タグ:カスピセグロカモメ ( 3 ) タグの人気記事

2017年 12月 09日
「フィールド図鑑日本の野鳥」の“キアシセグロカモメ”について
「フィールド図鑑日本の野鳥」の話題の続き。この図鑑のカモメ類に関しては予想通り気になる点が多々あるが、中でも特に気になったキアシセグロカモメについて書いてみたい。なお準拠したリストや文献によって和名が違うので整理すると、亜種キアシセグロカモメ=mongolicus=モンゴルセグロカモメ 亜種カスピキアシセグロカモメ=cachinnans=カスピセグロカモメとなる。少々ややこしいのでこれ以下それぞれモンゴル・カスピで話を進める。

まずモンゴルの識別についてこの図鑑では、「足にピンクみのある個体が多く、わずかに黄色みがある程度」「成鳥冬羽の頭部は褐色斑があまりない」のほぼ2点しか書かれていない。嘴の黒斑、換羽時期、初列風切のパターンへの言及がないので、頭の斑の少ないタイミルセグロカモメなどをモンゴルと誤認する例が増える恐れがある。紙面が限られるのは解るが、もう少し良い方法はあったように思う。

そしてカスピについては一つ決定的な誤記があり、「外側初列風切裏側の白斑が大きい」と書きたかったと思われる箇所が、「外側尾羽の裏側の白斑が大きい」になっている。さらに問題なのはその前に「亜種キアシセグロカモメ(=モンゴル)とほぼ同じだが」と書かれていること。つまりこの図鑑に従うと、「モンゴルとほぼ同じで初列風切裏側の白斑が大きい」のがカスピということになってしまうが、実際は全く違う。

カスピの特徴として重要なのは、直線的で長い嘴、細長い足、長い首などが醸し出す、ハシボソカモメを連想させるようなかなり独特のjizzで、それと翼のパターン等を併せて総合的に判断して識別する必要がある。下の画像は上がカスピ、下がモンゴル。ストレートで長い嘴が醸し出すカスピの独特な印象に注意して頂きたい。

a0044783_18054602.jpg

しかしながら今回の図鑑では、こうしたjizzが解説文でもイラストでも表現されていない。海外に目を向ければ、当然ながらCollins Bird Guideなどではイラスト・解説共にこの特徴がしっかり表現されているので、ここにはやはり大きな隔たりを感じる。しかも、モンゴルの中には初列風切の白色部が多く、カスピに似たパターンの個体もいることが繁殖地の調査からも知られているので、今回の図鑑に従うと、そうしたモンゴルがカスピと安易に誤認されかねない。

カスピは繁殖地が日本から遠く、渡来はかなり稀なため慎重な判断が必要なだけに、この図鑑の不正確な記述が与える影響は気になるところだ。そしてこの件は決して「情報不足による間違いが十年後にわかる」といったケースではなく、むしろ十年前から広く知られている基本的な特徴すら正しく反映されなかったために、識別を後退させてしまう格好になっていることが、長年カモメの野外識別に取り組んできた一人としては大変残念である。

a0044783_17445334.jpg

初列風切の白色部の多いモンゴルセグロカモメと思われる個体 2006年12月9日 中国・上海
「フィールド図鑑日本の野鳥」に従うとこのような個体は全てカスピと判断されてしまう可能性が高いが、嘴の長さや形状等のjizzからはカスピの可能性は低いと思われる。一方でモンゴルとしても翼のパターンは典型的ではないため、日本での観察であればセグロやタイミルの可能性も含めて慎重な検討が必要と思う。

[PR]
by Ujimichi | 2017-12-09 18:11 | モンゴルセグロカモメ

2009年 01月 26日
念のため
聞くところによると土日は結構人が出ていたそうなので、一応念のため注意書き。

カモメ類の観察は、魚の水揚げ作業、運搬トラックの往来等漁業活動の邪魔をしないこと(また自分が轢かれないこと^^;)、駐車マナー、ゴミは持ち帰る(―当たり前ですが)、などに注意して行いましょう。

それと特にカモメの場合、普通種を普段からよく観察したり、自分なりに調べたりしてある程度基礎を固めてないと、珍しい種だけいきなり見に行ってもなかなかその違いや価値を理解できません。中身をわからないまま他人を当てにして見せてもらってライフリストが一種増えればいいや・・・といった楽しみ方も自由かもしれませんが、それがあまりにあからさまだったり、特に親しいわけでもない人に一々教えを請うたりスコープに入れてもらったりとすると、日頃から自力で観察している人にとっては結構迷惑になってしまうことがありますのでその辺も少し注意してください。

またあえて言うならば、カモメ類の分類には諸説あり、あるカモメを見たとしてもそれが「1種」なのかどうかはどのような分類に拠るかで違ってくる可能性があることも一応理解しておいていただきたいと思います。例えばカスピセグロカモメ(cachinnans)とモンゴルカモメ(mongolicus)は、Olsen"Gulls of Europe, Asia and North America"では同種扱い(Larus cachinnans)になっています。またモンゴルカモメはセグロカモメ(vegae)の1亜種とされる場合もあります。カナダカモメとアイスランドカモメも同種とされる場合があります。

なお今回のカスピセグロカモメが観察されたのは把握している限り1月18日と19日の2日間のみです。
[PR]
by ujimichi | 2009-01-26 23:28 | カモメ

2009年 01月 25日
Caspian Gull
今年は例年より駐車スペースも狭くなっていたりするし、あまり宣伝してしまうのもさすがにまずいかな、というわけで今日までUPは控えていたが、一週間前(18日)に発見されたカスピセグロカモメは翌19日になんとか見ることができた。当日は朝現地に着くや否や一発で見つけられたし、飛んでもまた戻ったりと随分落ち着いた様子に見えたのだが、昼前に海の方へ飛んでいったのを最後に日没まで粘ったが結局戻ってこなかった。この土日も熱心な観察者が何人も朝から日暮れまでずっと張り付いて探していたものの残念ながら結局出なかったそうだ。あそこのカモメは居つくものもいるが1回出てそれっきりという個体も結構多いので、翌日行って見れたのはかなり幸運だったのかもしれない。

a0044783_21503088.jpg
カスピセグロカモメ Larus cachinnans cachinnans  2009.1.19
2005年に中東・オマーンで観察して以来久々の出会い。繁殖分布は黒海・カスピ海~カザフスタンあたりだが、ヨーロッパ各地でも繁殖期後に拡散した個体が観察される。特徴的な姿も手伝ってあちらのカモメ屋さんにも人気が高いようで、おかげで少し検索すれば参考画像には事欠かない。この個体のその他の画像はこちらから。
[PR]
by ujimichi | 2009-01-25 22:24 | カモメ