2012年 01月 31日
ややこしい
一昨日銚子へ行ってきたが、画像の編集・検証が追いつかないのでとりあえず2個体だけ掲載して速報。

近年のカナダカモメの増加傾向は今年も相変わらずのようで、一昨日もカナダカモメが面白いように出まくった。というか・・・実はこの辺はカモメ観察者の間では時々話題になっているところだが、近年銚子ではカナダカモメとアイスランドカモメ亜種kumlieniの境界線ギリギリに位置するような外観の個体が随分多い。一昨日はその傾向にますます拍車がかかっているような印象で、面白いのと同時に正直ちょっと閉口してもいるところ。(^^;

a0044783_2136152.jpg
Thayer's/Kumlien's Gull

上の個体は現場では前回17日夕方に観察したアイスランドカモメ亜種kumlieniと同一かと思ったが、それにしてはどうも全体に印象がカナダ的なので終始モヤモヤしっぱなし。ところが帰宅後画像を詳細に比較してみると、三列風切や大雨覆の模様に違いがあり別個体と判明。それならば印象がカナダ的なのも納得だが、ところでこれは何なのか?というと、日本での観察ということも考慮して、カナダとkumlieniの中間個体/雑種もしくは淡色カナダの可能性ありとしておいたほうが一応無難なのかなという印象。

また下の成鳥はこの冬すでにA家さんが撮影されていて、私は実物は今回初めて見たが、白色部と暗色部の面積比については極めてkumlieni的に見える。特に北米東部なら普通に暗色のkumlieniとして処理されそうに思うのだが、ただし暗色部自体は比較的黒味が強く、静止時はサイズも大きめで嘴もそこそこ長めなせいもあってか、初列風切を除いた全体の印象は結構カナダ的に見える。というわけでこの個体もなんともいえぬ微妙さを醸し出していた。

a0044783_21363624.jpg
Thayer's/Kumlien's Gull

a0044783_21362859.jpg
Thayer's/Kumlien's Gull

いずれにしても、kumlieni自体がカナダとアイスランド(基亜種glaucoides)の交雑個体群という見方もあるので、もしそうであるならば「純粋なkumlieniかどうか」というような悩み方自体がそもそもちょっと違うような気がしてくるが・・・。他にもこの周辺に位置する様々な個体を観察したので追々何らかの形で紹介したい。



[PR]
by Ujimichi | 2012-01-31 22:43 | カナダカモメ


<< 換羽不順 尾羽まで >>