「ほっ」と。キャンペーン


<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 30日
只野鴎
先日撮影の画像からカモメ。
a0044783_2521044.jpg

[PR]
by ujimichi | 2009-03-30 02:52 | カモメ

2009年 03月 24日
順序
先日の画像から1枚。

a0044783_2355611.jpg

暇な時ならまだいいのだが、例えば十分に証拠写真が撮れていない個体が現れて撮影に集中しているような時に、明らかに普通種がわかっていない人が、「今何がいるんですか?」「それどこが違うんですか?」とあんまりうるさいのでやむなくシカトした経験が実は何度もある。(笑)

何かと人をあてにして珍しい種を撮っては、わからんわからん、カモメは難しい、と言う人は以前から結構多いのだが、例えばこの画像を見て一発でオオセグロカモメ第1回冬羽だとわからないようでは、カナダカモメやアイスランドカモメがわからないのは当たり前だと思っていただきたいと思う。普通種を理解せずに珍鳥を見るというのは、キャッチボールができない人がいきなり野球をやろうとするようなもの。普通種の観察なら人に教わらなくてもできるはずだし、また普通種がわかればいつのまにか珍鳥も一々人に聞かなくてもある程度わかるようになるはずだ。というわけで前にも書いたことだが、もし本当に興味があるならまずは地道に普通種の観察から始めて頂きたいと思う。
[PR]
by ujimichi | 2009-03-24 03:21 | カモメ

2009年 03月 22日
12→3
最近気づいたのだが、3月に入ってからよく観察されている磨耗したカナダカモメ第1回冬羽は、1月19日に観察した個体とどうやら同一で、さらにそれは12月8日に観察した個体と同一だったはずなので、ということは12月から3月までの変化を追えていたことになる。同一個体のほぼ幼羽に近い状態から、ここまで磨耗・褪色した状態までを追えることはあまりないので画像を並べてみた。それにしてもこれがもし12月と3月のみの撮影だったら、さすがに状態が違いすぎて同一個体と判断することは困難だっただろうと思う。

a0044783_20243741.jpg
[PR]
by ujimichi | 2009-03-22 20:36 | カナダカモメ

2009年 03月 16日
2009.3.15 皇居の油曝カモメ
皇居・馬場先濠と日比谷濠で各1羽づつ、油曝したセグロカモメを確認した。今年は1月11日から計7回カモメ類の観察に訪れているが、油曝個体の確認はこれが初めて。油の発生元は全くわからないが、皇居のカモメ類は水浴びと休息を目的に東京湾方面から飛来するため、これらのカモメも東京湾のどこかで油曝した可能性が高いと思われる。タイミング的には前日3月14日の荒天の影響も考えられる。

この日のカモメ類はかなり落ち着きがなく、総数の把握はできなかったが、大よそセグロカモメ100+、(推定)モンゴルカモメ1、カナダカモメ2+、オオセグロカモメ10+、カモメ1、ユリカモメ10+ といったところ。

a0044783_2214584.jpg
セグロカモメ Larus vegae  2009.3.15 皇居・馬場先濠

a0044783_22141467.jpg
セグロカモメ Larus vegae  2009.3.15 皇居・日比谷濠
[PR]
by ujimichi | 2009-03-16 22:40 |

2009年 03月 15日
1w登場!
またも皇居。今回はカモメに落ち着きがなく、そこそこ集まっても全部飛んでしまったりで、あまり期待できないかなあ~、と思い始めたところで降りてきた第1回冬羽個体を見てびっくり。なんとまたもカナダカモメではないか!!

a0044783_23224057.jpg
カナダカモメ第1回冬羽(画面中央)
圧倒的な嘴の小ささに注目!かなり可愛らしく分かりやすい個体だった。ところでこの画像を見て「ん!?」と思った奇特な(?)人もいるかもしれない。実はなんと左後ろにももう1羽カナダカモメ風の成鳥が写り込んでいる。偶然にも写っていた初列風切P9のパターンは確かにカナダカモメに一致しているし、セグロカモメよりソフトな胸の斑の質も悪くない。ただしサイズはカナダカモメとすると比較的大きめの個体か。ところがこの時は第1回冬羽の証拠写真を押さえるだけで精一杯で全く気づいていなかった。確かに周囲に新たな個体がバラバラ降りてきていたので何か見逃すのでは、とかなり気にはなっていたのだが・・・。とりあえず経験上は大きめのカナダカモメ成鳥と言いたいところだが、さすがに今回はこの画像1枚で、しかも後で気づいたパターンなので今ひとつ実感がない。これは近いうちにまた確認に行かなければダメかも・・・。その後さらになんともう1羽第1回冬羽が降りてきたが、これは一瞬で飛んでしまい撮り損ねてしまった。それにしてもこの数年カナダカモメは明らかに渡来が増えているようだが、とはいってもかなりカモメを見慣れた人でないとセグロカモメなどのちょっとした変化等を誤認しやすいのでその辺りはご注意を。

a0044783_23222935.jpg
カナダカモメ第1回冬羽

a0044783_23225336.jpg
カナダカモメ第1回冬羽
[PR]
by ujimichi | 2009-03-15 23:23 | カモメ

2009年 03月 14日
イリュージョン?Ⅲ
a0044783_17471588.jpg先日の画像からワシカモメ。上下は同一個体で、上のわずか1分後に撮ったのが下の画像。初列風切の色の見え方の変化に注意。

ワシカモメは初列風切の色が明らかに濃すぎる場合にはオオセグロカモメなどとの雑種の可能性を考える必要があるのだが、これは実はそれほど単純ではない。ワシカモメ成鳥の初列風切はもともと背中よりはいくらか濃い灰色なので、雑種でなくとも光線状態によっては意外に濃く見えてしまうことがある。半逆光気味で見ていてひょっとして雑種か?と思っていた個体がくるりと向きを変えたらなんのことはない普通のワシカモメだったなんてこともある。また右翼の影が左翼にかかっているとかいったケースもあるので、どういう状態にあるのかを常に慎重に見る必要がある。なお明らかな雑種も時にはいることはいるがそれほど多いわけではない。
[PR]
by ujimichi | 2009-03-14 18:05 | カモメ

2009年 03月 11日
ブーム
a0044783_23293638.jpg

古い話だが、東京大手町のカルガモ親子がマスコミにもてはやされて変なブームになった時、わざわざ群馬だとかから見に来たという一般の人がテレビのインタービューに答えていて、「何も群馬からカルガモ見に来なくても・・・^^;」と我々バードウォッチャーは笑っていたのだが、今やひょっとしてバードウォッチャー自身がちょくちょくそれに近いことをやっているような気がする。以前は人が集まると言えば「珍鳥」というイメージが強かったが、最近は特に珍鳥でなくとも人気のある種でたまたま情報が流れた場所にわっと人が殺到することがあるようだ。もちろん色んな要因はあるのだろうが、ある場所のレンジャクに百何十人などというのは私の感覚ではやっぱりどう考えても尋常ではないと思う。

例えば昨日今日に機材を買い揃えたビギナーが、いきなり情報を元に有名ポイントを飛びまわる・・・ということも簡単にできてしまう便利な時代なのである程度仕方ないのかもしれないが、その前にせめて自宅から半径数キロの範囲の鳥を数年かけて徹底的に観察するといったことは、できることなら一度は経験してみてほしいと思う。そういう中でフィールドへの愛着も生まれるし、また他所へ行った時もそこをフィールドにしている人の気持ちにも想像力が働くようになるのではないかと思う。

ちなみに私が子供の頃初めてレンジャクを見たのは、当時住んでいた東京都目黒区の、林でも公園ですらもない単なる住宅密集地のど真ん中だった。最初に見た年はヒレンジャク2羽だけだったが、別の年には人家のピラカンサに数十羽がざっと降ってきてびっくりしたこともあった。それを見て喜んでいたのは家族の他には地元の友人数人のみ。当時は情報も機材も今からはまるで想像もつかないほど乏しく不便だったが、そのことでかえって自力で身近な場所を地道に観察する環境が、期せずして今より整っていたのかもしれない。
[PR]
by ujimichi | 2009-03-11 00:01 | いろいろ

2009年 03月 07日
今日もカナダ
手軽に行けるのをいいことにまた皇居。カナダは今日は来ないのかな?と思い始めた4時前頃、突然濠に舞い降りてきた。高空からバラバラ降ってくるセグロカモメを1羽1羽チェックする作業を何時間も続けた末のことなので、その違いはなおさら一目瞭然。着水する前にすぐそれとわかった。水浴びをした後ビルに止まって羽繕い・・・とそこまでは今までどおりだったのだが、今日はその後再度濠に降り、また飛び立ったと思ったらなんと頭の上の街灯に止まってしまった。それにしても東京のど真ん中でこんな形でカナダカモメに会うことになるとは・・・。結構ここが気に入っている風なので、毎年来て成鳥になってくれるとさらに面白いのだが。

a0044783_23361435.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  第2回冬羽

a0044783_23362951.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  第2回冬羽

a0044783_2336473.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  第2回冬羽
ここでは激しい水浴びで羽毛の重なりが一時的におかしくなっていることがある。この画像では左翼のP10がP9の上にきて変なパターンになっているし、他にもよく見るとあちこちこんがらがっているのがわかって面白い。
[PR]
by ujimichi | 2009-03-07 23:51 | カモメ

2009年 03月 05日
カナダ再び
先月22日に見たカナダカモメに再会できた。ここのカモメ類は一箇所に密集して水浴びしていることが多く、その中の1羽を撮影しようとすると常に動き回っているし他の個体に邪魔されるしで結構骨が折れる。その後しばしいつものビルの上で休息し、海の方へ出て行った。

a0044783_23434381.jpg
カナダカモメ第2回冬羽

a0044783_2344051.jpg
カナダカモメ第2回冬羽
[PR]
by ujimichi | 2009-03-05 23:50 | カモメ

2009年 03月 05日
15日後
せっかく近いので再度皇居へ。あの雑種は換羽が進んで随分綺麗になっていた。もっとも“綺麗”と言ったって♀なので依然茶色い地味なカモに変わりはないのだが・・・。とりあえず先月18日・22日のものと並べてみた。

a0044783_22415680.jpg

[PR]
by ujimichi | 2009-03-05 23:15 | カモ