タグ:野鳥図鑑670 ( 2 ) タグの人気記事

2014年 04月 07日
写真図鑑のカナダカモメ
再び「比べて識別 野鳥図鑑670」 関連の話題。

a0044783_05472553.jpg

まず上の2つの画像を見て頂きたい。これを見て「右の個体の方が足が長い」と思った方は、ひょっとすると日頃からカモメ類の見方を大きく誤っているかもしれないので、以下の文章は是非とも読んでいただきたいと思う。

というのもこの2つの画像、実は同じ日に同じ場所で撮った同一個体※だからだ。左は14時42分、右は13時52分の撮影で、この間一度も目を離していないし、そもそも似た個体はいないので同一であることは100%確実。1羽のカモメの見た目は、姿勢や羽毛の状態だけでこれほど劇的に変化するという事実をまず理解して頂きたいと思う。

もう少し詳しく説明すると、左の画像は水浴び後の羽繕いの最中で、腹部の羽毛を膨らませているために、脛(すね/tibia)が隠れて足が短く見える状態。右は浅瀬で活発に採餌中で、腹部はもとより全身の羽毛をピタリと寝かせ、脛を突き出しているために足が長く見える状態だ。 カモメ類はこのように、羽繕い/休息時よりも採餌中/緊張時の方が、また寒冷地よりも温暖な地域の方が、羽毛を寝かせていて足が長く見えるという現象が顕著にみられる。特に波打ち際などで足が水に浸かる場所での採餌中には、腹が水面に付くのを嫌うのか理由は定かではないが、足を非常に長く突き出して動き回っていて、一見全く別の鳥のように見えることもよくあるので注意が必要。この辺りは一個体をある程度きちんと追跡観察していればわかることだが、カモメ類の体型を見る際の基本的な注意事項といっていいだろう。

a0044783_13343449.jpgそれでは1羽のカモメ類の足が、見かけ上ではなく本当に長いか短いかをどう見極めればいいのか?というと、上述のように姿勢や羽毛の状態によって見え隠れする脛(すね/tibia)を含めた長さを見るのは誤りの元なので、跗蹠(ふしょ/tarsus)の長さを見る方が正解といえる(それぞれの部位は左の画像を参照)。跗蹠なら羽毛に隠されることがないので公平な判断がしやすく、特に防波堤上のカナダカモメやアイスランドカモメは、周囲に並んでいるセグロカモメ等と直接比べると、跗蹠が短いのがよくわかることが多い(ただし計測値では個体によりオーバーラップがあることにも注意)。
なおかなり以前にBirder誌上で森岡照明氏が、銚子で撮影されたアイスランドカモメ(「日本の野鳥550水辺の鳥」掲載の個体)を検証し、一緒に写っているセグロカモメとの跗蹠長の比較などからアイスランドカモメとの結論を導かれていたが、これは足の長さの見方という意味では至極真っ当なアプローチと言えると思う。

ところが最近出版された「比べて識別 野鳥図鑑670」では、カナダカモメのページにおいて、腹部の羽毛を極度に膨らませた個体の写真に「足の短い個体」という説明がなされ、腹部の羽毛を寝かせている個体の写真には「足の長い個体」という説明が加えられているが、この説明の仕方は言うまでもなく全く間違っている。これでは著者の方は上述のような状況による変化をまるで理解していないように見えてしまうし、何よりも読者が実際の野外観察でこの本の写真と説明に従ってしまうと、同一個体がその時々の状況によってコロコロと別個体(または別種)と判断されてしまいかねず、図鑑としては大変問題のある記述と感じざるを得ない。

また同様にシロカモメのページでも、明らかに腹部の羽毛を膨らませた写真を、足が短く初列風切が長くてアイスランドカモメと誤認されるタイプ―というような説明をしているが、無論これも「タイプ」でもなんでもなく、そういう「状態」でしかないことはここまで書いたことからもよくわかると思う。もちろん海外の図鑑等の計測値からも、カモメ類はどの種も跗蹠の長さ自体にもかなり個体差があるのは事実だが、それと上述のような脛の見え隠れによる見かけ上の長さの変化を混同してはいけない。「極力条件を揃えて比較する」というのはカモメ識別に限らずものの見方の一番の基礎。まして「識別」をタイトルに掲げた図鑑を執筆するのであれば、無用な混乱を助長しないためにもこうした基本的なところをもう少し勉強して頂きたかったと思う。


※冒頭の画像は通称“2号”個体。2009年に見つかったkumlieniタイプの個体のうちの2個体目という意味でこう呼ばれている。2009年時点ではアイスランドカモメ亜種kumlieniと考えられた が、後年の継続観察によって、初列風切のパターン からカナダカモメとの中間個体/雑種と見るのが妥当と判断した。下は参考に冒頭と同じ画像の背景を切り抜く前の状態。

a0044783_13143125.jpg



[PR]
by Ujimichi | 2014-04-07 19:00 | カナダカモメ

2014年 03月 30日
写真図鑑のビロードキンクロ
最近出た「野鳥図鑑670」という本は私は短時間の立ち読みしかしていないので、今回は全体的なレビューではなく、特に気になったビロードキンクロに絞って少し書いてみたい。既に気付いている方も多いと思うが、この本ではどういうわけかアラナミキンクロ雌の写真がビロードキンクロとして掲載されてしまっている。特に難しい鳥ではないので、単なる写真の取り違えかと思いたいところだが、実は以前からこの著者の方が同様の画像をネット上でも同じように間違えて載せているのを見ているので、やはり単なる写真の配置ミスではないようだ。

ビロードキンクロとアラナミキンクロは、もちろん雄同士はそれぞれとても特徴的で、初心者でも一度覚えれば識別は簡単。一方の雌同士も本当はいくつかのポイントを理解して見れば全く難しくないのだが、とはいえどちらも地味な黒褐色の鳥なので、初心者は迷うことも多いだろう。つまりこういうところでこそ正しい知識を提供するのが図鑑の大事な役割なのに、その図鑑が間違ってしまっているのは大変残念だ。ただアラナミキンクロに関しては、これまでの他の日本国内の図鑑も、後頸の白斑について解説に不備があるのは事実で、今回それもあっての誤認ではないかとは思うが、とはいえ雄と共通した独特の嘴基部側面の形状に注意すれば間違えることはない。また次列風切が少しでも見えればこれも決定的で、この掲載写真でも黒い次列風切が(小さくだが)見えている。もちろんこの2点は大型カモメによく見られるような、個体差やオーバーラップがあって難しいという類の特徴ではないので、もし著者がカモにあまり詳しくなかったとしても、海外の図鑑やウェブサイトを含めて少し広くリサーチするだけでも容易に解決した問題だろうと思う。

この本では他にオカヨシガモ雄をアカハシハジロ幼鳥と誤認している し、その他カモの雌雄・年齢等に関する間違いが非常に多い。またこれまでネット上でもこの著者の方が初心者の質問に対し、ホオジロ幼鳥をカワラヒワ、ウズラシギ幼鳥をアメリカウズラシギなど、大きく誤った回答をしているのを度々見てきている。私のように長く鳥に関わっている人間ならいざ知らず、初心者や一般人は図鑑に間違いがあるとは夢にも思わない人が多いし、名の知れた図鑑の著者の一言を鵜呑みにしてしまう傾向も強い。この辺りはもちろん私自身も重々気をつけなければいけないところだが、いずれにしても現在国内で市販されている図鑑の内容が実際どの程度の精度のものなのかというのは、やはり時には気付いた誰かが一般に広く知らせる必要はあるように感じている。

  a0044783_06013571.jpg
ビロードキンクロ 
嘴基部側面の形状、および三列風切の下に僅かに覗いている白い次列風切に注意。


[PR]
by Ujimichi | 2014-03-30 18:37