2014年 01月 13日
川辺のビンズイとタヒバリ
今日は比較的近場の極めてマイナーな小河川を自転車で下りながらカモなどを見てみることに。結局カモは思いの外少なくてがっかりだったが、途中で思いがけず「ヅィー」という聞き覚えのある声が。え?これビンズイだよな?と空を見上げたり道沿いの木立を振り返ったりしたが姿がない。と思ったら目の前のフェンスのすぐ真下、川岸の護岸の斜面に生えた草むらを2羽が歩いていた。最近近所で見かけていないので久しぶりの対面だが、かなりの至近距離でもモソモソと歩きながら採餌していて逃げないことが多く、なかなか可愛い奴だなあといつも思う。ひとしきり撮影した後ふと下を見ると水際をタヒバリがトコトコ歩いていたが、そういえばこんなに短時間のうちに両種を続けて見たのって実は初めてかも。しかし同じ川辺に居合わせてもそれぞれやっぱりそれらしい位置にいるのは、当り前ではあるけど改めてちょっと面白かった。 

  a0044783_20431145.jpg
ビンズイ

a0044783_20434375.jpg
タヒバリ

[PR]
by Ujimichi | 2014-01-13 21:24


<< コガモの色彩異常  ヤマガラ >>