<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 25日
モンゴルセグロカモメ
すでに読んで頂いた方はお気づきと思うが、mongolicusの和名は今度のカモメ識別ハンドブック改訂版では「モンゴルセグロカモメ」とした。これまでは英名の「Mongolian Gull」を直訳してこのブログでも「モンゴルカモメ」と呼んできたが、この機会にアメリカセグロカモメ(smithsonianus)、カスピセグロカモメ(cachinnans)などとともに「地名+セグロカモメ」という形になるべく揃えたほうが良いだろうということと、一方で観察者同士の会話での略称は従来どおり「モンゴル」でいけるのもよいのでこの名前にした。「モウコセグロカモメ」はさすがに響きが古臭いし、「モンゴル」「Mongolian」で通っているものを今更あえて「蒙古」にすることもないかな、というところ。画像は2007年1月19日撮影の成鳥。難しい個体もよくいる中でなるほど納得のわかりやすい個体だった。

a0044783_011218.jpg
モンゴルセグロカモメ Larus (vegae/cachinnans) mongolicus
[PR]
by ujimichi | 2010-10-25 00:09 | モンゴルセグロカモメ

2010年 10月 20日
個体差
いろいろあってフィールドへ出れていないが、カモメシーズン開幕ということで昨冬2月の画像からちょっとカスピ風初列パターンを持つセグロカモメ。

a0044783_23204885.jpg
セグロカモメLarus vegae
こうした個体差や例外に出くわすと、大変だ大変だこれではわからない、という感じの反応を早速する人は時々いるのだが、私に言わせればこの程度のことで一々びびっているようではカモメはなかなか理解できない、と思う。コツとしては細部はよく見るとしてもそこだけ殊更取り上げて問題にするのではなく、常に全体をバランスよく見ることだ。
[PR]
by ujimichi | 2010-10-20 23:36 | カモメ

2010年 10月 17日
ネパールハクセキレイ
私は普段特に意識している鳥ではないので全くよく知らないのだが、ちょっとネット上で話題になっていて興味を持ったので、本来の分布域(ブータン)で撮られたネパールハクセキレイの画像を少し拾ってみた。

http://www.flickr.com/photos/49811170@N00/1301625327/lightbox/
http://www.flickr.com/photos/27651543@N08/3341797113/
http://www.birdforum.net/opus/Pied_Wagtail(ページ一番下の画像)

これらを見る限り静止時の雨覆は一見ほとんど白く見える。確かによく見れば一部グレーの斑(―黒斑が透けて見えているもの?)があるようだが、しかし翼をタイトに閉じていたり、周囲から肩羽や脇羽が被っていたりという野外での様々な状況で果たしてセグロセキレイとの差がどの程度出るものだろうか?という印象は受ける。いずれにしろ翼を開いたところや声も合わせて判断できればそれがベストなのだろう。ちなみにそういえば、以前中東に行った時に変な(つまり日本のとは亜種の違う)ハクセキレイや冠羽の長いでかいヒバリが足元を走っていたような記憶があるが、今のようにデジ眼もないし何しろカモメで忙しいので結局撮らずに帰ってきてしまった・・・。

画像は何の関連性もなく先日撮影したツミ幼鳥。

a0044783_23205756.jpg
ツミ
[PR]
by ujimichi | 2010-10-17 00:53 | 猛禽

2010年 10月 13日
Swift
今日も少しヒタキの様子を見に・・・と思って出かけたら渡り途中のアマツバメの小群に運よく出くわした。最初はさすがにあまりの速さに閉口していたが、それでもめげずにしばらく頑張ってみるとそれなりに撮れていた。それにしてもこんな半曇りの日にこんな速いものがここまで撮れるとは、今の機材ってよくできてるよなあと改めて関心。

a0044783_214681.jpg
アマツバメ


a0044783_21445298.jpg
アマツバメ


a0044783_214443100.jpg
アマツバメ
[PR]
by ujimichi | 2010-10-13 22:06

2010年 10月 13日
キンクロハジロ
この夏繁殖したキンクロハジロを再度見てきたが、9月19日に父が行った時の見立て通りやはり♂だった。それにしても見違えるように大きくなっている上に渡り組も北から続々到着しているので、かなりよく見ている人でない限りもはやどれがあの雛やらわからない状態になりつつある。

a0044783_21155617.jpg
[PR]
by ujimichi | 2010-10-13 21:18 | カモ

2010年 10月 08日
渡り
昨日の上空画像から2点。

a0044783_0361733.jpg
ムナグロ
ドバトの群れにしては変だよな?と思って写し止めたらなんとムナグロだった。シギチが降りるような場所では全くないので、たまにこういうのを見かけると「渡ってるんだなあ」という感じでちょっと嬉しい。以前春にチュウシャクシギが通ったこともあった。

a0044783_0361331.jpg
ツミとハヤブサ
最初木々の隙間から遥か遠く豆粒のように一瞬見えた時、チゴハヤブサがツバメを追いかけている!?のかと思ってしまったのだが、近づいて再度よく見たら何のことはないハヤブサがツミに絡まれている図だった。(笑) つまりあまりに咄嗟のことで条件も悪すぎたために、大きさがそれぞれ一段階ズレて見えていたというわけ。それにしてもハヤブサといえばツミなんかより遥かに大きなウミネコをねじ伏せてむさぼり食っている場面を何度も見ているだけに、よくもまあこんな怖い相手にちょっかいをかけるものだと思う。
[PR]
by ujimichi | 2010-10-08 00:52 | 猛禽

2010年 10月 06日
今日もエゾビタキ
今日も同じパターンでヒタキ。エゾビタキたちはすでに昨日とは違う場所にいて、コサメビタキも1羽現れた。

a0044783_225427.jpg
エゾビタキ

a0044783_2254561.jpg
エゾビタキ

a0044783_22541043.jpg
エゾビタキ
[PR]
by ujimichi | 2010-10-06 22:59 | ヒタキ

2010年 10月 05日
エゾビタキ
午後から所用があるのでそれまでに数時間ヒタキの偵察。見られたのはエゾビタキとキビタキのみだが、かなりハズレだった昨年よりはとりあえず順調のようで何より。

a0044783_22454434.jpg
エゾビタキ

a0044783_22454989.jpg
エゾビタキ

a0044783_2245495.jpg
エゾビタキ
[PR]
by ujimichi | 2010-10-05 22:56 | ヒタキ