負傷し出血している個体。明らかに赤い色が体の内部から染み出して腹の方へ薄く広がった様子が伺える。それ以外に暗色に見える箇所もあるが、これはスコープで見ると、羽毛が抜けるか乱れるかして穴が開いたような感じで、油汚染と異なり羽毛の先端寄りに濃い色はなかった。原因は不明だが、この冬ここで何度もウミネコを狩っているハヤブサに襲われた可能性も考えられると思う。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-23 12:33 |

2007年 03月 21日
テスト
a0044783_1719878.jpg

花も咲いて虫も飛び始めているので、2万ちょっとで買ったシグマ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROのテスト。虫~鳥までかなり対応できるし、ちょっと散歩という時に結構いいかも。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-21 17:52 | 近所

2007年 03月 19日
おいまわすかなだ
a0044783_127076.jpg先日の画像からカナダカモメ。防波堤で休むセグロカモメの群れの上でユリカモメを猛スピードで追い回しているのがよく見たらカナダカモメだと気づいて慌ててシャッターを切った。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-19 02:03 | カモメ

2007年 03月 16日
2007.3.15 銚子漁港の汚染カモメ
今回は通常見慣れた油汚染とは違うタイプの汚れがついたカモメ類を複数観察した。

a0044783_2325366.jpg
オオセグロカモメ成鳥 
耳羽周辺に真っ黒な汚れがあり、胸~腹にかけても同様の汚れが点々とついている。よく見る油汚染のような褐色味は全くなく、羽毛が束になって縒れたような状態でもないように見える。

a0044783_2324060.jpg
セグロカモメ 成鳥
上のオオセグロカモメと同様の汚れが胸と三列風切先端に見られる。

a0044783_23242119.jpg
セグロカモメ 第2回冬羽 
これは他のカモメ類を撮影した画像にたまたま写っていたもの。その場では気づかなかったので詳しくは観察できていないが、これも同様の汚れのように見える。

上の3例の汚れが何なのかはよくわからないが、印象としては煤か何か?のように見えた。これまで見かけなかったものが同時に複数見つかるということは、近辺で最近何かそうしたものが排出されたような状況があったということだろうか。ちなみに昨年12月に中国で観察したモンゴルカモメ約50羽の中に似たタイプの汚れがついている個体を撮影している。当地では渡し舟から真っ黒な煤のようなものが水面に撒き散らされるのを目撃しているので、そうしたものが付着したのだろうか?

a0044783_23555419.jpg
参考:モンゴルカモメ 2006.12.9 中国・上海 

a0044783_23245146.jpg
ウミネコ 成鳥 こちらは見慣れたタイプの油汚染。はっきりと褐色味があり、羽毛が束になっている。

銚子漁港・“礁前”のカウント結果※
大型カモメ類 563(黒色汚染 3)
ウミネコ    332(油汚染1)
カモメ     45
ユリカモメ   16

※カウント前にハヤブサが襲来したので、それ以前にはこの倍近い数がいたものと思う。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-16 00:29 |

2007年 03月 08日
寝すぎ・・・
a0044783_23564125.jpg銚子へ行ってきた。現地に着いて早々に、150羽ほどのカモメの群れの中で寝ているクロワカモメを見つけたのはいいが、この人相変わらず睡眠時間が長すぎる・・・。ほかのカモメも気になるのでささっと撮影したいのだが、そう上手くはいかないものだ。3時間ほど粘ってどうにかそこそこは撮影できたが、さすがに粘りくたびれた。

[PR]
by ujimichi | 2007-03-08 23:11 | カモメ

2007年 03月 01日
完治!?
a0044783_0592281.jpg銚子へ行ってきた。またもハヤブサがウミネコを襲った。そして曲がっていたはずの脚が治っているのでびっくり!!・・・と思ったのだがそうではなくてよく見たら別個体だった。今回のほうが全体に暗色部が多い個体のようで、ひげも太いし、目の下あたりもだいぶ違うし、眉斑も全然違う。前の個体はあれから見ていないがどうしているのだろう。
[PR]
by ujimichi | 2007-03-01 23:38 | いろいろ