<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 29日
白猫とボニー
a0044783_4264423.jpg自室のノートPCが2月ごろからファンの音が異常にうるさくなり、たまりかねて修理に出しているので居間からUPしている。左の画像は26日銚子で撮影したゾウゲ・・・じゃなくてウミネコの白変個体(笑)。同一と思われるものを初めて見たのが2005年11月26日で、その後冬期に三重県で観察されている。そして昨年は3月31日に銚子で観察されているところを見ると、どうもこの個体は旅鳥として春秋に銚子に立ち寄っているようだ。

ところで今期は東京湾で一日限りのヒメカモメ出現のニュースがあったので、各地で小型カモメ類に注目している人も増えているようだ。私もいつにもましてユリカモメの群れは気をつけて見てはいるが、特にこれと言ったアタリはない。ちなみにカモメというと識別が微妙で難しいイメージがあると思うが、実は小型カモメ類に関していえば比較的種の特徴がはっきりしているので、要点を押さえて観察すれば大抵それほど難しくはない。特にユリカモメに似ているボナパルトカモメやチャガシラカモメあたりに関しては、初列風切のパターンは決定的な違いと言っていいので、もしやと思う個体がいたらとにかく翼を開いたところを押さえることだ。むしろユリカモメの群れに混じって飛んでいるとよほど遠すぎない限り大抵肉眼でも気がつくはずなので、群れが流れて飛んでいるときなどは私は片っ端から流れ作業的にざーーーっと翼のパターンを確認するようにしている。

a0044783_4573035.jpg
ボナパルトカモメ 2005.12.9 カナダ・ナイアガラ
昔(1985年~1987年)多摩川で2冬年連続で(しかも両方1wなので明らかに別個体)見ているので、気をつけていれば毎年見られるもんだとタカをくくっていたら、それ以後は数回他所で噂を聞いたくらいでさっぱり出なくなってしまった。ヒメカモメを「可愛い」と表現するならば、ボナパルトカモメは「清楚」という言葉がぴったりくる感じでなかなか好きな鳥だ。ただし春はユリカモメでも嘴が黒っぽくなる傾向があり、時にかなり小さい個体もいるので、もし怪しい個体がいたらとにかく開いた初列風切裏面のチェックを。
[PR]
by ujimichi | 2008-03-29 04:10 | カモメ

2008年 03月 28日
2008.3.26 銚子漁港の油汚染カモメ
カモメ類の数は少なく、午前中の第二漁港でのカウントでは、大形カモメ類566羽、ウミネコ299羽、カモメ28羽、ユリカモメ97羽、ミツユビカモメ4羽。ただし午後には漁船が入って来たこともあり、少なくとも3~4割程度は増えた印象。そのうち油汚染個体はオオセグロカモメ3羽、ウミネコ4羽を確認した。この他にごく部分的な汚れだったり、観察条件が悪すぎて油かどうか判断しにくいセグロカモメを数個体目撃している。依然油汚染個体が通常より多い状態が続いている。

a0044783_1682046.jpg
[PR]
by ujimichi | 2008-03-28 15:31 |

2008年 03月 23日
2008.3.22 多摩川河口のカモ類
22日にせっかくカモも見てきたので、内容は繰り返しになるが一般への周知の意味も込めて再び“メタボガモ騒動”関連の話題。

2008.3.22 カモへの餌付けが行われていない神奈川県川崎市多摩川河口で観察したカモ類は以下の通り。

カルガモ13、オナガガモ5、ヒドリガモ42、ホシハジロ6、キンクロハジロ25、スズガモ136

留鳥のカルガモを除く冬鳥のカモ類は合計214羽。川面が広く鳥にある程度動きもあって、ダブって数えてしまう可能性もあるのでこれでもかなり控えめにカウントしている。実際はこの数字より間違いなく多い。我々バードウォッチャーには当たり前のことだが、このようにそろそろ桜も咲き始める3月下旬にこれだけ沢山のカモ類がいるというのは、餌付けが行われている・いないに関わらず元々全く普通のことである。もちろん4月に入ってもしばらくは普通に見られる。というわけで何度も書いたが、「春なのに公園にカモがいた」→「きっと餌付けのせいで渡るのを忘れてしまったのだろう」→「じゃあ餌付けを禁止しよう」というのは見るからに餌付けの禁止先にありきで理由を後付けしているようにしか見えない、あまりにも安易すぎる理屈だ。

さらに下の画像はこの日撮影したスズガモの群の一部。ここで餌付けが行われていないというだけでなく、元々スズガモは海水・汽水域で貝類などを捕食する習性が強いため、餌付く機会が少ない種であり、この群も餌付けとはまず無縁であると判断してよいだろう。にもかかわらず陸上に上がった姿はいかにも丸々と太っているように見える。動きもいかにも重そうなヨチヨチ歩きだ。カモというのは元々こういう鳥なのであり、昨冬盛んになされた、太って見えるとか動きが鈍いのが餌付けのせいだとする主張・報道がいかに人間側の主観に基づいたものであったかがよくわかると思う。

繰り返し書いてきたように私は餌付けを積極的に肯定も奨励もする気は全くないが、昨年来行われているような、事実に反することを無責任に流布しながら強権的に行われる餌付け禁止キャンペーンには明確に反対である。

a0044783_458022.jpg
スズガモの群れ
こうした姿を見て「太って飛べないのではないか」と思うのは人間側の勝手な想像に過ぎない。当たり前だがこう見えても実際には毎年しっかりと北の大地へ渡っていく。
[PR]
by ujimichi | 2008-03-23 21:21 | 餌やり規制問題について

2008年 03月 22日
1000分の・・・0
あっちで出ないならひょっとしてこっちで出るのではないか?という淡い期待を胸に多摩川へ行ってみた。ユリカモメを少し真面目にカウントしてみたら980羽で、色々出入りもあったので実際は1000羽を超えていたと思う。というわけでなんだかいかにも出そうな雰囲気なので入念に探したが、まあやっぱりいなかった。ちょっとしたユリカモメの群なら、ほんとに何でもない運河、船溜り、河川、池沼、など至る所にいるはずなのでなかなか難しい。

a0044783_4534152.jpg
アオサギ

a0044783_7534427.jpg
ハジロカイツブリ
80年代にここに通っていた者としては「なんでこんなにいるんだ!」とびっくり仰天するような数。カウントは試みたが、始める傍からバラバラ浮上してくる個体がいるのですぐにわからなくなる。じゃあ、というので全員揃ってからカウント開始!と思ったらそれでは時すでに遅く、一斉に潜り始めてしまう(^^;。とりあえず93羽くらいは数えたので100羽を超えていたかもしれない。

a0044783_453283.jpg
ハジロカイツブリ

a0044783_4523018.jpg
ホオジロ

a0044783_453286.jpg
オオジュリン

a0044783_4531668.jpg
オオジュリン
[PR]
by ujimichi | 2008-03-22 23:47 | カモメ

2008年 03月 21日
カナダはどこダ
13日の画像から大型カモメ類の混群。わかる人はわかると思うのだが、この中にカナダカモメが一羽だけいる。もちろん私だってもしこの画像一枚だけ他人に見せられたらたぶん断定は避けると思うのだが、それでも「この中でどれがカナダに見えるか?」と問われれば候補はおのずと1羽に絞られてくると思う。

a0044783_16132869.jpg
[PR]
by ujimichi | 2008-03-21 15:38 | カモメ

2008年 03月 17日
内湾
たまには内湾もいいかな、というわけで久しぶりに行ってきた。

a0044783_7193625.jpg
[PR]
by ujimichi | 2008-03-17 23:59 | カモメ

2008年 03月 16日
2008.3.13 銚子漁港の油汚染カモメ
引き続き油汚染カモメが観察されている。13日はオオセグロカモメ2羽、セグロカモメ1羽、ウミネコ4羽を観察した。

a0044783_15391879.jpg
[PR]
by ujimichi | 2008-03-16 15:40 |

2008年 03月 12日
正解はこれ
10日のエントリは最初は特にクイズにするつもりはなかったのだが、かなり解りにくいものが含まれていて頭を捻ってくれた方もいたようなので、では正解発表~。

a0044783_421234.jpg
オカヨシガモ♂

a0044783_4231388.jpg



というわけでオカヨシガモ♂でした。さすがにボケているので難しいが、コガモより明らかに大きい、一様にグレーっぽい色調、長めの黒い嘴、という辺りから見当がつけられると思う。
[PR]
by ujimichi | 2008-03-12 04:42 | カモ

2008年 03月 10日
賑やかな水面
昨日の画像から、ほどよく賑やかな水面の感じがちょっと気に入ったので1枚。5種のカモが写っている。

a0044783_18235843.jpg
[PR]
by ujimichi | 2008-03-10 18:32 | カモ

2008年 03月 09日
川アメヒ
今日は川へ。水面をうろうろしていたカンムリカイツブリを見失って「あれどこだっけ・・・?」と何気なく双眼鏡をのぞいたら、偶然綺麗なアメリカヒドリが視野に入った。

a0044783_181050.jpg

画面左から:ヒドリガモ×アメリカヒドリ、アメリカヒドリ、ヒドリガモ

今日はヒドリガモ175羽中、確認した雑種は2~3羽。この組み合わせの雑種は昔一時期もっと多くいたような気がするのだが、今年改めて少し注意して見ている限りでは案外少ないなあという印象。


a0044783_17533371.jpg

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリといえば昔(80年代)は東京近郊では狭山湖など限られた場所にしかいないイメージだったのだが、なんだかいつの間にかそこそこ広い水面のあるところなら割と普通に見かける鳥になっていた。それにしてもなかなか綺麗な鳥だよなあと思う。
[PR]
by ujimichi | 2008-03-09 19:57 | カモ