「ほっ」と。キャンペーン


<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 26日
鵜鷺
24日の近所画像2点

a0044783_849429.jpg
カワウ

a0044783_8465056.jpg
コサギ
[PR]
by ujimichi | 2009-12-26 08:52 | 近所

2009年 12月 24日
野性の顔
近所のオナガガモ。常に周囲の人の動きをよく見ていて、岸に人が近づくと一応寄っていく。どうやら餌をくれないとわかると興味を失ったようにおもむろに羽繕いなどをはじめ、やがて自分たちでせっせと餌を探し始めた。ある断片だけ切り取れば一見餌付けに頼りきっているかのようにも見える彼らだが、「太って飛べなくなる」「渡らなくなる」などといった創られた虚像に比べ、その実像ははるかにドライで野性的だ。

a0044783_2282491.jpg




[PR]
by ujimichi | 2009-12-24 22:48 | 餌やり規制問題について

2009年 12月 23日
灰頭
16日の画像から。ヒドリガモの群の中では頭部の灰色味がそれなりに目立つので、群を端から流して見ていると一々引っかかるが、でもアメリカヒドリとするには全体的にイマイチか?という印象だった個体。

a0044783_17304881.jpg
ヒドリガモ×アメリカヒドリ?♀ (左)

a0044783_1726095.jpg
ヒドリガモ×アメリカヒドリ?♀
[PR]
by ujimichi | 2009-12-23 17:35 | カモ

2009年 12月 21日
Green gloss
昨日午後の画像からコスズガモ。どうやらこの場所がすっかり気に入ったようで、11月7日の発見時と全く同じ位置にいた。少し離れてスズガモが60羽ほどいるのに相変わらず全く別行動。今までは曇天や斜光での観察が主だったが、今回は晴天ド順光で観察できた。

a0044783_21394770.jpg
コスズガモ

a0044783_21392674.jpg
コスズガモ

ところでコスズガモの頭の色は多くの日本の図鑑では「紫光沢」と書かれているが、実際はこの画像のように緑光沢が出るのはごく普通のこと。これは「中には例外的に緑光沢が出る個体もいる」という話ではなく、このような光線状態ではむしろ緑光沢が出る方が普通といっていい。これまで不忍池で撮られたもので紫光沢のものが多いのは、現場の立地条件からどうしても斜光~逆光で撮られることが圧倒的に多いからだろう。例えばこちらに北米で撮られたコスズガモの画像があるが、どれも見事な緑色光沢を呈している。しかも脇の換羽状態等を見ると、これらの画像は一個体ではなく、似たような条件下で何羽もの個体を撮っているらしいことがわかる。これはほんの一例で、他にも緑色光沢のある画像はいくらでも出てくる。現在はこうして簡単に外国の画像を多数見ることができるが、ネットが普及する以前はとてもこうはいかなかった。実は80年代のアメリカの図鑑でも、緑光沢が出ることはちゃんと書かれているものもあるのだが、以前だったら上の画像をいきなり「コスズガモです」と他人に見せても「雑種」だの「変なスズガモ」だのと散々な言われようだったかもしれない。
[PR]
by ujimichi | 2009-12-21 21:59 | コスズガモ

2009年 12月 20日
ズグロカモメ
なにしろ2000年代に入ってから冬はほとんど銚子通いが続いていて、よく考えたらデジタルではまともに撮影していなかったズグロカモメ。やっと良い条件で撮ることができた。ごく大まかな配色はユリカモメに似ていながら、それでいてプロポーションといい行動といい、実はまるで違う個性を持っているところが面白い。そういえば昔は今と違って写真自体を見る機会が少なかったので、実物を初めて目にした時の衝撃はかなりのものだった。

a0044783_2222466.jpg
ズグロカモメ

a0044783_22215056.jpg
ズグロカモメ

a0044783_22222253.jpg
ズグロカモメ

a0044783_22252736.jpg
ズグロカモメ

a0044783_22225926.jpg
ズグロカモメ (笑)
[PR]
by ujimichi | 2009-12-20 22:43 | カモメ

2009年 12月 19日
真弓目白
久しぶりに近所でのんびりとメジロなど・・・。

a0044783_23433615.jpg
メジロ
[PR]
by ujimichi | 2009-12-19 23:45 | 近所

2009年 12月 18日
あまりに漠然としたイメージ
少し前にも書いたが、「生態系を崩す」からとか、あるいは「野性を失わせる」から餌付けはいけない、というよくある言い方は、どうも「自然」と「非自然(人間界)」を無理に真っ二つに分けて考えているようなところにいつも違和感を覚える。実際には人間社会にも自然は複雑に入り込み、自然界にも様々な形で人手が加わっているのが現実であって、その間に明確な境界線を引くことは困難だ。だからといってどこでも無制限に餌付けをしてよいとか、今残っている良好な自然環境を安易に改変してよいと言っているのではもちろんないが、ただそれにしても餌付け云々という話に関してよく一般に語られる、自然vs人間という図式はあまりに単純で漠然としすぎている。

例えば餌付けによって鳥が人を恐れなくなることは、本当に野性を失う「悪いこと」なのだろうか?アマサギが水牛やゾウの背中に止まったり、田畑で耕運機の後を追いかけて虫を獲っていることと本質的に何が違うのだろうか?商店街や駅舎に巣をつくり、人間を用心棒として上手く利用しながら繁栄してきたツバメは「野性を失っている」のだろうか?また崖の代わりにビルや橋げたに生活拠点を見出したハヤブサやチョウゲンボウの生き方は「不自然」なのだろうか?古くから日本の稲作に上手く適応したアキアカネが繁栄してきたことは、人が栽培するキャベツを介してモンシロチョウが普通種として繁栄してきたことは「悪いこと」だろうか?全国各地に植えられているソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの交配によって生まれた人為的なものだからあらゆる場所から排除すべきだろうか?もちろん人間の介入度の低い優れた自然環境が後生まで残ってほしいとか身近に取り戻したいという思いは私自身にも大いにあるが、その一方で人間が自然に関わる行為を一律に否定し続けると、しまいには人間自身を否定するところまで行き着いてしまうのではないか、という気がする。

「カモは本来夜行性なのに餌を与えると習性が変わってしまう」と書いてあるものを見たこともあるが、実際に観察してみるとそもそもカモは夜行性と決まっているわけでは全くなく、場所や状況に応じて昼夜を問わずかなりランダムに餌を採っていることが多い。例のメタボガモ云々の騒動はまさしくその典型例だが、我々人間は鳥が本来どういうものかすらよく知らないまま、大急ぎで善悪論に飛びついてしまっていることが結構多い。もちろんここで餌付けを奨励する意図は全くないのだが、しかし少なくとも、「餌付けは悪い」「人が自然に介入してはいけない」といった画一的で漠然としたイメージではなく、もう少しこうしたことを一つ一つ掘り下げながら物事を冷静に考えてみる必要はあるように思う。


a0044783_1223820.jpg
遠浅の海で餌を採るヒドリガモ
ここではカモたちは干潮時に一斉に採餌し、潮が満ちると一斉に水面に浮かんで休んでいた。つまりここでは昼か夜かではなく、潮の干満による生活パターンが形成されているようだ。もちろん同じヒドリガモでも河川では人の少ない時を見計らって川岸やグラウンドに上陸して草を食むし、皇居のお濠ではキンクロハジロなどの潜水採餌ガモ類にまとわりついておこぼれにあずかるという面白い行動も観察される。我々人間は「夜行性」「昼行性」「良い」「悪い」といった言葉で物事を二分して考えようとするが、実際に観察してみるとカモたちは状況に応じてはるかに柔軟に多様な生き方を選択していることがわかる。
[PR]
by ujimichi | 2009-12-18 15:09 | 餌やり規制問題について

2009年 12月 16日
帰ってきたコスズガモ
11月7日にコスズガモを見つけた場所を再度覗いてみた。実は同月の12日にはいなくなっていたので全然期待はしていなかったのだが、今日はスコープで一流ししたら・・・「なんだいるじゃん!」というわけでいきなり視野に入ってきた。近くにはスズガモの小群がいるが、前回同様そちらには混じらずキンクロハジロと行動を共にしていた。

それにしてもここは相変わらず鳥が遠い。しかも無理矢理デジスコの倍率を上げている上に曇り空でひどく暗いので、まあ無理だろうと思いつつ何度か羽ばたきを撮ってみたら、奇跡的に一枚だけどうにかパターンが撮れていた。ちなみに12日に別場所のスズガモの群中で見つけた方の個体は、その時点で今日の個体より脇の換羽が進んでいたので別個体に間違いないことが改めて確認できた。この調子で次はできれば♀か♂1wでも見つけたいところだが・・・。

a0044783_2123159.jpg
コスズガモ♂

a0044783_21232665.jpg
コスズガモ♂
[PR]
by ujimichi | 2009-12-16 21:27 | コスズガモ

2009年 12月 14日
Smew
昨日撮影のミコアイサ3羽。昨冬いた♀は今のところ来ていない模様。

a0044783_10401136.jpg
ミコアイサ♂

a0044783_815523.jpg
ミコアイサ♂
[PR]
by ujimichi | 2009-12-14 10:55 | カモ

2009年 12月 10日
Green-winged Teal
アメリカコガモを3点。ただし肩羽は完全には生え揃っていないので経過をもう少し見てみたいところ。ところで北米には過去3度ほど行っているが、そういえば現地でアメリカコガモを見たことがない。カモメが主な目的だったこともあるし、カモも場所によって棲み分けていたりするので、たまたまいる場所に当たらなかったのだろう。

a0044783_2315292.jpg
アメリカコガモ ♂

a0044783_23154947.jpg
アメリカコガモ ♂

a0044783_23171617.jpg
アメリカコガモ ♂
[PR]
by ujimichi | 2009-12-10 23:32 | カモ