2011年 03月 19日
2011.3.18 皇居日比谷濠の油曝カモメ類急増
a0044783_1291142.jpg
ユリカモメ Larus ridibundus

東日本大震災発生後初めて皇居の様子を見てきたが、油曝カモメが急増していることに驚いた。ここはほとんどの個体が水面上で水浴びをしていて腹部が見えないため、正確な油曝個体数の把握は困難だったが、セグロカモメとユリカモメ各10個体前後、カモメ2個体が油曝していた模様。油曝個体を撮影していると、その前を別の油曝個体が横切るといった状況が度々あった。皇居はあくまでカモメ類が水浴びに訪れる場所なので、東京湾にはこの何倍もの油曝個体がいる可能性も十分にあるように思う。

この日観察したカモメ類は大よそセグロカモメ(‘タイミルセグロカモメ’等を含む)200、オオセグロカモメ10、カナダカモメ1、シロカモメ1、カモメ4、ユリカモメ200。今期は2月21日、25日、3月4日に同所でカモメ類を観察したが、その間油曝個体は観察していないので、まさに急激な変化といえる。今回の震災では千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所の火災で海上に重油が流出したとの報道もあったので、油曝カモメの急増との関連が考えられる。ただし関東地方では2日前の16日には最大瞬間風速20メートル以上の強風が吹き荒れていた。一昨年も荒天の翌日に油曝個体が複数観察された例があるので、市原の火災とは流出源が別である可能性もあるかもしれない。この点に関しては11日~16日の間の観察情報がもしあればいくらか原因を切り分けられる可能性もある。

a0044783_1291740.jpg
ユリカモメ Larus ridibundus

a0044783_1291824.jpg
ユリカモメ Larus ridibundus

a0044783_129188.jpg
ユリカモメ Larus ridibundus

a0044783_1292265.jpg
ユリカモメ Larus ridibundus (1つ上と同一)

a0044783_1292825.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_1293129.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_1293277.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_1293427.jpg
セグロカモメ Larus vegae (1つ上と同一)

a0044783_1293514.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_129396.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_1294344.jpg
セグロカモメ Larus vegae

a0044783_1382728.jpg
カモメ Larus canus kamtschatchensis
[PR]
by ujimichi | 2011-03-19 01:53 |


<< Well-marked クロワカモメ >>