<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 03月 30日
写真図鑑のビロードキンクロ
最近出た「野鳥図鑑670」という本は私は短時間の立ち読みしかしていないので、今回は全体的なレビューではなく、特に気になったビロードキンクロに絞って少し書いてみたい。既に気付いている方も多いと思うが、この本ではどういうわけかアラナミキンクロ雌の写真がビロードキンクロとして掲載されてしまっている。特に難しい鳥ではないので、単なる写真の取り違えかと思いたいところだが、実は以前からこの著者の方が同様の画像をネット上でも同じように間違えて載せているのを見ているので、やはり単なる写真の配置ミスではないようだ。

ビロードキンクロとアラナミキンクロは、もちろん雄同士はそれぞれとても特徴的で、初心者でも一度覚えれば識別は簡単。一方の雌同士も本当はいくつかのポイントを理解して見れば全く難しくないのだが、とはいえどちらも地味な黒褐色の鳥なので、初心者は迷うことも多いだろう。つまりこういうところでこそ正しい知識を提供するのが図鑑の大事な役割なのに、その図鑑が間違ってしまっているのは大変残念だ。ただアラナミキンクロに関しては、これまでの他の日本国内の図鑑も、後頸の白斑について解説に不備があるのは事実で、今回それもあっての誤認ではないかとは思うが、とはいえ雄と共通した独特の嘴基部側面の形状に注意すれば間違えることはない。また次列風切が少しでも見えればこれも決定的で、この掲載写真でも黒い次列風切が(小さくだが)見えている。もちろんこの2点は大型カモメによく見られるような、個体差やオーバーラップがあって難しいという類の特徴ではないので、もし著者がカモにあまり詳しくなかったとしても、海外の図鑑やウェブサイトを含めて少し広くリサーチするだけでも容易に解決した問題だろうと思う。

この本では他にオカヨシガモ雄をアカハシハジロ幼鳥と誤認している し、その他カモの雌雄・年齢等に関する間違いが非常に多い。またこれまでネット上でもこの著者の方が初心者の質問に対し、ホオジロ幼鳥をカワラヒワ、ウズラシギ幼鳥をアメリカウズラシギなど、大きく誤った回答をしているのを度々見てきている。私のように長く鳥に関わっている人間ならいざ知らず、初心者や一般人は図鑑に間違いがあるとは夢にも思わない人が多いし、名の知れた図鑑の著者の一言を鵜呑みにしてしまう傾向も強い。この辺りはもちろん私自身も重々気をつけなければいけないところだが、いずれにしても現在国内で市販されている図鑑の内容が実際どの程度の精度のものなのかというのは、やはり時には気付いた誰かが一般に広く知らせる必要はあるように感じている。

  a0044783_06013571.jpg
ビロードキンクロ 
嘴基部側面の形状、および三列風切の下に僅かに覗いている白い次列風切に注意。


[PR]
by Ujimichi | 2014-03-30 18:37

2014年 03月 24日
アイスランドカモメ亜種kumlieni
画像は前に出した気もするが、2005年12月にナイアガラで撮影したアイスランドカモメ亜種kumlieni。寒冷地でのアイスランドカモメといえば、大体こんな風に丸くモコッとした体型に短い嘴と足、というのが定番のイメージ。ところがそんな固定観念を根底から覆す動画が紹介されているのでこちらをぜひ。また拙著「カモメ識別ハンドブック改訂版」p.52にもこうした印象の変化を図解してあるのでぜひこちらも参考にしていただきたい。

a0044783_23145060.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2014-03-24 23:28 | アイスランドカモメ

2014年 03月 21日
カナダカモメ成鳥冬羽
画像は2週間前のものだが、皇居でしばしば観察されるカナダカモメのうちの1羽。昨年も出現率が高かった個体だがやはり今年も渡来した。初列風切はどちらかというと幾分濃いめの個体だが、特にアイスランドカモメ亜種kumlieniとの識別が問題になる北米東部やヨーロッパではむしろわかりやすいカナダカモメとして大歓迎される個体だろう。重要なポイントであるP9(外から2枚目の初列風切)は、翼先の開きが少ない状態では一見セグロに似て写ることがあるが、少し開けば典型的なカナダパターンが現れる。こうした個体はもちろん北米の画像でも豊富に見ることができる。その他頭の斑の質と出方、頭部や嘴の華奢さ、紫がかったピンクの目瞼まで全て典型的。背中の色が観察条件によってセグロとの差が出たり出なかったりもカナダカモメとしては普通のこと。いずれにしろある程度カナダカモメを見慣れた観察者なら識別は容易な個体だろう。なお最近「この鳥なあに」というサイト で初心者の質問に対して、なぜか回答者がこの個体をカナダカモメでないと思うと言っているようだが、見ての通りこれはごく普通のカナダカモメなので、ご興味をお持ちの方はできればぜひ海外の図鑑や画像等も含め色々と調べてご自身の目でご確認いただきたいと思う。

a0044783_19071283.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  成鳥冬羽
朱色やオレンジではなく、紫がかったピンク色の目瞼に注目。

a0044783_19071820.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  成鳥冬羽
頭部は周囲のセグロカモメより明らかに華奢で小さい。

a0044783_19102598.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  成鳥冬羽
翼先の開きが少ないとP9のパターンは一見セグロに似るので要注意。

a0044783_19081401.jpg
カナダカモメ Larus thayeri  成鳥冬羽
少し開けばカナダカモメの特徴のP9のパターンが出る。

[PR]
by Ujimichi | 2014-03-21 19:55

2014年 03月 12日
緊張カナダ
画像は2012年撮影のカナダカモメ第1回冬羽(右)とオオセグロカモメ第1回冬羽(左)。あえてとびきりわかりにくい画像を選んだが、実際現場で動いているところを見れば何のことはない普通のカナダカモメ。特に大きいとかわかりにくい個体という印象ですらなかった。カナダカモメはこうした緊張状態や強風時においては一見嘴や脚が短い鳥には全く見えないことがよくあり、オオセグロカモメやシロカモメ×セグロカモメなどと混同している方を時々見かけるので注意が必要。 

  a0044783_22314548.jpg
オオセグロカモメLarus schistisagus(左),カナダカモメLarus thayeri (右)

[PR]
by Ujimichi | 2014-03-12 22:47

2014年 03月 03日
雨のちアメコ
今日はウミアイサでも撮りに行こうと浦安方面へ出向くも、朝は雨がなかなか止まないし、ウミアイサは遠いし、他の鳥もイマイチ少ないし、挙句の果てになんと緑道造成だかの工事が始まっていて観察コースの大半が入れなくなってるしで散々な結果に。ところが諦めて行徳へカモメチェックしに行ったら、観察舎の真ん前にアメリカコガモがいてびっくり。後ほど観察舎スタッフの方にお会いしたので「ところであのアメリカコガモはいつからいるんですか?」と確認してみたところ、「ええっ!そこにいるんですか!?」と逆に驚かれてしまった。そんなこんなで怪我の功名で思いがけずアメコ第一発見者になるという、なんだか予想外な展開のちょっと不思議な一日だった。 

  a0044783_21490284.jpg
アメリカコガモ♂

a0044783_21482996.jpg
アメリカコガモ♂

[PR]
by Ujimichi | 2014-03-03 22:01