2011年 02月 28日
セグロ×オオセグロ
皇居画像より、セグロカモメとオオセグロカモメの雑種と思われる個体。たぶんカモメに慣れていない一般バーダーには単なるセグロにしか見えず、逆にある程度カモメを見ている人はオオセグロが光の加減で薄く写っている可能性を考えるのではないか?と思うのだが、実際現場で見た印象は結局のところ両種の中間的だった。上面の色は実際に同条件で比べてもセグロと同等に見え、それでいて体型、顔つき、初列風切のパターンはかなりオオセグロ的。

a0044783_9222446.jpg
Presumed Vega Gull X Slaty-backed Gull.

a0044783_9223724.jpg
Presumed Vega Gull X Slaty-backed Gull.

セグロとオオセグロは元々セグロとシロカモメほどは外見がかけ離れていない上に、双方に個体差や観察条件による印象の変化もあるので雑種の識別もかなり難しい。一般的には光の加減で多少薄く写っている普通のオオセグロがセグロと誤認される例が多く、またあるいはその人が抱いていたオオセグロのイメージほど濃く見えないために雑種ではないかとされる場合もあるようだ。しかしその一方で中には、これはどう見ても本当に両種の中間的と思わざるを得ないこうした個体も確かに稀には見かけるので、やはり実際に少しは雑種も存在しているのだろうと思う。銚子ではもっと目立つ魅力的なカモメが多すぎて、こういう地味なものまでなかなか目が届かないが、この辺が皇居のような数百羽程度の中規模越冬地の良さではあるかもしれない。
[PR]
by ujimichi | 2011-02-28 09:34 | カモメ


<< セグロカモメ もう1羽 >>