2014年 10月 19日
キョクアジサシ観察記
まだ台風の吹き返しの強風が吹き荒れる10月14日の三番瀬。私にとっては実に22年ぶりにキョクアジサシを自力発見する幸運に恵まれた。この後日には全く観察されていないようなので、台風の影響による1日限りの滞在だったようだ。

a0044783_16572368.jpg
キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽, 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan


a0044783_23591024.jpg
この日の朝の干潟はほぼ満潮状態。杭の上で休んでいるシギチを観察していると、徐々に強い西風が吹き始めた。午前10時を回り、時折横殴りに砂嵐が全身を襲い、一度は大きな発泡スチロールの箱が体当たりしてくる始末。これは参ったなあと思っていると、東の方からパラパラと7羽ほどのクロハラアジサシが飛来し頭上を通過。へぇなるほどこれも台風効果だなと、何枚かシャッターを切りながら見送る。

それからさらに10分ほどすると、また何やらアジサシ類が1羽高く飛んできた。あれ?クロハラにしては随分翼が尖ってるけど何だ?と反射的に500㎜を向けて連写。モニターで画像を確認すると、明らかに見覚えのある丸い頭とパンダのような顔が映し出された。風切の透け方からしてもこれは…キョクアジサシ!!しかしそう思った時には既に西の方へ飛び去った後だった。残念ながらこれは上空通過で終わりかなあと、とりあえず諦めてシギチ観察に戻る。

ところが10分もすると、またクロハラアジサシが何羽も飛んでいる。しかも今度は東側の突堤付近の海面で採餌しているようだ。もしかしたらその中に先ほどのキョクアジサシが混じる可能性もあるかもしれない。そこでそそくさと荷物をまとめて突堤に移動し、しばしクロハラアジサシを撮影することに。よく見るとアジサシも何羽か混じっているが、いずれも風が強くてレンズを振られてしまうのでなかなか撮影は難しい。

a0044783_00000597.jpgその場で30分ほど経過したがあまり変わり映えがしないので、ふと振り返って干潟を双眼鏡で眺めると、ハマシギの群れに紛れて何やらアジサシ類が1羽背を向けて立っているのに気付く。しかも遠目にもなんとなく地面にへばりついているような立ち方(=つまり足が極端に短い!)に何かゾクッとするものを感じてスコープで確認すると、案の定これが先ほど通過したキョクアジサシだった。初列風切の換羽・摩耗状態からも同じ個体で間違いないだろう。久々に大いに取り乱しながら、あたふたとデジスコをセットするが、何しろ風が強いので風上ばかり向いていて、なかなか横を向いてくれない。しかしモニターの中で時折振り向きざまに見せる例のパンダ顔に、おおこれこそ昔多摩川で見つけたあの顔だ!キョクだキョクだ!!と改めてじわじわと胸の高鳴りが押し寄せる。

ある程度撮影したところで、今度は少しづつ様子を見ながら身を屈めて慎重に横へ回り込んでみることに。地形的に距離が保ちにくい位置で、飛ばしたら元も子もないのでヒヤヒヤものだが、なんとか飛ばずにいてくれたので撮影を再開。逆光だが真横だし距離はかなり近い。しかしそこであろうことか、右手からビーチサンダルを履いた貝堀のおじさんが歩いてくる。これは万事休すか―と思ったが、キョクアジサシはおじさんの足元から数メートル飛んだだけですぐ降りてしまった。何だ逃げないのか・・・とズッコケたが、ということは順光側から撮れるかもしれない!と500m片手に順光側に回ってみることに。それから約20分、数回の伸びも含めて至近距離で心ゆくまで眺めることができた。

初めて私がキョクアジサシを見つけたのは、写真のあるものとしては日本初となる1988年8月の多摩川河口。2度目は1992年8月の三番瀬。写真図鑑にもよく載っている個体だ。今回はそれから実に22年ぶりの自力発見となった。この間アジサシ類の見やすい時期と場所にさほど多く出かけていなかったので随分間が空いてしまったが、それにしても10月半ばという遅い時期に再びこの幸運が訪れるとはちょっと予想外。また、アジサシが千羽いてもいない時はいないのに、今回はクロハラアジサシ7羽と、アジサシわずか4羽とともに現れた。このいつ何が起こるかわからない鳥見の奥深さの一端に久しぶりに触れることができ、ここ最近としてはいつになく軽い足取りで帰路についた。

a0044783_00093638.jpg

キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽, 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan
丸い頭と目の下まで回り込んだ黒色部、極端に短い足がトレードマーク。可愛らしさと格好よさを絶妙に兼ね備えた、とても魅力的な鳥だと改めて感じた。

a0044783_22173667.jpg
キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽, 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan
初列風切はP1-5が新羽、P6-10が旧羽。ヨーロッパの図鑑を見ると、キョクアジサシの第1回夏羽の初列風切は春までに既に全て幼羽から換羽済みで、このような新旧の混在がなく一様に見えるとされている。過去の国内での観察例でいうと、父が1989年7月に波崎で撮影したものでは確かにその状態が保持されていたが、1988年8月多摩川と1992年8月三番瀬の2例では共に内側初列風切P1付近から再び次の換羽が始まっていた。今回はそれからさらに2か月後の10月中旬の観察(時期的には第2回冬羽への移行期)ということを考えると、ちょうど辻褄が合う換羽状態ではないかと思う。日本国内のキョクアジサシの観察例は主に7-9月頃に集中しているので、この時期の換羽状態を捉えた画像は貴重と思う。 参考文献:Harris, A., Tucker, L. & Vinicombe, K. 1989. The Macmillan Field Guide to Bird Identification. Macmillan, London.

a0044783_20243150.jpg
キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽, 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan
飛翔時に下から見ると風切が白っぽく透けて見え、アジサシのような次列風切の暗灰色の帯が見られない。

a0044783_20432903.jpg
キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽 (右端), 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea, with two Common Terns Sterna hirundo, Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan
左2羽のアジサシとの足の長さの差に注意。

a0044783_05165179.jpg
キョクアジサシ 第1回夏羽→第2回冬羽, 1st summer-2nd winter Arctic Tern Sterna paradisaea Oct. 14th 2014 Chiba pref. Japan

[PR]
# by Ujimichi | 2014-10-19 17:33

2014年 10月 07日
キビタキ
広場のミズキに不意に飛び込んできたキビタキ♂。何十年鳥を見ていようと、葉陰にこの黄色を見つける時のささやかなワクワク感はいまだ健在。

a0044783_16231864.jpg
キビタキ

a0044783_16233848.jpg
キビタキ

[PR]
# by Ujimichi | 2014-10-07 16:47 | ヒタキ

2014年 10月 06日
台風一過
台風が思ったより早く抜けて青空が広がったので、近所のヒタキチェックに。とりあえずエゾビタキは3羽ほど確認できた。他にカッカッと鳴きながら4羽ほどのイカルが通過したり、アカゲラが1羽飛んだり。ムギマキを連年確認していた90年代のような賑わいは近年とんとないが、あまりに酷かった昨年に比べて今年は少しは鳥影が濃いようでひとまずほっとしている。

a0044783_21450269.jpg
エゾビタキ

a0044783_21445317.jpg
エゾビタキ

[PR]
# by Ujimichi | 2014-10-06 22:00 | ヒタキ

2014年 09月 06日
ついに沖縄のオオジシギ?
「沖縄で撮影されたもので、確実にオオジシギと判断できる画像を見たことがない」という疑問にこのブログで初めて触れたのが2010年9月12日。それから早4年が経つが、ここに来てようやく、沖縄で撮影された有力なオオジシギ候補と思える画像が出てきた。といっても私はこの半年ほど他のことで忙しく、このテーマに関わりだすと大きく時間をとられかねないため、あえてそうしたサイトを一切見ないことにしていたので、実際には4か月ほど前から画像が公開されていたようだ。というわけで、色々思うところあってこれまで散々書いてきたこのテーマを、ここにきて放ったらかしではさすがに無責任と思うので、以下に私なりの感想を書いておきたい。対象にしたのはこちらのページ最下部の6枚の画像。

a0044783_16383979.jpg今回の個体がこれまで沖縄でしばしばオオジシギとされてきた例と大きく異なるのは、頭の割に胴(胸~尾端)が長大で、また顔の面積/長さの割には目が小さい、というオオジシギらしいプロポーションがよく現れていること。これはつまり目のサイズを基準に嘴から尾端までの全体像を見た時に、全てが長く間延びしたような印象を受けるということ。これと顔の暗色模様が細く弱いことと重なって、目の周辺スペースが広く空いているような印象を強く受けるのもオオジ的なところ。翼端からの尾羽の突出はオオジシギとしては短めに感じるが、本州や北海道のオオジシギでも個体や姿勢により同程度に見えるケースはあるので、その範囲内のように思う。
<<参考: 2006年4月6日に神奈川県で撮影のオオジシギ
顔つきやプロポーションなど、全体的なjizzが今回の沖縄の個体とよく似ている。

開いた尾羽の印象は、確かにオオジシギ成鳥のものに最も近く見え、枚数もチュウジシギにしては少ないように見える。ただし、撮影角度が前からでそれなりに距離もあり、条件はそれほど良好ではない。このため、例えば最外側で数枚が重なっているとか、T5周辺に脱落があるといった場合に、チュウジシギの尾羽がこのように写る可能性が全くないか?については、私は画像から100%の確信を持つことはできなかった。

次に、今回のような沖縄における春季のオオジシギvsチュウジシギの識別で特に注意が必要と思う点をいくつか挙げてみる。

  1. チュウジシギの大きな個体はプロポーションや顔つきがオオジシギに近似もしくは重複する傾向がある。
  2. 沖縄や大陸を通過するチュウジシギには、本州のものと比べて顕著な淡色傾向が見られ、雨覆・三列風切の横斑もオオジシギに似て細い個体がよく見られる。
  3. 春季のジシギ類の羽衣は全体に幅広いバフ色の羽縁が目立ち、淡色に見える傾向がある。
  4. 尾羽枚数は、近年本州で18枚のチュウジシギと考えられる個体が従来思われていたより高い割合で見つかっている。(Birder 2014年9月号 p.49参照)
  5. 沖縄のオオジシギの渡来状況がまだ十分把握されておらず、少なくとも主要な渡りのコースからは外れている可能性が高い。私の把握している範囲では、これまでネット上でオオジシギとされたもののほとんどはチュウジシギかハリオシギの誤認、もしくは撮影条件が悪い、画像が少なすぎるなどの理由で客観的な判断が困難なものである。

以上の点を踏まえると、やはり元々オオジシギが普通に渡来していることがはっきりしている本州や北海道での識別に比べ、今のところかなり慎重な判断が必要といえるし、今回についても欲を言えばもう少し良好な条件で尾羽の特徴を確認できれば―という印象は受ける。しかし一方で、私のこれまでの経験の範囲では、チュウジシギのプロポーションがオオジシギに近似する傾向は本州で顕著であり、色彩が近似する傾向は逆に沖縄で顕著であるといったことも考えると、一羽のチュウジシギにこれほどオオジシギ的な特徴が偶然揃う可能性よりも、単純に沖縄にオオジシギが渡来する可能性を考える方が無理がないようにも思える。

こうした野外での観察・撮影については、必ずしも常に全ての特徴が100%理想的な条件で捉えられるわけではないため、それがどこまで達成された時点でいわゆる“断定”してよいか?という点は、なかなか一概には言えない難しいテーマだが、しかし現時点では私は今回の沖縄個体をオオジシギと考えることに少なくとも十分な妥当性はあるように感じている。またもちろん、今後同様の個体のより良好な条件の画像が撮影される可能性もあるので、そうした観察例のさらなる蓄積にも期待したいと思う。

a0044783_16425654.jpg
<<参考: 2008. 9. 15 神奈川県 顔つきがオオジシギに似る大柄なチュウジシギの例。しかし三列風切や雨覆の横斑は非常に太く、尾羽のパターン・形状・枚数(20枚)はチュウジシギの特徴が表れていた。

[PR]
# by Ujimichi | 2014-09-06 17:46 | 沖縄のオオジシギ?

2014年 07月 31日
自然光でヤブヤンマ
2010年の今頃の時期の画像から、自然光で撮影したヤブヤンマ。何しろ明るいところにはまず止まらないトンボなので、1/3秒というなかなかのスローシャッター。通常はストロボを使用する機会が多いが、あえてこうして三脚使用で自然光で撮ってみると、地味ながら現場で見た目に近い自然な色合いになるのでこれはこれでお気に入り。

a0044783_18324860.jpg
ヤブヤンマ♂

a0044783_18331133.jpg
ヤブヤンマ♂

[PR]
# by Ujimichi | 2014-07-31 18:54 | トンボ

2014年 07月 29日
尾長と鬼
午後の散歩画像からトンボ2点。このオナガサナエはたまたまなのだろうが、自身と同じような配色のロープに止まっていてちょっと面白かった。その辺を一回りしてヒグラシの合唱を背に帰宅。

a0044783_17204992.jpg
オナガサナエ♂

a0044783_17205690.jpg
オニヤンマ♂

[PR]
# by Ujimichi | 2014-07-29 17:28

2014年 07月 18日
笑いながら餌付け規制問題を考える
このブログでは、近年の餌付け規制の風潮についてこれまで度々疑問を投げかけてきた。もちろん餌付けについては、対象種・規模・方法・現場の状況などの条件によっては、様々なデメリットが生じうること自体は私も否定していない。また公園など公共性の高い場所を我が物顔で占拠・改変するような餌付けカメラマンも個人的には嫌いである。しかしながら他方では、とかく近年餌付けの悪い点ばかりが並べ立てられ、とてもその功と罪が公平な視点から語られているとは言い難いと感じる機会も未だに多い。そんな折に偶然とても面白い動画を見つけたのでぜひ紹介したい。以前の「カモが太って飛べなくなる」などという馬鹿げた報道に至ってはこれ以上に酷かったように思うが、それ以後についても近年の餌付け規制の風潮がこういったところに本当に陥っていないのかどうか、少し立ち止まって考えてみるきっかけにでもなればと思う。とはいえむしろ餌付け云々とは無関係に見てもかなり笑えるので、是非気軽にご覧いただきたい。


[PR]
# by Ujimichi | 2014-07-18 18:59

2014年 06月 09日
カワセミ
本日近所で今季初認のカワセミ幼鳥。

a0044783_15451611.jpg
カワセミ

[PR]
# by Ujimichi | 2014-06-09 15:48

2014年 05月 19日
オオミズアオ
今日の散歩画像からオオミズアオ。これを見る度になんかキャベツそっくりだなと思ったりするのだけど、とはいえキャベツをここまで美しいと思ったことはない。 

a0044783_17415201.jpg
オオミズアオ

a0044783_17404772.jpg
オオミズアオ

[PR]
# by Ujimichi | 2014-05-19 18:09

2014年 05月 15日
アオサギ
近所の川で水浴び中のアオサギ。婚姻色は既に色あせてきていたが、すぐ足元にいたのでしばし観察・撮影。水浴び中に静止しているサギ類は、人間が風呂に浸かっているみたいで見る度にちょっと笑ってしまう。粉綿羽から流れ出た粉が水面を漂っている。 

a0044783_20040312.jpg
アオサギ

a0044783_20041465.jpg
アオサギ

[PR]
# by Ujimichi | 2014-05-15 20:12 | 近所