「ほっ」と。キャンペーン


タグ:オオジシギ ( 2 ) タグの人気記事

2011年 12月 22日
沖縄のオオジシギとされる画像Ⅱ
2012.10.13 追記:当該の画像は削除されたようです。

前回に引き続き、同じページ下部に掲載されている2008年9月3日撮影の個体についても言及しておく。この個体はもう少しは全身の様子がわかる画像が公開されているが、私には普通にチュウジシギ幼鳥に見え、これといってオオジシギらしい点が見当たらない。おそらく開いた尾羽の左側(逆立ち状態なので画面上では右側)が白っぽく見える点からオオジシギと考えたのかもしれないが、これに関してはまず尾羽基部に上尾筒が被っており、黒い部分を覆い隠している。さらに強い逆光による透過光が先端部の白味を強調している点にも注意が必要。これに対して右側(画面上では左側)については上尾筒の被りがなく、尾羽そのものが見えているが、黒色部が多いごく普通のチュウジシギのパターンといえる。オオジシギ幼鳥の尾羽がこの条件でこのように見えた記憶はない。上記の様々な条件を考慮すると、例えばこのようなチュウジシギとほぼ同様のパターンと見てよいように思う。全体のプロポーションや色模様もチュウジシギとして全く問題ない。

a0044783_21245380.jpg
オオジシギ Gallinago hardwickii 2011.9.5 神奈川県

ちなみにこうした鳥の識別については、それぞれの時代や地域における情報量、個々人の経験や力量によっては、様々な試行錯誤や紆余曲折はあって当然と思う。ただ、オオジシギは世界的に見れば日本周辺の狭い範囲でしか繁殖しない希少な種であり、環境省レッドリストでは準絶滅危惧種となっている。そうした種の渡来状況について、あまり不用意な識別によって「けっこういる」ような印象が広まってしまうことについては、やはり我々は多少なりとも問題意識を持つ必要はあるように思う。
[PR]
by Ujimichi | 2011-12-22 21:30 | 沖縄のオオジシギ?

2011年 12月 21日
尾羽パターンによるオオジシギ・チュウジシギの識別法について
現在かなり一般的になっている、外側尾羽の色パターンによるオオジシギとチュウジシギの識別法(オオジ=淡色・チュウジ=暗色)は、もちろん私より先に気付いていた諸先輩方は各地にある程度いただろうと想像するが、私がウェブサイトや「シギチドリ類ハンドブック」を通して一般に広く普及させた張本人であることは間違いない。であるからにはそれなりに責任もあると思うので、ここではこの識別法の適用範囲や有効性等について少し書いておきたい。

a0044783_15284168.jpgこれまでの私なりの観察経験や知りえた情報の範囲では、この識別法は少なくとも本州では多くの場合極めて有効である。オオジ・チュウジとも幼鳥の方が淡色傾向が強いように思うので注意が必要だが、ということは成・幼の区別をしっかりした上で適用すればさらに精度が上がる。また、それ以外の地域、沖縄や海外においても、外側尾羽が先端の白斑を除いてほぼ真っ黒に近く見えるようなタイプをチュウジシギと見ることは今のところほぼ問題ないように思う。

しかしながら、沖縄や大陸を通過するチュウジシギに関しては本州のものに比べて淡色傾向があり、白色部の量がオオジシギに極めて接近、もしくは重複する個体がどうやらかなりいるようなので、外側尾羽が白っぽいというだけでは軽々にオオジシギと判断することはできない。結局は大きさや全体のプロポーション、尾羽の枚数など、できる限り多くの特徴を観察し総合的に判断する以外にないと思うが、オオジシギの場合はそもそも、「尾羽の枚数が少ない」ことが特徴なので、仮に尾羽が撮影できたとしても、尾羽の脱落や重なりによって枚数が実際より少なく見えている可能性を考慮しなければならず、その辺りについてもかなり高いハードルがあることを認識しておく必要もある。また本州のチュウジシギに関しても、個体によっては淡色部が多めでいくらかオオジシギに接近していたり、尾羽の開き加減や見る角度によっては意外に淡色部が多く見えて誤認の原因になることもあるので注意が必要である。こう書いてしまうと沖縄でオオジシギを識別するのはほぼ不可能なような印象を与えてしまうかもしれないが、それでも典型的で判りやすいオオジシギが現れ、尾羽、全身像とも十分に特徴を捉えた写真がしっかり撮られれば、ある程度の確信を持つことはおそらく十分可能ではないかと想像している。
[PR]
by Ujimichi | 2011-12-21 15:32 | 沖縄のオオジシギ?