「ほっ」と。キャンペーン


タグ:キャンペーン ( 4 ) タグの人気記事

2007年 12月 11日
カモは元々太って見える
この問題にあまりいつまでも関わっていられないのでこれでひとまず最後にするつもりだが、ここでは公平を期して私が個人的にカモの餌付けに関して問題がありそうだと感じることや、この問題についての自分なりの考えをもう少し綴ってみる。

a0044783_1458197.jpgとりあえずカモの餌付けに関して私がよく気になるのは、鳥自身というよりもむしろその場所の環境との兼ね合いだ。例えば、コンクリートプールに近いような単調な環境の、しかも狭い池で大量の餌付けが行われ、池面をびっしりと埋め尽くすほどのカモがひしめいているような状況というのは、1980~1990年代の不忍池の動物園内の池では確かに常態化していた。あの状況だと、あれだけの数の鳥が池内に排出する糞の量と池自身の浄化能力の乏しさということをちょっと想像するだけでも、他の生物には極めて住みにくい環境だろうと思えるし、確かに健全な自然環境とは程遠いものだったようには感じる。[写真は1990年11月の上野不忍池(動物園内池)の様子。画面奥までホシハジロやキンクロハジロがびっしり埋め尽くしているが、このような過密状態は現在は全く見られない。]

また、カモ同士の関係というところでいうと、オナガガモのように餌付きやすく、エサの奪い合いに強い種だけが優遇されてどんどん増え、コガモのように餌付きにくく争いに弱い種が追いやられてしまうということがある。まあコガモはコガモで餌付けの行われていないちょっとした小河川や小池のようなところをうまく利用しているのをよく見かけるし、そのあたりは適当に住み分けていればさほど問題はない気もするのだが、しかしもし仮に全国どこもかしこも隈なく過剰な餌付けが流行してしまうと、さすがにかなり問題はあるのではないかという気はする。つまり、特に単調な環境の池等で過剰な餌付けが常態化すると、その場所は様々な生物が関わりあって暮らす自然環境ではなく、単なる(特定のいくつかの種の)カモの餌やり場、養殖場(?)に限りなく近い環境になってしまうということが言えると思う。

ただ、そういったことを考え合わせても、私はそれらがあらゆる場所で一律かつ高圧的に餌付けを止めさせるだけの根拠になりうるのかどうかについては極めて懐疑的だ。もちろん、餌付けが固く禁止され、自然本来のままの生態系の保全を最優先にした保護区のような場所というのもあってよい、というかむしろあるべきだと思うのだが、その一方で、ほどほどであれば餌やりも容認されるような、比較的自由で開放的な都市公園というのもある程度あってよいのではないか?と私は思う。もちろんこの辺に関してはきちんとした事実認識に基づいた情報があれば参考にさせていただき、それによって柔軟に考えを変える用意があるが、いずれにしても、護岸を自然なものに作り変えるとか、それに伴って植生の回復を試みるとか、外来魚を排除するとか、餌付けを殊更槍玉に上げるよりも他に都市公園で自然環境の回復のためにできることは沢山あるように思う。

近年、不忍池ではカモの数も以前から比べるとまさに激減といっていいほど減っているし、植生の回復が図られている部分もあり、理想的とは言わないものの私にはそれほどどうしようもなく不健全な状態にあるようには見えない。餌付けを善行と信じ大量の餌を撒く人に対し、あくまで正しい事実認識のもとに、「考えられる問題点を材料として提示し考えてもらう」という程度なら私も十分理解できるのだが、“自粛”や“防止”といった曖昧な言葉でカモフラージュしつつ、基本的な事実認識すら不十分なまま、「餌付けは悪」と決め付けたような言い方で一律に、あるいは高圧的にエサやりを止めさせようとするのはやはり違うのではないか、という気がする。ここは拙速にルールめいたものを作ることに飛躍するのではなく、今一度「正確な事実関係の把握」という最も基本的なところに立ち返り、「本当に餌付けは悪なのか?」「悪いとすればどの程度、どんな風に悪いのか?」も含めて全てを一から冷静に考え直すべきだろうと思う。

我ながらいささかしつこいとは思うのだが、以下は先日千葉県のS干潟で撮影したカモの画像。

a0044783_11451879.jpg

a0044783_1252510.jpg
ヒドリガモとオナガガモの群 2007.12.9 千葉県

「餌付けでこんなに太ってしまいました」「下腹にたっぷり贅肉がついている」などと言われたら世間の大半の人が信じてしまいそうな、見るからに丸々とした姿なのだが、実はここでは餌付けは行われていないのだ。まあ厳密に言うとここにいるオナガガモやヒドリガモの中には餌付けの行われている都市公園と行き来がある個体が混じっている可能性もないとは言えないのだが、少なくともこのアメリカヒドリやウミアイサは餌付けとは無縁と考えてよいだろう。アメリカヒドリは浅瀬でアオサを食べたり干潟で休んだりしているのを2時間ほど観察したのだが、その間飛んだのは人が干潟に侵入した時の一回のみ、しかも数メートルの高さに飛び上がっただけですぐ降りてしまった。ウミアイサは20分ほどの観察だが、飛んだところは確認していない。カモはもともと太って見える体型をしているし、そんなに頻繁に飛ばないのは普通のことなのだということを、一般の方には基礎的な知識として知っておいていただきたいと思う。

私もこの問題にいつまでも関わっていたくないのでこれでひとまず区切りをつけるつもりだが、件の「餌付けで太りすぎたカモ」なる言説はどうも既にかなり新聞やテレビで繰り返し流されてしまったようで、また巷ではそれを鵜呑みにしたかなりヒステリックな餌付け叩きの言動が恐ろしいまでに蔓延しているようだ。当ブログをご覧になっているバードウォッチャーは冷静に現実を見極められる方が多いと思うので、関心のある方は今後もぜひ継続して注目し、またもしも可能であれば一人一人の考えに基づいて何か有意義なアクションを起こして頂けたらと思う。

※“エサやり防止キャンペーン”関連についてのエントリは専用カテゴリにまとめました。今後は右の“エサやり防止キャンペーン”カテゴリからご覧ください。
[PR]
by ujimichi | 2007-12-11 11:46 | 餌やり規制問題について

2007年 12月 09日
ほとんど飛べません!?
a0044783_045684.jpg
オナガガモ 上野不忍池 2006.1.20

“エサやり防止キャンペーン”を推進する東京都環境局のサイトに、このキャンペーンのチラシのPDFがある。

その中に大きく掲載されているオナガガモの写真に吹き出しがつけてあり、「太りすぎたカモ? ほとんど飛べません!」とびっくり仰天するようなことが書いてあるのだが、これ果たして「ほとんど飛べない」ことを誰がどうやって確認したのだろうか??

私は「餌付けによって太りすぎて飛べなくなったカモ」だと確信を持てるような個体を見た経験は今のところ一度もないのだが、というかそもそも、カモというのはカモメじゃあるまいし、餌付けされていようとされていまいと元々そんなに頻繁に飛び回るような鳥ではない。越冬中は一日のほとんどの時間を飛ばずに過ごしているのは極めて正常なことであり、従って一羽一羽のカモが本当に「飛べない」のかどうかを確認するのは容易なことではないはずだ。また、万が一飛べない個体がいたとしても、餌付けとの因果関係を確認することはさらに難しいことだろう。

不忍池のような場所では確かにカモは人間が近づいても滅多なことでは飛ばないのだが、それは単純にカモが人間を敵と見なしていないからだと考えるのが自然ではないだろうか。象や牛の背中にサギが止まっている映像を見たことのある人も多いと思うが、鳥というのは相手が敵ではない、あるいは益をもたらす動物であれば、それがどんなに大きな相手だろうと平気でそばにいるものなのだ。

このチラシに掲載されているオナガガモは、飛行に最も重要な役割を果たす初列風切も正常に揃っているし、翼が折れているとか、羽毛が痛んでいるとかいった様子もないし、無論アヒルのように異常に太っているわけでもないし、写真を見る限り私には全く飛行に支障があるような体には見えない。「飛ばない」からといって安直に「飛べない」という判断をもしもしているとすればあまりにもお粗末な間違いだと言わざるを得ないし、むしろ間違いどころか下手をすれば捏造と受け取られかねない種類のものではないか?と私は感じる。単なる一般人ならまだしも、役所が大々的に呼びかけるチラシに果たしてこんないい加減なことを書いていいのだろうか。

ちなみにこのキャンペーンの担当部署は―

東京都環境局自然環境部計画課
電話 : 03-5388-3505
メール: S0000631@section.metro.tokyo.jp

というところだそうだ。私はすでに昨夜、ここにキャンペーンのあり方を考え直していただきたい旨のメールを送ってみた。当ブログをご覧になってこの問題に関心をもたれた方、もしよかったらこちらの部署まで一人一人のご意見や質問等を届けてみてほしいと思う。これは私の意見に賛同してくれということではなく、一部の人の見方や誤った事実認識でもって物事が決められていくことに危機感を覚えるので、ぜひとももっと多様な立場の人の声が届けられるべきだと思う、ということだ。

ちなみに、一般の人の中にはアヒル(→元々飛べない)を「飛べないカモ」と思って見てしまう人や、夏季に初列風切換羽中のカモ(→一時的に飛べなくなるが野生本来の全く正常な現象)を餌付けのせいで飛べなくなったと早合点する人がいる、あるいは今後続出する可能性は大いにあると思うので、このあたりも非常に気になるところだ。


最後に、誤解されるのは困るので念には念をというわけで毎回付け加えることにするが、私はエサやりを止めさせようとする根拠や説明のしかた、といった極めて重要な部分があまりにもおざなりなままキャンペーンが驚くほど性急に推し進められていることに強い疑念を呈しているのであり、餌付けそのものに何も問題がないと言っているわけでは決してない。
[PR]
by ujimichi | 2007-12-09 23:46 | 餌やり規制問題について

2007年 12月 09日
本当にこの程度なのか?
もう止めたいのだが、あまりにもすごいので引き続き“餌やり防止キャンペーン”関連。12月8日付けのスポニチ社会面の記事を見てあまりのアホらしさに頭がクラクラしてきた。

まずこの記事に掲載されている写真だが、首を縮めた不忍池のオナガガモと、“通常の”と称する首を思い切り伸ばしたマガモの写真を並べ、オナガガモの方を「“脂”がのってそうだ・・・」と書いてあるのだが、まあこんなものは一切何の比較にも説明にもなっていない、極めていい加減な代物であることは一目瞭然だろう。そもそも別種の写真を並べている時点で比較写真として致命的なのだが、私にはどう見ても別段どちらが太っているとも痩せているとも見えないし、ここまで見事に撮影条件の違うものを並べて一体何が「“脂”がのってそう」なのだろうか。

また、「4月になっても居座るカモが近年見られるようになった」ことをさも異常なことのように取り上げているが、4月というのはまだまだこれから段階的に渡去が続く時期であって、残っているカモがいることはちっとも異常なことではないのはまあ鳥屋の間では常識だろう。以下に、私がまだ小学生の頃、1983年のフィールドノートが出てきたので紹介する。餌付けが全く行われていない大井埠頭の、しかも5月1日の記録だ。

a0044783_1361053.jpg

見ての通り、コガモ25±、オナガガモ4、キンクロハジロ10、スズガモ5、となっている。新聞記事内に書かれている言説がいかにいい加減なものかがわかる。

それにしてもちょっと信じがたいのだが、“餌やり防止キャンペーン”というのは本当にこの程度の認識でもって行われているのだろうか?もし本当にそうであるのなら、申し訳ないが私はこのキャンペーンは中止して頂きたいと思っている。もちろん、メディアに取り上げられる段階で推進者側が本来意図したものより話が大袈裟になったりニュアンスがズレたりしている可能性もあると思うので、もし万が一そうであるならば、推進者側の責任として誤解を極力解消する努力をして頂きたいと思う。

毎度しつこく繰り返すが、私は餌付けに何も問題がないと言っているのではない。あくまで、現在展開されている“餌やり防止キャンペーン”と称するものが、その「根拠」や「説明の仕方」という一番肝心な部分において極めていい加減なものにしか見えないということだ。まあ、本当にそんなことを言ったのかどうか私は知らないが、スポニチ記事の最後にある「とことんやっていきたい」という言葉には背筋が寒くなるような嫌悪感を覚えた。

a0044783_057667.jpg
餌付いていない多摩川のコガモたち 2007.10.21
[PR]
by ujimichi | 2007-12-09 00:06 | 餌やり規制問題について

2007年 12月 07日
ムード的な“餌やり防止キャンペーン”に対する疑問
どうも世の中が変な方向に行っている気がしてならないので、しつこいようだが再度このネタをとりあげる。そこで、まずはじめにはっきりさせておきたいのだが―

a0044783_2341899.jpg


「カモの餌付けはしばしば世間が言うほどの善行でもなければ悪行でもない。」

簡単に言えばこれが私の餌付けに対する基本的な考え方だ。


思い返せば数十年前には餌付けを善行と捉える人の割合が今より随分高かったようで、不忍池でも上野動物園側がむしろ率先して盛大に給餌を行っていて、カモが池一面を覆い尽くすほどの過密状態だった。その後、動物園側が給餌を止めてから後にも、自転車の荷台に仰天するほど大量のパンを満載し、餌付けというよりほとんどパンの大量不法投棄?と見まごうようなものすごい餌やりを日課にしているようなおじさんをよく見かけたものだ。

無論、私も確かにあれはあれでいろいろな意味で決して好ましい状態ではなかったように感じるのだが、しかし、どうやら最近はその反動なのか知らないが、今度は根拠の曖昧な餌付けバッシングが一気に流行しつつあるようで、世の中極端すぎて全く付き合いきれないよな、というのが正直な感想だ。ここ最近、餌をやるとカモが太って飛べなくなる、北へ帰れなくなる、夏の猛暑で死んでしまう、猫に襲われる、等々といったことがまことしやかに語られ、また一部メディアにも取り上げられたらしく、だから餌付けは止めましょうというキャンペーンが展開されているようだが、果たしてそれら餌付けの弊害として言われていることのうちどこまでを、誰がどんな風に具体的に確かめたのか、そのあたりがさっぱり見えてこない。どう見ても外見上普通のカモとしか見えない写真が堂々と「餌付けで太ったカモ」として紹介される現状を見ていると、どうも事実関係の把握が極めて曖昧なまま、「こういう心配があるのではないか?」程度の発想で運動だけが性急に盛り上がっているように思えてならず、この辺がなんとも嫌な感じがする。そもそも他人の行動を制御しようというキャンペーンを展開するには、まず第一に正確な事実関係の把握が何よりも不可欠であり、その上できちんと筋の通った説明がなされなければ話にもならないと思うのだが、そうした最も重要な部分がいくらなんでも曖昧すぎるのではないかと思う。

ちなみに、大量の餌が撒かれているところでは、見かけからはわからなくてもそれ相応にカモが太っているということは理屈の上からはもちろんありえる話だと思う。しかもカモというのは元々ある程度太って見える体型をしているものなので、「餌付けで太っている」と言われればああ確かにそうかなと思ってしまう人が多いだろう。しかし、ここで鳥類画家の立場から一言言わせてもらえば、鳥というのは全身が羽毛で覆われているために、太っている、痩せている、ということを外見から判断するのが実は極めて難しい生き物なのだ。餌付けされているカモが太っていると主張し、ましてやそれによって運動を展開しようというのであれば、せめて餌付いていないものと厳密に公平な条件で、しかも多数の個体で比較するくらいのことはしないと話にならないと思うのだが、そうではなくてむしろダウンジャケットを着ている人を肥満呼ばわりしているのとあまり変わらないレベルの、極めて主観的な言い方やあやふやな伝聞的な言い方ばかりがやたらと目立つのが非常に気になるところだ。また、そうした言説が一旦新聞やテレビなどのメディアに出てしまうと、実は根拠の不確かなものであってもあたかも既成事実のように一般に認知されてしまう危険が大きく、この辺も非常に恐ろしいところだ。

下の2枚の写真は10月21日に多摩川で撮影した1羽のヨシガモの、たかだか1分以内の姿だ。鳥というのは羽毛の状態や姿勢一つでこれほど体型が劇的に変化して見えるものなのだが、キャンペーンを推進する方々はこの写真をどう捉えるのだろうか。このヨシガモは実際は餌付いていないのだが、もし「左が餌付けで太っているカモです」と嘘を言ってもあっさり納得してしまう人が案外多いのではないかと思う。

a0044783_23135996.jpg


この前も書いたとおり、私は餌付けをわざわざ奨励する気などまるでないし、餌付けに問題がないと主張しているわけでも全くない。むしろ、もし本当にきちんとした事実認識に基づいて餌付けを問題にしている方がいるのであれば、それはそれでもちろん傾聴すべきところは多々あると思うのだが、しかし少なくとも現時点で方々で目にする餌やり自粛?防止?キャンペーンに関しては、私の目には極めてムード的かつ押し付けがましいものにしか映らず、到底賛同する気にはなれるようなものではない。世の中というのはしばしばあるきっかけで「これは悪いことだ」ということになると、中身が落ち着いて吟味されることなく極端から極端へとわーっと走り出して歯止めが利かなくなり、無意味な揉め事が増えたり本来全く傷つく必要のない人が傷ついたりということがよく起こるが、そういうおかしなことにはなってほしくないものだと思う。

a0044783_054733.jpg

最後にもう一つ参考画像。先ほどのヨシガモと同日同所で撮ったもので、コガモ3羽とヒドリガモ1羽が写っている。これらも餌付いていないのだが(コガモは普通に見られるカモの中でも最も餌付きにくい種だ)、どう見えるだろうか?餌付いていないから痩せて見えるだろうか?いろいろな場所でカモを見る機会がある方は、ぜひ自分の目で事実を確かめてみてほしいと思う。



※ちなみに冒頭のオナガガモの画像だが、足が極端に小さくて変な体型に見えるのは広角レンズによる歪みであって、餌付けでおかしくなったわけではないので念のため(^^;

[PR]
by ujimichi | 2007-12-07 21:23 | 餌やり規制問題について