「ほっ」と。キャンペーン


<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 25日
ヒバリ
22日の画像。田んぼがあまりにダメなので、帰りにちょっと寄った河原でたまにはヒバリでも見るかと思ったのだが、結局まともに見られたのはなんとこの幼鳥1羽だけだった。いつでも見られそうな普通種を改めて見ようと思うと意外と見られない法則―ってちょっとあるような気も?する。よく見ると中雨覆が1枚換羽済みか。

a0044783_2155311.jpg
ヒバリ
[PR]
by Ujimichi | 2013-07-25 21:15

2013年 07月 24日
仰向け効果
昨日の画像。芝生に仰向けに寝転んでいたら、偶然視線の先の桜の枝先で、これがひらりと舞って元に戻るのが見えて存在に気付いた。この辺ではごく少ないながら時たま見かけるアカトンボ類。500㎜だからなんとかこれくらいに撮れたという高さなので、ここで寝転ばなければまず素通りしていただろう。

a0044783_2074738.jpg
ネキトンボ
[PR]
by Ujimichi | 2013-07-24 20:11 | トンボ

2013年 07月 23日
Bad News !
昨日やっとジシギ探しに出てみたものの、結局一羽も見つからず終了。昨年の今頃はささっとオオジ2羽を見つけて尾羽も撮れただけにがっかり。しかし、実はそれ以上に凹むことが・・・。田んぼに見慣れない看板が立っているので「なんだこれ?」とよく見たら、開発計画の概要云々という内容。しかも先の話ではなく、今年の稲刈り直後の10月着工で、このフィールドの心臓部といっていい田んぼが約6000㎡近くも潰れてしまうようだ。そもそもここは昔良かった場所が潰れて代替的に通い始めた場所。こうしてよいフィールドはどんどん遠ざかっていく。そしてそれ以上に、田んぼに依存する生き物の未来の厳しさを改めて痛感させられた。

a0044783_16454123.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2013-07-23 16:48 | ジシギ

2013年 07月 16日
バサバサ
今日たまたま目立つ場所に出てきたエナガを何気なく撮ったら、摩耗と換羽によりものの見事なバサバサ状態。この時期には色々な鳥でこういう状態は目にするが、一番暑い時期にこうなるのは体温調節という点からしても確かに理に適っているように思える。それにしても今日はこんなに涼しい(最近にしては)なら、やっぱりジシギ探しに行けばよかったかな・・・。

a0044783_1848157.jpg


a0044783_18481513.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2013-07-16 18:53 | 近所

2013年 07月 10日
シベリアオオハシシギ
ふと思いついて自室から化石のような古いスケッチを発掘。今から遡ること30年、1983年8月25日に多摩川河口で父と二人で見たシベリアオオハシシギ幼羽。今見ると「うわぁ下手やなぁ」と思うが、よく考えたら当時まだ小学6年生なのでまあこんなものかなとも思う。

a0044783_18175615.jpg

シベリアオオハシシギ 1983.8.25 神奈川県川崎市多摩川河口

当たり前だが当時はパソコンも携帯もデジカメもない。というか写真自体撮っていなかったので、ひたすらスコープに齧りついては観察・スケッチをしていた。そんな中、遥か陽炎の彼方の中州にいるオグロシギとオオソリハシシギの混群中に、父がこの個体を見つけた。といっても当時オオハシシギもシベリアオオハシシギもどちらも見たことがないし、そもそも出版物等で見られるシベリアオオハシシギの写真自体も確かまだかなり少なかったはずなので、発見当初は謙虚にも(?)オオハシシギではないかと話していたのだが、スコープの視野の中でゆらゆらしているこの個体と手持ちの図鑑の特徴を一つ一つ見比べていくうちに、次第にどう考えてもより珍しいシベリアとしか思えなくなっていく。あの時の識別過程の、じわじわと高揚していくゾクゾク・ワクワク感はちょっと未だに忘れることができない。

この個体は数時間後に飛び去ってしまい、たまたま後から来た人にも顛末は伝えたのだが、とはいえその日のうちに携帯情報で人が集まるような時代では当然なく、結局見たのは父と私の二人だけだった。そんなわけで、あんなにも不便でのんびりした時代の記憶が深く心に刻み込まれているだけに、近年何が出ても人混みをかき分けてまで見に行く気力がなかなか湧いてこないのは正直なところ。しかし一方で今は家に居ながらにして有り余るほどの証拠写真が見られるのだから、それはそれでとてつもなく恵まれた良い時代になったこともまた間違いなく事実かなあとも思う。
[PR]
by Ujimichi | 2013-07-10 18:27 |

2013年 07月 06日
ずぶ濡れ
もう少しでジシギシーズンということで、画像は昨年8月6日撮影のオオジシギ幼鳥。頭側線が異常に広く、まるで人の髪の毛のように垂れ下がっているため、一見随分と見慣れない容貌だが、実はこれ、30mm以上という激しい豪雨の直後の画像。つまり頭部の羽毛がさすがに雨をはじき切れず、ずぶ濡れになってしまったために起きた外見の変化。これに対して画像内の左下は約2時間半後の同一個体で、雨が上がって羽繕い・日光浴をした後なので、すっかり見慣れた姿に戻っている。

a0044783_20285564.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2013-07-06 20:33

2013年 07月 01日
イシガキヒヨドリ
放置気味なので穴埋めに、昨年9月撮影のイシガキヒヨドリ。またいつか行きたい気もするけど、さすがに今年行く元気はありません。しかしこの画像、見る度になぜかちょっとクマゲラを連想するんだけど。(笑)

a0044783_22214972.jpg
イシガキヒヨドリ
[PR]
by Ujimichi | 2013-07-01 22:30 | 石垣島