「ほっ」と。キャンペーン


<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 25日
今年も餌付け規制問題を考える
a0044783_20222020.jpgこの時期になるとあまり考えたくない餌付け規制問題をどうしても考える機会が多いので、以前と重複する点もあるが今年も少しだけ思うところを書いてみる。

 一例として、「餌付けによって日本のカモやハクチョウの数が増えると、繁殖地のシベリアの生態系を変えてしまう」というような言い方がある。つまり例えば数が増えれば彼らが繁殖地で餌としている特定の動植物がより消費され、またそれを餌としていた他の動物も減るというように、日本での餌付けの影響が思わぬ遠いところにまで及ぶ―といったことだ。

こうした言い方は確かに一見なるほどと思わせるのだが、そこでふむふむと感心する前に、何か重大なことを忘れていることに気付かなければいけない。特に日本ではこの戦後70年弱の間に、それこそとんでもない面積の湿地や干潟(―つまり彼らの餌場)が開発によって恐るべき勢いで失われているのであって、この時点で俗にいうところの「自然本来の生態系のバランス」は既に大きく崩れている。しかもこれは越冬地での個体数の維持、ひいては繁殖地への帰還率にとってはマイナスの方向へ崩れているはずであり、それを忘れて餌付けによる個体数の増加だけに注目していては、物事の本質を大きく見誤ってしまうことになりかねない。 

ただしここでくれぐれも誤解のないように書いておくと、私はもちろん餌付けがそのまま開発で失われた自然の代用になるとか、だからじゃんじゃん餌付けをしましょうと言っているのではない。オナガガモのように餌付けで増える種とそうでない種がいることを見てもわかるように、昔の豊かな日本の自然が支えてきたものと、餌付けで一部補填できるものは内容が大きく違うことは明らかだろう。 

ただそれにしても、近年の餌付け規制論は、とかく「餌付けの問題点」や「生態系への影響」を並べることに専心するあまり、上記のような人間が自然に与えている餌付け以外のありとあらゆる甚大な影響を含む広い視野をすっかり忘れた、極めてバランスの悪いものになりがちであることには強く疑問を呈しておきたい。またその際には、普段さほど鳥に興味がない一般人や子供でも光学機器を通さずに身近に野鳥の姿に触れられる―といった、餌付けについて考えられるプラス面はまるで無視される傾向が強いのも気になるところ。 

もちろん確かに今後考慮または解決されていくべき問題点もあること自体に異論はないが、例えば広大な野山を根こそぎ潰して造られたニュータウンの、コンクリートプールのような人工池に立つ「生態系に悪影響を与えるので餌付けは止めましょう」といった立看板の抱える矛盾といったものについては、ぜひ多くの人が冷静に見極めた上で物事を考えていってほしいし、ましてやどこでも単に餌付け禁止で鳥を追い出せば失われた“自然本来の生態系”が帰ってくるかのような誤解がこれ以上一般に広まることは避けたい。明らかな実害や危険性が認められるものを規制するのはともかく、このまま日本の隅々にまで画一的な規制が進むことについては、社会に精神的なゆとりの部分を残すという意味でも少し慎重であるべきではないかと考える。



[PR]
by Ujimichi | 2014-01-25 21:58 | 餌やり規制問題について

2014年 01月 22日
帰路にて
一昨日の画像からタゲリ。一日海ガモ観察をした帰り道、田んぼの上を数十羽の鳥影がふわふわと。シルエットながらあの独特の飛翔はタゲリ!というわけで、帰りが遅くなるのでどうしようか迷ったが、再度デジスコを組み立ててちょっとだけ撮影。結構久しぶりだけど相変らず惚れ惚れとするようないい鳥だった。 

  a0044783_16194664.jpg
タゲリ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-22 16:34

2014年 01月 21日
ビロードキンクロ3個体
a0044783_07050907.jpg
Melanitta deglandi deglandi 

a0044783_07042999.jpg
Melanitta deglandi deglandi

a0044783_07044382.jpg
Melanitta deglandi deglandi

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-21 07:52

2014年 01月 16日
RX100試写 その2
今日は一転晴天で。少し操作に慣れてきたこともあってなかなか好感触。といっても咄嗟の設定変更の際には、あれ?どのボタンだっけ?となることもしばしば。まあいずれ慣れるでしょう。
 
  a0044783_18152001.jpg
ヒヨドリ

a0044783_18153713.jpg
コガモ

a0044783_18155165.jpg
コガモ 

a0044783_18161101.jpg
カルガモ 
追尾フォーカスを使ってカルガモの眼を追ってみた。被写体や状況によっては意外と使えるかもという印象。

a0044783_18163840.jpg
ゴイサギ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-16 18:42

2014年 01月 15日
RX100試写
5年半使ったデジスコ機、Sony DSC-W300がさすがにボロボロなので、同じくSonyのDSC-RX100を購入。今日ブラケットと液晶フードも揃ったので、午後の2時間足らずだが近所の川辺で試写してきた。といっても私の場合機材に関してはいつも数年遅れだし大した知識もないので詳細は省くが、とにかく色々と良くなっていて撮りやすくなっていることは十分わかった。特に高感度は劇的に良くなっているようで、下の画像、1枚目のメジロはISO200、2枚目のヒヨドリがISO125、3枚目のオナガガモはISO1600だが、近い距離で大きめに撮ってこれくらいに縮小してしまえば一見ほとんど差がわからないのは嬉しい。今日のところは夕方近い曇天の薄暗い条件だったし、まだ今までの癖でしょっちゅう違うボタンを押してしまって右往左往している段階なので、これから使いこんでいくのが楽しみだ。

a0044783_20564126.jpg
メジロ

a0044783_20565408.jpg
ヒヨドリ

a0044783_20570706.jpg
オナガガモ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-15 22:09

2014年 01月 14日
コガモの色彩異常 
昨日の画像からコガモ。昨日の狙いはコガモを沢山見ることだったのだが、いかにもそれらしい川なのにものすごく少なくてかなりがっかりな結果になってしまった。


コガモ

 ところで最近ツイッタ―上でおかしな色彩のコガモが2件話題になっていたが、どちらも明らかに色が変な割に明確な他種の特徴が読み取れず、形もサイズも全くコガモそのもののようなので、雑種ではなくコガモの色彩異常と考えるのが妥当のように思う。鳥の色彩異常については二種類のメラニン(エウメラニン・フェオメラニン)の欠如や質的or量的な低下のパターンによって近年は主に6種類くらいに分類されているようで、その中には嘴や脚がピンクであったり、黒は減退しても赤・黄・茶色は影響を受けないものがあるので、雑種でなくとも“嘴の赤いコガモ”のような例が出現する可能性は十分あるように思う。 

ちなみに雑種について補足すると、海外の画像ではかなりとんでもない組み合わせのカモの雑種を見かけることがよくあるが、特にヨーロッパでは公園等で飛べないように翼端を切った水鳥を多数飼育している場所があり、 そうした移動を制限された中で同種の番の相手を見つけられず交雑の機会が高まる、またそれにより生じた雑種幼鳥が翼を切られる前に野外に脱出できてしまうといった状況があるようなので、その辺は少し割り引いて考えた方がいいように思う。

<参考文献>
British Birds January 2013, Colour aberrations in birds. 
Collins Bird Guide 2nd edition.



[PR]
by Ujimichi | 2014-01-14 16:05

2014年 01月 13日
川辺のビンズイとタヒバリ
今日は比較的近場の極めてマイナーな小河川を自転車で下りながらカモなどを見てみることに。結局カモは思いの外少なくてがっかりだったが、途中で思いがけず「ヅィー」という聞き覚えのある声が。え?これビンズイだよな?と空を見上げたり道沿いの木立を振り返ったりしたが姿がない。と思ったら目の前のフェンスのすぐ真下、川岸の護岸の斜面に生えた草むらを2羽が歩いていた。最近近所で見かけていないので久しぶりの対面だが、かなりの至近距離でもモソモソと歩きながら採餌していて逃げないことが多く、なかなか可愛い奴だなあといつも思う。ひとしきり撮影した後ふと下を見ると水際をタヒバリがトコトコ歩いていたが、そういえばこんなに短時間のうちに両種を続けて見たのって実は初めてかも。しかし同じ川辺に居合わせてもそれぞれやっぱりそれらしい位置にいるのは、当り前ではあるけど改めてちょっと面白かった。 

  a0044783_20431145.jpg
ビンズイ

a0044783_20434375.jpg
タヒバリ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-13 21:24

2014年 01月 05日
ヤマガラ
大晦日の画像から近所のヤマガラを1点。エゴノキの実を拾うのに忙しく、こちらがじっとしていれば結構近くまで来てくれる。普通種とはいえシジュウカラに比べれば分布は遥かに飛び飛びで局地的なので、自宅から徒歩圏内で気軽に見られるのはちょっと嬉しい。 

a0044783_23103201.jpg
ヤマガラ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-05 23:18

2014年 01月 04日
ホオジロガモ不在
昨日予想外とろころでホオジロガモを見かけたので、500㎜を持って再度出かけてみたが残念ながら不在。というわけで適当に今日のスナップショットを。 コガモは数ヶ所の合計で207羽をカウントした。一方以前は普通にいたヒドリガモをこのあたりでは近年ほとんど見かけない。

a0044783_20165100.jpg
コガモ 

  a0044783_20164343.jpg
マガモ 

  a0044783_20165868.jpg
チョウゲンボウ

a0044783_20181313.jpg
アオサギ 

a0044783_20170777.jpg
ハンガーだらけのカラスの巣


[PR]
by Ujimichi | 2014-01-04 20:38

2014年 01月 01日
明けましておめでとうございます
a0044783_09345895.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-01 09:36