2017年 12月 06日
「フィールド図鑑日本の野鳥」のコスズガモについて
先頃出版された「フィールド図鑑日本の野鳥」は、国内では30年ぶりのイラストによる野鳥のフィールドガイドということで話題を集めているが、内容に関しては不正確な点や古い知見が更新されていない点などを指摘する声をかなり耳にした。私は少し遅れて手にしたが、やはりその辺りは事前に聞こえてきていた通りの印象。あれもこれもと言及するときりがないので、ひとまずここでは、個人的に出版前から気になっていたコスズガモに絞って感想を書いてみたい。

まずコスズガモについて真っ先に指摘しなければならないのは、「スズガモより頬部が膨らんで見える」というこの図鑑の説明は明らかに誤りであるということ。この“識別点”は、同解説者の方が1998年の写真図鑑から一貫して同様のことを書かれているもののようだが、実際にはスズガモ、コスズガモ共に状況により大きく変化する特徴であり、種の識別点には全くならない。下の写真のカモは全てスズガモだが、これを見ても、「頬が膨らんで見える」のがコスズガモに限った特徴でないことがたちどころにわかるだろう。※

a0044783_16551566.jpg
さらに下の写真は同一個体のコスズガモを同日内に撮影したもの。状況により頬の膨らみがいかに変化するかを見て頂きたい。
a0044783_16573294.jpg

今回この図鑑で、この“識別点”がイラスト入りで改めて強調して解説されてしまったことは残念でならない。コスズガモはまだしも、スズガモは東京湾で千~万単位の大群が越冬する普通種。少しその気で観察すれば、矛盾に気づくのはさほど難しいことではないと思うのだが。

もう一つわかりづらかったのが、解説本文の頭の形の記述。「後頭部が膨らんで見える」とあり、これが「前頭部より後頭部が高い」というコスズガモの特徴のことを指しているらしい(?)と気付くまでに、私はかなり時間がかかった。「後頭部が膨らんで見える」だと、カワアイサの雄のように後方に膨らむ形状を想像してしまったからだ。この点は読み手によっても個人差はあるかとは思うが、どのくらいの割合の読者がこの文からあのコスズガモの頭の形状をイメージできただろうかという気はする。そして後頭部が高いだけでなくごく小さな突出部があることや、後頸にかけての輪郭が直線的に見えることへの言及はない。

さらにこの図鑑では、コスズガモの重要な特徴である翼帯の色について触れられていない。イラストでは描き分けられているが、一言の説明も矢印もなく、これでは予めその特徴を知っているか、かなり観察力に長けた人でないと違いを読み取るのは難しそうだ。この図鑑について「ベテランから見れば間違いはあるが、初心者が持つにはいい」といった意見も聞くが、こうした重要な点に触れていないのは初心者にはむしろ不親切で使いづらいのではと感じてしまう。同様のことがサイズについても言え、「スズガモより小さい」ことが書かれていないので、和名と全長から小さいことを読み取らなければならない。

そして雌については「頭部は茶褐色で光沢はない」としか書かれておらず、種の識別に役立つ情報は一言も書かれていない。これも初心者はイラストから何とか読み取る以外に方法はなく、ここでもむしろ初心者に優しくない図鑑との印象を受けてしまった。しかも、このコスズガモの解説の下には、もう一種分解説が入りそうなほどの大きな余白が残されている。これだけの余裕があって、なぜ最小限の重要な特徴さえ解説されていないのだろうと思うと本当に残念でならないし、しかもその一方では最初に書いたように、「頬の膨らみ」という誤った識別点がイラスト入りで解説されているのは理解に苦しむ。

今回はあえてコスズガモに絞って書いたが、この図鑑に広く目を通すと、大なり小なりこのコスズガモと類似した問題点があちこちに散見される。私も識別に関心の強い絵描きの一人として、本来ならイラストによるこうした図鑑は応援したいところだが、残念ながら安心してお勧めできる内容とは言い難いのが正直なところだ。この図鑑についてはすでに多くの方がご意見を述べられているが、気付いた問題点はこうしてそれなりにきちんと一般に告知していく必要はあるように思う。

※興味深いことに、2015年にHELM社から出版されたReeber著“WILDFOWL”には「スズガモの方が頬が膨らむ」という、全く真逆の記述とイラストがあり、これも状況による変化を種の特徴と誤解した結果ではないかと考えている。

[PR]
by Ujimichi | 2017-12-06 20:00 | コスズガモ


<< 「フィールド図鑑日本の野鳥」の... 1988年5月1日 神奈川県三... >>