2010年 12月 09日
実現性
昨冬の画像からカワアイサ。公園等で餌付いているような一部の特殊な状況を除いて、アイサ類というのは警戒心が強い上に行動範囲が広く、かなり撮影が難しい部類に入ることは確かだ。しかしそうはいっても人間側がよほど注意して上手く立ち回れば、全く餌付いていない河川でもこれくらい近くで鮮明に撮れることもある。この時は極力大きなアクションを避けてじっと座って観察していたら、あちらから勝手に近づいてきてついには岸辺に立ち上がってしばしのんびりと羽繕いをしてくれた。座れる時は極力座って観察する・明らかにこちらの様子を伺っている時には無理に接近しない・移動時などに三脚を振り回さず、短くするか体につけるようにして持つ・・・などをしっかり励行し、なおかつ幸運に恵まれればこうしたチャンスにめぐり合える可能性もあるが、当然ながら人数が増えれば増えるほどその実現性が限りなく低くなるのは避けられないところだろう。

a0044783_23571073.jpg
カワアイサ♀
[PR]
by ujimichi | 2010-12-09 00:03 | カモ


<< ホシハジロ 鳥見てますか? >>