<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
魅惑のブルー
今日もちょっと蝶の日。

a0044783_22115945.jpg
ルリシジミ
割と数が多いのでついつい有り難味を忘れてしまうところもあるが、こうして見るとなんて綺麗なんだろうと思う。

a0044783_22121089.jpg
ルリシジミ
一応ちょっとやってみたが画面の端っこにしか入らず。(^^;

a0044783_22122030.jpg
ホトトギス
声ばかりだったが突如2羽で飛んできた(ただしこの画像は同一個体)。どうも侵入個体を追い払いに飛び出してきたような雰囲気。広角をつけていたので咄嗟に500mmに付け替えてなんとか間に合った。たまにはもうちょっと近くでじっくり撮れたらいいのだが。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-31 22:31 | チョウ

2009年 05月 30日
蝶の日
雨が止んだのでこのところの運動不足解消も兼ねて歩いてきた。トンボは期待できる天候ではなかったが、その代わり蝶がいつのまにやら顔ぶれがだいぶ入れ替わっていて案外面白かった。曇り空にホトトギスの声が響いていた。

a0044783_20202880.jpg
ミズイロオナガシジミ
黒帯の発達した個体。これに遇うと少しばかり得した気分になる。

a0044783_2020469.jpg
オオミドリシジミ
真面目に探していないせいもあると思うが久々の再会。

a0044783_20205555.jpg
アサギマダラ

a0044783_2021472.jpg
ルリシジミ
足元は気にしないように。(^^;

a0044783_2020369.jpg
ヒメジャノメ
運よくいいところでクルクル回ってくれたので撮れた1枚。肉眼では速すぎて到底わからないことだが、右の個体は頭をこちら側へ少し捻っている。やっぱりこういう時は相手の方を見ているのか。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-30 21:31 | チョウ

2009年 05月 26日
百舌鳥と燕
今朝の散歩画像。モズとツバメが巣立っていた。この辺りも年々畑が住宅に変わりつつある。モズはあと何年いてくれるだろうか。

a0044783_96966.jpg
モズ

a0044783_963129.jpg
ツバメ
[PR]
by ujimichi | 2009-05-26 09:17 | 近所

2009年 05月 24日
ムカシヤンマ
何年もご無沙汰のムカシヤンマのいる丘陵へ。慣れない土地でポイント探しに時間をだいぶ使ってしまった。しかも何度も降りては来ても期待したほど愛想がよくないのでじっくり撮影とはいかずちょっと心残り。それでも午後になって産卵にきた♀をいくらか撮影できたのでとりあえずよかった。ところでムカシヤンマとムカシトンボというのはどちらもごく大雑把に言えば「谷筋の沢沿いで見られるトンボ」という言い方ができると思うが、といってもトンボファンなら周知の通り、幼虫の生活スタイルが違うので好みの環境も全然違う。一見似たような風景でもトンボの視点を借りるとしばしばまるで違うものに見えてくるところが面白い。

a0044783_919786.jpg
ムカシヤンマ♂

a0044783_8581150.jpg
ムカシヤンマ♀ 産卵

[PR]
by ujimichi | 2009-05-24 09:34 | トンボ

2009年 05月 21日
巣立ち
今日の散歩画像。林内では巣立ったシジュウカラが大騒ぎしていた。

a0044783_10415786.jpg
シジュウカラ 幼羽

a0044783_1042798.jpg
クロスジギンヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2009-05-21 10:49 | 近所

2009年 05月 20日
レンズ帰宅
ピント調整に出していたシグマ170-500mm。10日見てくれと言われていたところを一週間で昨日帰ってきたので午前中ちょっと試し撮り。ちゃんと治っていて思ったところにピントがくるので心地よい。何かの加減で気にならない時も多いので気のせいかと思っていたのだが、やはり気のせいではなく結構な後ピン癖だったようだ。2-3月のアイスランドカモメが後ピンでボツになった画像が沢山あるのが悔やまれるが、まあそれでも十分すぎるほど証拠は残せたのでよしとするか。

a0044783_13211747.jpg
カワセミ

a0044783_13205547.jpg
スズメ

a0044783_13213579.jpg
ツバメ

a0044783_13212776.jpg
テングチョウ

a0044783_1320454.jpg
クロスジギンヤンマ

a0044783_1321671.jpg
ヤブヤンマ
今期初認。ここでは6月に初認した記憶が多いので今年はちょっと早めな気もするが、数自体が少ないので単にその年のめぐり合わせの問題かも。他にコオニヤンマとコヤマトンボもいたが撮れず。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-20 14:38 | トンボ

2009年 05月 17日
水溜りの宇宙人
もう何年も前にヤンマのヤゴを見たことがある小さな水溜りを通りがかったのでふと思いついて何気なく傘の先でちょっと探ったら、なんとあっさり2頭のヤゴが出てきた。前の時は必要なポイントが撮れておらず、種類があやふやなままだったので今回はじっくり撮影。環境的にいかにもという感じだがやはりヤブヤンマのヤゴだった。ヤンマのヤゴというのはどうも裏返しにされるのが嫌いらしく、識別の注目点になる下唇部を撮ろうとしてもモゾモゾ動いてすぐうつ伏せに戻ってしまうので意外と大変。ところでこうして裏返してヤンマのヤゴの顔を見るたびに、一時期騒がれていた“宇宙人解剖フィルム”をなぜか思い出してしまう。

a0044783_15575267.jpg
ヤブヤンマ

a0044783_15572125.jpg
ヤブヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2009-05-17 16:08 | トンボ

2009年 05月 16日
レンズ留守
a0044783_21394830.jpgシグマ170-500mmをピント調整に出していることもあってこのところあまり写真を撮っていない。どうやら後ピン傾向があることは前から薄々気づいていたのだが、ちょっと手前の何かに合わせてみるとか、フォーカスロックをかけて微妙に体を引いてみるとか、ヘンな技をいつの間にか習得していた。(^^; いい塩梅になって戻ってくるといいのだが。(左の画像は特に関係なく先週17-70mmで撮影したもの)

ところでネット上に鳥の画像を公開するにしろ、他人の画像を閲覧するにしろ、その動機や目的は十人十色。たとえば私は識別に関心が強い方なので、他人の画像も識別の参考資料という視点から見てしまう癖があるのだが、これはもちろんその画像を公開している側が私と同じ意識であるとは限らないわけだ。これは考えれば当たり前のことなのだが、どうも自分の個人的な関心事や価値観に拘っているうちについつい忘れてしまうことがある。なんでもうちょっと真横で写っていないのだろうとか、なんで日付が書いていないのだろうとか、気づけば頭の中でぶつくさ言いながら見ていることがある。しかしちょっと昔を振り返れば、これだけ大量の画像を容易に閲覧できる現在はそれだけでも夢のように恵まれた時代なのだということに気づかされる。

親知らず抜歯後の経過(―どうでもいい?)は至って順調。痛くもならないのでもらった痛み止めも丸残り。ついでになんと肩こりも解消して体調がよくなった気がする。斜めに生えて手前の歯を思い切り圧迫していたので実は相当体調にも影響していたようだ。こんなことならもっと早く抜くんだったな・・・。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-16 21:51 | いろいろ

2009年 05月 12日
親不知
a0044783_22114586.jpg見事に斜めに生えてきていた親知らずがこのところ成長し、あんまりにも鬱陶しいので本日抜いてきた。抜いた歯を記念にもらってきたが、予想以上にでかくてコナラのドングリくらいもあるのにはちょっとびっくり。ちょっと画像を載せたい衝動に駆られたが、まああんまり綺麗なもんでもないので全然関係なく先日のムカシトンボを1枚。(^^; それにしてもかなりヘンな生え方をしていた割にさして痛みもないまま意外にあっさり抜けてくれたので助かった。
[PR]
by ujimichi | 2009-05-12 22:14 | トンボ

2009年 05月 10日
醤油屋さん健在
やや近所のヤマサナエが細々と生き残っているポイントを久しぶりに偵察。ここで記憶にある中では過去最多の6-7頭を見かけた。今日は時期や天候のめぐり合わせが良かったこともあるかもしれないが、以前より好適な環境が拡張されているのでそれなりにその効果が出ているのかも。サナエトンボ類の中では普通種とされる種だが、今や宅地化が進んで小島のような生息地が切れ切れに残っているような状況が多い。それにしてもなんだか急に暑くなったので体がついていかず少々バテてしまった。

a0044783_17243819.jpg
ヤマサナエ

a0044783_1723517.jpg
アカボシゴマダラ
今年も相変わらず普通に見かけている。

a0044783_1724372.jpg
オカタツナミソウ

a0044783_17242851.jpg
キビタキ
[PR]
by ujimichi | 2009-05-10 19:18 | トンボ