2011年 07月 26日
二兎
今年もそろそろシーズン開幕!というわけで田んぼへ行ってきた。昨年オオジシギがいたあたりの畦をつぶさに探しても見つからず、これはひょっとして外したか・・・と嫌な予感がし始めた矢先に少しズレたポイントでようやく見つけて一安心。

a0044783_14502766.jpg
オオジシギ

a0044783_14503354.jpg
オオジシギ

それにしても毎年のことながらチュウジに比べて警戒心が強く、チラチラこちらを伺いながら遠ざかっていったり、畦の角を曲がってふっと消えてしまったりするので難しい。それでも昨年よりは草の低い畦に出てくれたりで、大体の雰囲気は撮れたところで日が高くなってさすがに暑くなってきた。オオジも再び遠めの草陰に潜ってしまって埒が明かなそう。

そこで何気なく遠くを見ると陽炎の彼方に黒々とした丘が見える。今まであまり意識していなかったが、この環境ならひょっとしてカトリヤンマでもいるんじゃないの?と急に脳内のヤンマアンテナが反応し始めたので試しに行ってみることに。まず着いた場所は雰囲気はよさげだが空振り、そこで丘に沿って少し北にポイントをずらして探し始めたらいきなり耳元をヤンマの影がびゅんとかすめる。あっ!と思った次の瞬間、目の前の枝にほんとにカトリヤンマが静止した。というわけで行き当たりばったりの割には思いの他効率よく事が運んでちょっといい日だった。

a0044783_145131.jpg
カトリヤンマ
[PR]
by ujimichi | 2011-07-26 15:47 | ジシギ


<< 風物詩 くるくる >>