「ほっ」と。キャンペーン


<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 31日
キョクアジサシ
画像とスケッチは1988年8月7日 神奈川県川崎市多摩川河口、証拠写真のあるものとしては日本初の観察例となったキョクアジサシ。当時はもちろん日本の図鑑には載っておらず、冬羽や幼鳥が一体どんな姿をしているのか、参考になる写真すらほとんど手に入らなかった時代。この少し前に買った「Seabirds of the World」という写真図鑑で初めてキョクアジサシ幼鳥の写真を見て、「これならわかるぞ!」と期待を膨らませていた矢先の発見だった。あの日、いつになくアジサシが多いことをなんとなく気にしつつもシギチをスコープで1羽1羽チェックしていて、このパンダのような独特の顔がいきなり視野に入った時の、ゾクッ!と全身の毛が逆立つようなあの興奮は今も忘れることができない。

キョクアジサシはこの翌年の1989年7月、茨城県波崎で今度は父が見つけている。その後は千葉・茨城を中心に度々観察されるようになり、私も再度1992年8月に三番瀬で見つけている(―いくつかの写真図鑑にも載っている個体)。もちろんアジサシの大群の中に1羽見つかれば幸運、しかも1日で抜けてしまうことが多いので、確かにそうそう容易に出会える鳥ではないが、実際にはごく少数が毎年のように日本沿岸を通過していると考えるのが自然だろう。

今年は先日まで某所のキョクアジサシが随分盛り上がっていたようで、特に思い入れのある種なので行ってみてもよかったのだが、今年はいろいろあってあまり出かけられないのと、例によってカメラマン100人だのという数字を聞いた途端にやる気をなくしてしまって結局行かなかった。

a0044783_21394325.jpg
キョクアジサシ第1回夏羽(中央手前) とアジサシ 1988年8月7日 神奈川県川崎市多摩川河口
1st summer Arctic Tern Sterna paradisaea August 7th 1988 Tamagawa-river Kawasaki, Kanagawa, Japan

a0044783_21462471.jpg
キョクアジサシ第1回夏羽 1988年8月7日 神奈川県川崎市多摩川河口
1st summer Arctic Tern Sterna paradisaea August 7th 1988 Tamagawa-river Kawasaki, Kanagawa, Japan
[PR]
by ujimichi | 2010-07-31 22:08 | アジサシ

2010年 07月 26日
あれ・・・

a0044783_22464832.jpg
ヤブヤンマ♂

a0044783_2246523.jpg
ヤブヤンマ♀

今年は暑さにかまけて木陰でヤンマばかり見ていたら、某家さんにも某子さんにもあっさり先を越されてしまったようだ。さてどうしよう・・・。
[PR]
by ujimichi | 2010-07-26 22:52 | トンボ

2010年 07月 25日
短い方
いつもの辺りがなぜかこのところ不調続きなので、少し足を伸ばして新天地を開拓しに行ってみた。事前に経験から何となくこの辺かな~?というポイントを数箇所絞り込んでおき、その数箇所を汗だくで何度も往復してみる。ところが昼を回っても何のアタリもなく、もはや全然別の考え事をしながら機械的に行き来していたその時、視界の隅にあの形と色が!!やっぱりいた!しかも初めから第一候補と睨んでいたまさにその地点だったのには我ながらちょっとびっくり。結局これ1個体で終わってしまったが、これまでの探し方が単なるマグレ当たりではなかったことを改めて確認できたのが大きな収穫だった。

a0044783_0535719.jpg
マルタンヤンマ♂

[PR]
by ujimichi | 2010-07-25 00:56 | トンボ

2010年 07月 22日
猛暑
鬼もバテる暑さ・・・。

a0044783_18232052.jpg
オニヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2010-07-22 18:25 | トンボ

2010年 07月 21日
黄昏
今年はこれまで黄昏観察はサボっていたが、ほぼ例年通りに飛んでいるようで安心した。

a0044783_1261653.jpg

[PR]
by ujimichi | 2010-07-21 01:37 | トンボ

2010年 07月 19日
長い方
今日あたりそろそろ短い方かな?と思ったがやっぱりなぜか長い方ばかり。まあどちらも好きなので別にいいのだが。たまには三角な方でも・・・とも思うがさすがにここでは厳しいか。

a0044783_1972555.jpg
ヤブヤンマ♂

a0044783_1971530.jpg
ヤブヤンマ♂
[PR]
by ujimichi | 2010-07-19 19:12 | トンボ

2010年 07月 18日
角度に注意
何度も書いている内容と重複するが、2008年9月の画像から先日出したものとは別個体のチュウジシギ。この画像もチュウジシギにしては外側尾羽が一見随分細いように見え、バンディング等で真上から撮られた尾羽画像と単純に比べてしまうとむしろハリオシギの形状に近いようにも見えてしまう。しかし実際はこの個体の尾羽が特に細いわけではなく、むしろチュウジシギの尾羽はこの角度ではこう見えるのが全く普通のことだ。「ジシギは全身像は皆そっくりで何もわからないが、尾羽を開けば確実に答えが出る」―といった単純なイメージが昔から蔓延しているところがあるが、実際には尾羽を開いたところで見方に誤りがあれば十分誤認の原因にもなるし、逆に見方が適切であれば通常の全身像のみでも正しい判断がなされていることは決して珍しくない。なお現場でのこの個体の全身像の印象は何の違和感もなくチュウジシギのものだった。

a0044783_1049407.jpg
チュウジシギ
この画像は鳥に対して斜め前方から見る格好になっている。この角度では尾羽が細く見えることが多い。  

a0044783_10494810.jpg
チュウジシギ
上下は同一個体。尾羽の形状は見る角度でこれだけ印象が変わってしまう。したがってその時々の諸条件を正しく考慮に入れた観察が必要になる。
[PR]
by ujimichi | 2010-07-18 11:43 | ジシギ

2010年 07月 16日
今年も・・・
今日あたりそろそろよさそうなのでちょっと様子を見に。それらしい辺りをざっと見渡してすぐにヤブヤンマ♀を発見。撮っていたら♂も飛んできたがこちらは残念ながら傍を人が通ったのですぐ飛んでしまった。“短い方”は現れなかったがともかくいよいよ夏だなあという感じ。

a0044783_18203.jpg
ヤブヤンマ♂

a0044783_1815047.jpg
ヤブヤンマ♀
[PR]
by ujimichi | 2010-07-16 18:15 | トンボ

2010年 07月 16日
第一陣
そろそろ本州の平地でもジシギシーズン開幕という頃だが、早くも先週すでにオオジシギの第一陣を確認した。―ただしネット上で。(^^; 繁殖に参加しなかった放浪個体という可能性もないとは言い切れないだろうが、ともかく来ているところには来ているようだ。さすがにあんまり早い時期から炎天下を探し回る気になれないが、こんな風に家に居ながらにして渡来状況を把握できてしまうというのは毎年のことながらすごい時代だよなあと思う。画像は昨年8月撮影のオオジシギ。

a0044783_00036.jpg
オオジシギ
[PR]
by ujimichi | 2010-07-16 00:34 | ジシギ

2010年 07月 14日
コ×3
近所のトンボ3点。全部頭文字がコなのは単なる偶然。それにしてもコシアキトンボは相変わらず撮りにくい。コオニヤンマはだいぶ成熟して青白くなっている。今年初の赤トンボがコノシメというのはちょっと意外だった。

a0044783_14165324.jpg
コシアキトンボ

a0044783_14171282.jpg
コオニヤンマ

a0044783_14183315.jpg
コノシメトンボ
[PR]
by ujimichi | 2010-07-14 14:27 | トンボ