「ほっ」と。キャンペーン


<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 29日
お約束
ジシギ探しといえばこれもお約束。紛らわしいからやめてくれよ・・・といつも思う。他には「ジェー」と鳴いて足元から飛び立つムクドリ、というのも一瞬ジシギ飛ばしちゃったかと思うので結構心臓に悪い。

a0044783_22595672.jpg
カルガモ

ところで去年もちょっと書いたが、沖縄で撮られたものでこれはなるほどと納得のいくオオジシギの画像が未だに見つからない。沖縄のチュウジシギ(―というかたぶん沖縄だけでなく大陸を通過するチュウジシギ?)にはどうも本州のものに比べてかなり淡色傾向があるようなので、この辺は相当注意が必要だろうと思う。
[PR]
by ujimichi | 2011-07-29 23:12 | 沖縄のオオジシギ?

2011年 07月 28日
かくれんぼ
引き続き先日のオオジ画像から。ジシギの個体数自体少ない近年ではまずこれに気付けるかどうかが観察の成否を分けるようなことも多い。

a0044783_1816265.jpg
オオジシギ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-28 18:19 | ジシギ

2011年 07月 27日
風物詩
先日のオオジシギ画像から一枚。この個体も初列風切が明らかに突出していた。この場合はおそらく三列風切の磨耗が関係していると思うが、三列風切が磨耗していない幼鳥でも突出する個体をよく見かける。またチュウジシギが特に突出する傾向が強いということもない。したがってこの点は種の識別とは全く無関係。・・・ってこの話ももはや夏の風物詩ですな。(汗)

a0044783_16341222.jpg

オオジシギ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-27 18:20 | ジシギ

2011年 07月 26日
二兎
今年もそろそろシーズン開幕!というわけで田んぼへ行ってきた。昨年オオジシギがいたあたりの畦をつぶさに探しても見つからず、これはひょっとして外したか・・・と嫌な予感がし始めた矢先に少しズレたポイントでようやく見つけて一安心。

a0044783_14502766.jpg
オオジシギ

a0044783_14503354.jpg
オオジシギ

それにしても毎年のことながらチュウジに比べて警戒心が強く、チラチラこちらを伺いながら遠ざかっていったり、畦の角を曲がってふっと消えてしまったりするので難しい。それでも昨年よりは草の低い畦に出てくれたりで、大体の雰囲気は撮れたところで日が高くなってさすがに暑くなってきた。オオジも再び遠めの草陰に潜ってしまって埒が明かなそう。

そこで何気なく遠くを見ると陽炎の彼方に黒々とした丘が見える。今まであまり意識していなかったが、この環境ならひょっとしてカトリヤンマでもいるんじゃないの?と急に脳内のヤンマアンテナが反応し始めたので試しに行ってみることに。まず着いた場所は雰囲気はよさげだが空振り、そこで丘に沿って少し北にポイントをずらして探し始めたらいきなり耳元をヤンマの影がびゅんとかすめる。あっ!と思った次の瞬間、目の前の枝にほんとにカトリヤンマが静止した。というわけで行き当たりばったりの割には思いの他効率よく事が運んでちょっといい日だった。

a0044783_145131.jpg
カトリヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-26 15:47 | ジシギ

2011年 07月 24日
くるくる
昨日撮影のヒメジャノメ。広角持っていけばもっとバッチリ撮れたのに残念・・・。

a0044783_16143185.jpg
ヒメジャノメ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-24 16:16 | チョウ

2011年 07月 23日
変化
先週の画像から。これまで未熟個体を見る機会自体が少なかったのでさほど意識していなかったのだが、♀の体型は成熟に伴って結構劇的に変化するようだ。画像右側の未熟個体は、発見時肉眼で見た時は腰がくびれて見えたので一見♂かと思ったのだが、腹端部の形状などをよく見たら♀だった。特に飛翔時の未熟個体雌雄の識別は案外要注意かも。

a0044783_2221993.jpg
マルタンヤンマ ♀

a0044783_2222317.jpg
マルタンヤンマ ♂未熟(左)と♀未熟(右)
こちらは未熟な雌雄の比較。こう並べるとやはり♂はさらにすらりとしている。腹端部の形状の違いに注目。
[PR]
by ujimichi | 2011-07-23 22:33 | トンボ

2011年 07月 20日
条件反射
さてそろそろ今年もジシギシーズン開幕のようだ。もう散々見てきたし今年はあんまり頑張らなくていいや―と毎年思うのだが、トンボを見に行った先で田んぼがあったりすると、まずそんなとこにジシギはいないのはわかっていても、ついつい癖で畦を覗きこんでしまうのだから習慣とは恐ろしい。

a0044783_22513352.jpg


いやそれにしてももう何年前になるのか、かなり以前に某紙媒体で見かけたジシギの記事は何度思い返してもあまりにヒドイ内容だった。内容に誤りがあるとか知見が時代遅れなだけならまだいいとしても、それに加えてやたらと上から目線の説教調。まさか今更参考にする人はいないだろうからまあいいのだけど。
[PR]
by ujimichi | 2011-07-20 22:55 | ジシギ

2011年 07月 18日
蚊取
20年ほど前にトンボにはまるきっかけを作ってくれた里山へ。ヤンマのいそうな木陰の暗がりを探し始めていくらもしないうちにあっさりとカトリヤンマを見つけた。この里山では以前から何度か見かけてはいるのだが、いかんせん数が少ないようで、なかなか思うように出会えない。今回はその上に生憎天気が予想より早く下り坂になったせいもあってか、他のヤンマも見つからず結局これ一頭で終わってしまった。

a0044783_1728816.jpg
カトリヤンマ

ところで私は都会育ちなせいか、カトリヤンマには独特の憧れを持っている。もちろん美麗種として名高いマルタンヤンマやヤブヤンマも好きなのだが、それ以上にとりわけ農村のイメージと強く結びついているのがカトリヤンマだからろう。本来はかなり数の多いヤンマで、黄昏時にはよく家に飛び込んできたとか、足にぶつかるほど群れ飛んでいたとかいった逸話を聞くたびに、そんな失われつつある日本の原風景の片鱗に少しでも触れておきたいという思いを強くさせられる。

a0044783_17282694.jpg
カトリヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-18 17:36 | トンボ

2011年 07月 16日
藪雄比較
この夏撮ったヤブヤンマ♂を4つ並べてみた。一番左は何キロも離れた場所なので当然なのだが、それ以外の3つもこうして並べてみると別個体ということがわかる。ただこういう場合かなり注意が必要なのは、撮影時の光線状態やカメラの設定によって色がかなり違って写ることや、僅かな角度の違いで模様が歪んで見えることだろう。というわけでそうした要素は当然差し引くとしても、じっくり見るとなるほど確かにここは違うなという点をいくつか見つけることができる。特に腹部第2節辺りの模様はわかりやすいかも。ところでどういうわけか最近私はヤブ♀に嫌われているようで、見つけてファインダーに捉えた瞬間に飛ばれてしまうということが2度も立て続けにあった。♂はこんなに撮れているのに実はこの夏まだ♀の静止を一度も撮れていない。

a0044783_22124749.jpg
ヤブヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-16 22:16 | トンボ

2011年 07月 14日
鬼嫁
a0044783_5555829.jpg
オニヤンマ

a0044783_5554217.jpg
オニヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-14 05:57 | トンボ