2013年 05月 31日
シマヘビ
1. ある森の、人通りのある小道のすぐ脇に、ある小鳥が営巣。
2. それに気付いたカメラマンが集まり始める。
3. 繁殖への影響を考慮し、小道が通行止めに。
4. そのバリケードの前に連日数十人のカメラマンが放列を作る。
5. ある日その雛がヘビに襲われる。


さて、このうち3と5に因果関係があると考える人が果たしてどれくらいるものだろうか。ヘビに食われるというのは確かに我々鳥好きには残念な結果だが、自然界では太古から当たり前に繰り広げられてきた、食う食われるという関係がここでも再現された、それ以上でもそれ以下でもないように私の目には映る。

しかしこれも、通行止めが気に食わない一部のカメラマンに言わせると、「親鳥は人間を天敵除けに利用しようとしていたのに、通行止めになどするからヘビに襲われたのだ」となってしまうのはなかなか興味深い。人目を強く意識するカラスなどならまだしも、ヘビにこの論理を持ち込むのはさすがに無理があるというもの。仮にヘビも近寄れないほど近くで人間が監視したのでは、それ自体が繁殖妨害になりかねないのはちょっと考えればわかること。またいざという時に人間がヘビ退治に手を出すのは、心情的にはわからないではないが、果たしてそれが正しい選択なのかどうかは議論の分かれるところだろう。近年のカメラマンの人口爆発や、適切な距離の保ち方を知らない人の存在も考えれば、この場合通行止めはやむを得ない妥当な判断だったといえる。

画像はこの件とは直接関係はないが、先日撮影したシマヘビ。1m以内の至近距離で撮影してもすぐには逃げなかった。無論こんな距離で小鳥の巣を監視したら、それ自体が単なる繁殖妨害になってしまうことは火を見るより明らか。

a0044783_21323314.jpg

[PR]
by Ujimichi | 2013-05-31 21:47 | いろいろ


<< 潜航 営巣撮影 >>