2010年 12月 21日
ウミネコの嘴
ちょっとワケあって参考資料として嘴が短く(または細く)見えるウミネコの画像をHDDから少し拾ってみた。通常は画像に場所と日付を入れるようにしているが、ちょっと時間がないので今回は割愛。あくまでありあわせの画像を拾っただけなので、意識して撮ればもっと似た例を多く集めることはできると思う。色彩以外でのウミネコとカモメの違いで圧倒的にわかりやすいポイントが嘴のサイズであることは間違いないが、とはいえこれも個体や観察条件によってはかなり接近して見えることもある。それとよく感じるのは、年齢が若いために虹彩が暗色がかった個体や、光線状態により目の部分が陰になっている状態を遠くから見た場合、目瞼や目先の暗色部といった目の周辺部が全て目と同化してしまうために目が大きく感じ、それとの対比で余計に嘴が小さく見える―という現象もある。

a0044783_1451770.jpg
a0044783_141414.jpg
a0044783_1413792.jpg
a0044783_1413736.jpg
a0044783_1441681.jpg
a0044783_1414717.jpg

[PR]
by ujimichi | 2010-12-21 02:12 | カモメ


<< ショートビルドなロングビルド 習性 >>