2012年 05月 28日
清流へ
この数年色々あって春のトンボはほとんど見に行けていない。ムカシトンボも2009年に見に行ったのが最後で、今年も結局なんだかんだで行くタイミングを逃してしまった。そんなわけで2008年以来ご無沙汰になってしまったアオサナエはせめて今年は見ておこうと思い立ち、昨年夏に行った川へ。といってもここにアオサナエがいるのかどうか実はちゃんとリサーチはしていない。ただ同地域の別の数ヶ所では確認しているし、環境的にもまあ大丈夫だろうというところ。

a0044783_20534375.jpg
アオハダトンボ
現場に到着すると、これまた久しぶりに見るアオハダトンボがいる。何度か逃げられつつも、独特の青緑の光沢に改めて見惚れながらしばし撮影。

a0044783_20535854.jpg
アオハダトンボ

アオハダトンボをいくらか撮って、ふと気を抜いたところでいきなり足元を中型のトンボが目にもとまらぬ速さで駆け抜けた。あれ?もしや早速アオサナエじゃない?と若干ニヤつきながら飛んで行った先の川原を探すと、案の定石の上に降りているアオサナエをあっさり発見してしまった。

a0044783_20542311.jpg
アオサナエ
アオサナエは複数いるようで、時々石の上からいきなり急発進したかと思うと絡んできた他個体と川面の上で激しい空中戦を繰り返している。それにしてもこの時期の爽やかな気候の中、サンダル履きで清流と戯れながらアオサナエを眺める気持ちよさといったらない。

a0044783_20544214.jpg
アオサナエ

そうこうしているうちに、どう考えてもなんか様子のおかしいサナエが川原に降りた気がしたので、もしやと思ってよく見たらやっぱりこれがホンサナエ!これもちょっと期待はしていたが、アオサナエ以上にご無沙汰だったので嬉しかった。

a0044783_2055919.jpg
ホンサナエ

a0044783_2101273.jpg
ホンサナエ

a0044783_20553468.jpg
ミヤマサナエ

ミヤマサナエは羽化日和のようで、あちこちでピカピカの翅を震わせて飛び立っていく新成虫を目にした。しかしその後昼頃になると風が吹き始め、次第に怪しげな雲が・・・。短時間ながら意外と成果はあったし、「天気急変に注意」の予報も出ていたので、今日のところは早めに切り上げて帰途につくことに。ちょうど自宅にたどり着いて一息入れた頃、ついに轟音と共に大雨が降り出した。
[PR]
by Ujimichi | 2012-05-28 22:19 | トンボ


<< ヒメサナエ ブーム >>