「ほっ」と。キャンペーン


<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2008年 04月 29日
焼酎と山椒の季節
この時期通過する鳥は声だけとか上空通過での確認が多くて撮影には不向きな場合が多いが、とりあえず今日はセンダイムシクイ3、サンショウクイ1、ビンズイ1、クロジ2、それとなぜかチュウサギ6などを確認した。いやそれにしても新緑にセンダイムシクイとかサンショウクイの声、というのはそれだけで単純に気持ちいい。

a0044783_1747224.jpg
シジュウカラ

a0044783_174781.jpg
シメ

a0044783_17465497.jpg
ジュウニヒトエ

a0044783_17463648.jpg
ホウチャクソウ



センダイムシクイ・アカハラ・シジュウカラの囀り
[PR]
by ujimichi | 2008-04-29 17:47 | 近所

2008年 04月 28日
カモがアサリを食べつくす!?
a0044783_12594869.jpg先日ある方からメールを頂いて初めて知ったのだが、福島県相馬市松川浦で、「潮干狩り用のアサリをカモが食べ尽くした」という報道があったようだ。その方はテレビのニュース番組でこの件が報道されているのを見たそうで、その中で「あっ、カモがいました!」と映し出されたのはヒドリガモだったとのこと。また、福島中央テレビのサイトを見ると、「相馬市と漁協が、松川浦に飛来するマガモやヒドリガモを捕獲し、調査したところ、ほとんどのカモの体の中から、アサリの貝殻が、採取されました。」とも書かれている。その他「松川浦 カモ アサリ」などのキーワードで検索するとこの件に関する報道やブログ等がある程度出てきた。

もちろんこの件については私は現場の状況をよく知らないわけだし、カモの食性についても「全て」を把握しているわけではない。ただ、私の中ではヒドリガモというと川岸の土手に上がって青草を食んでいるとか、干潟ではアオサのようなものをついばんでいる状況、もしくは公園池で人にパンをもらっている状況など、つまり植物を食べている状況ばかりが記憶にあり、これまでアサリを食べるという認識はなかった。ましてヒドリガモやマガモが大量のアサリを「食べ尽くす」などということが本当にありえるのか?というとやはりちょっと首を傾げざるを得ない。メールを下さった方も同様の疑問を呈しておられた。

また、鳥には砂のうという器官があり、ここに食物と一緒に小石などを飲み込んで消化するという習性がある。もちろん私はこうした鳥の体の内部のことについては全く詳しくないのだが、「アサリの貝殻が体内から見つかった」というのも、本当にそれで「アサリを食べ尽くした」という根拠になるようなものだったのだろうか?という疑問は沸いてくる。一方、スズガモなどは確かに潜水して貝類を食べるが、昔から国内に沢山渡来しているスズガモが、今年に限って突如アサリを食べつくすような特異な渡来状況が果たしてあったのかどうか?については慎重に検証されるべきだと思う。

もちろんアサリを生活の糧とされている方々にとっては一刻も早く何かしらの対策が望まれるところだとは思うが、しかしもしも仮にカモが「濡れ衣」で駆除されるようなことがあると、単にカモ自身が気の毒だというだけでなく、何よりも肝心のアサリの回復にとっても一向に効果が上がらないということにもなりかねないわけで、ここはやはり他の生物や、環境のちょっとした変化などのあらゆる可能性を視野に入れた上で、冷静にアサリ減少の原因を考えることが必要だと思う。私もこの件を通して初めて知ったのだが、アサリについてはサキグロタマツメタという外来種の貝による食害が深刻だそうで、この辺との関連がどうなのだろう?というのかもかなり気になるところだ。ある生物の増減の原因というのは、実際は複雑で簡単には決め付けられないことも多いと思うし、マスコミもカモの種類も食性も考慮せずに「カモがアサリを食べ尽くした」と拙速に決め付けたような報道するのではなく、極力立場の異なる複数の機関に取材をするなどして慎重な対応をしてほしい。ともかくこの件については幸い地元の日本野鳥の会相双支部が取り組んでいるようなので、そちらの動きに期待したいと思う。

※上の画像はアオサを食べるアメリカヒドリ 2007年12月9日 千葉県船橋市で撮影
[PR]
by ujimichi | 2008-04-28 11:24 | カモ

2008年 04月 27日
夏鳥不調?
今年は今のところ近所の通過夏鳥はどうも不調で、今日は少し場所を変えて歩いてみたが夏鳥といえばツバメとイワツバメとヤブサメの声くらいのもの。一年前の今日はオオルリ・センダイムシクイ・エゾムシクイを確認しているのだが。

a0044783_1841129.jpg
ガビチョウ

a0044783_18205776.jpg
キアゲハ

a0044783_1827284.jpg
タマノカンアオイ
[PR]
by ujimichi | 2008-04-27 18:32 | 近所

2008年 04月 26日
長い名前の海老
曇から午後には雨になり、気温も低いので虫の姿は少ない。夏鳥はヤブサメの声と、時期とサイズからツツドリらしきトケンが飛んだのみ。

a0044783_16555395.jpg
ツバメシジミ

a0044783_1656672.jpg
クロモンベニマルハキバガ
コナラの葉上にお~っ!と感心するようなデザインのガを見つけた。帰宅後調べるとクロモンベニマルハキバガというやつのようだが、ちょっとこの名前長すぎて憶えにくいなあ。「ハシグロクロハラアジサシ」と同じ12文字だが、長いだけでなく意味がより解りづらい気が・・・。まあそれにしてもなかなか綺麗だし、前半分辺りを見てるとなんだかエビに見えてきて仕方ないのもちょっと面白い。

a0044783_16561747.jpg

黄色い花たち
[PR]
by ujimichi | 2008-04-26 16:14 | 近所

2008年 04月 23日
肩白鶯
バス通りではツバメが繁殖準備に入っている。ツマキチョウは相変わらずよく飛んでいる。林縁で囀っていたウグイスをよく見たらなぜか肩に白斑があった。

a0044783_1227230.jpg
ツバメ

a0044783_12272651.jpg
ツマキチョウ

a0044783_12271583.jpg
ウグイス
[PR]
by ujimichi | 2008-04-23 12:43 | 近所

2008年 04月 21日
4月20日のコガモ
4月20日に撮ったコガモの群。全ての個体は画面に収まりきらなかったが、この小さな川に45羽が集まっていた。

a0044783_22365428.jpg


ところでコガモとオナガガモというのは餌付けに関しては両極端な傾向を持っていて、コガモがいた場所で餌付けが盛んに行われるとオナガガモが増えてコガモがいなくなるということがよく起こる。餌そのものの好み等も原因としてあるのかどうかは知らないが、体がずっと大きく頸も長いオナガガモの方が餌の奪い合いにはるかに有利?ということは単純に想像できる。

この川ではパンを撒く人も時折見かけるものの、その量が少ないせいか冬季に見られるオナガガモの数も数十羽程度。コガモは基本的に餌付いていない。5年以上前?に、意図的にコガモを狙って投げられるパンを少しだけつまんでいる個体を一度見た記憶はあるので、厳密にはコガモも「絶対に餌付かない」とまでは言えないが、いずれにしろ餌付けに対するオナガガモとの習性の差は歴然としている。

ということは、例の「カモは餌付けのせいで太って渡らなくなる」もしくは「渡りが遅れる」という“メタボガモ伝説”が本当ならば、コガモではなくオナガガモの方が春になってもいつまでも残っている状況が観察されてもよさそうなものだが、もちろん現実はその逆。この川でも例年餌付いているオナガガモの方が先にいなくなり、餌付いていないコガモは春遅くまでそこそこの数が残っているのだ。今年は3月12日以来この川でオナガガモを見かけていない。
[PR]
by Ujimichi | 2008-04-21 22:53 | 餌やり規制問題について

2008年 04月 21日
MFでMF
a0044783_20552088.jpg午前中2時間ほど散歩。ツマキチョウが産卵しながらうろうろしていたので500mmMFでちょっと撮ってみる。♂よりは飛行速度が遅くて撮りやすいが、結局すぐに移動して遠くなってしまった。林床では今期初認のヤブサメが鳴いていて、ニガイチゴの上にこれまた今期初認のコミスジがいた。
コミスジ

a0044783_20553824.jpg
ツマキチョウ
[PR]
by Ujimichi | 2008-04-21 20:55 | 近所

2008年 04月 19日
はれのちくもり
a0044783_22255524.jpg
カワセミ
このところ見かけなかったカワセミが戻ってきていた。

a0044783_22251815.jpg
クロムネアオハバチ
別に色がド派手なわけでもなく、形が物凄く変なわけでもないのだが、なぜかとても目を引くものがあって思わず立ち止まった。帰宅後よくわからないままあれこれ検索してなんとかこの名前にたどり着いた。

a0044783_2232274.jpg
アリアケスミレ
先日近所にはないと書いたのだが、思い切りあった・・・(^^;。何度も来ているはずなのになんで気がつかなかったのだろう?実は別のポイントに以前からあるのはあるのだが、そこは管理側の趣味なのか知らないが、やたらといろんなものを持ち込んで植えるのが好きな公園内なので、どこまでが自生なのやらさっぱりわからない。
[PR]
by ujimichi | 2008-04-19 23:08 | 近所

2008年 04月 16日
法華経
このところウグイスがよく鳴いている。今日はなんとか少しだけ近くで撮れたが、一々枝やら何やらが被るところにいることが多くてやっぱりなかなか難しい。川にはコガモがまだ一番残っていた。

a0044783_12541325.jpg
ウグイス

a0044783_12543872.jpg
ウグイス

a0044783_12542646.jpg
コガモ
[PR]
by ujimichi | 2008-04-16 13:06 | 近所

2008年 04月 15日
メマトイ
今日は未明頃にトラツグミの声で目が覚めてびっくりした。別に森の中に住んでいるわけではなく単なる住宅地なのだが、さほど悪い環境ではないので時々こういうことがあるのが嬉しい。

a0044783_11472325.jpg
クヌギ

a0044783_11471192.jpgその後近所をひと回り。特に撮るものもなく林縁で休憩していた時、なぜか急に思い立ってあの鬱陶しいメマトイを自画撮りしてみた(笑)。。それにしても気持ち悪いとか怖いとかいうよりも、ひたすら「鬱陶しさ」をここまで極めた生物というのも珍しい気がするのだが、しかしこうしていざ撮影しようとしていると、いつの間にやら「早く寄ってこないかな~♪」と心待ちにしている自分にふと気がついて思わず笑ってしまった。
[PR]
by ujimichi | 2008-04-15 12:03 | 近所